2006年02月28日

ホーヒー2

前回のエントリーで、ヒト前でのオナラをしないと宣言した。

だが、そんな大事なことを軽率に結論付けしてしまっていいのか。
いささか早計過ぎたのではないのか。
ここはやはり、どこまでならできるのか、そして今何をすべきなのかを段階別に考慮したうえで
慎重に事を運ぶべきではないのか。

まずはシチュエーション別にできるのか、できないのかを検証していきたい。

部屋のなかでヒトといるとき。

これができない。その部屋に2人しかいなかった場合、
間違いなく筆者がしたとバレてしまうだろう。たとえそこに犬が居合わせたとしても
事態を収束させる材料としては若干弱いと言わざるをえない。
立証できなければ無罪、と民事裁判的に開き直る方法もあるかもしれないが、
かえって状況は悪化するような気がしてならない。

人通りの激しい往来。

これはできる。ましてや歩いている状態ならその成分をはるか後方に置き去りにできる。
まず筆者がしたとバレることはないだろう。罪を他人に着せることもおそらく容易。

車の中。

これはできるできない以前にヒトとしてダメだろう。
ましてや雨とか降ってて窓が開けられい状況だったらそれの殺傷能力は計り知れないものがある。

こう考えると、ヒトにばれるかばれないかで筆者の中に基準ができているように思える。
小さい。あまりにも人間が小さい。自分さえ良ければそれでいいのか。

筆者に足りないのは、やはり魂を開放することなのか。

魂の開放といえばアレしかない。シチュエーションを変えよう。
ここは母なる海。ちょっとビールを飲みすぎてしまったようだ。予備タンクまで満タン。
さあ、開放だ。海に飛び込み十分に沖に出たら開放しようじゃないか。

むう、まだ開放が足りない。もう一段階上に行きたい。

どうやらさっき浜辺で食べた焼肉が若干痛んでいたようだ。下腹部が胎動を始める。
大丈夫!母なる海はすべてを受け入れてくれる。念のためさっきよりもっと遠くまで沖に行こう。
オーマーベラス!コイツとは絶対一緒に海行かねえ!!

さて、今回の検証だが、筆者も想像だにしなかった地点に到達してしまった感がある。
さすがに戸惑いを隠せない。ビール飲みながらだとろくなブログが書けない。

ただこれだけは言える。

プールではダメだぞプールでは。似てるけど。
posted by ヌルカン at 22:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月27日

ホーヒー

世の中は2種類の人間に分けることができる。

ヒト前でオナラができる奴とできない奴だ。

筆者は間違いなく後者。ヘタレなのに屁ができない。
そして前者をかなり羨ましく思っている。

恋人といるときオナラができれば、
その2人のあいだには変な遠慮や気兼ねがないレベルまで到達している、
つまりいいカップルだ、という話をよく聞く。

だが筆者には絶対ムリ。そのレベルまではおそらく一生到達できそうもない。
加齢によって体が弱り、自分で放屁を制御できなくなるのはまた別の話だ。
その可能性なら残念ながら大アリだ。

要はすごく恥ずかしいのだ。

ヒト前でオナラができないカップルは、
二人で一緒の布団で寝るときはいったいどうしてるんだろうと考えると夜も眠れなくなる。
まったくもって余計なお世話だが。
ちなみに筆者はガマンしてたような気がする。昔すぎて覚えてないが。

もし努力の甲斐があってヒト前でオナラができるようになったとしても、
風邪気味のときなどうっかりミが出やしないかとマイナスイメージが拭えない。
ヒト前でそれはあまりにもリスクがでかすぎやしないか。

やはりこれからもヒト前ではしない方向でいきたい。
posted by ヌルカン at 21:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月25日

視力

目がいい。

といっても別にキレイな目をしているわけではない。自他ともに認める死んだ魚の目だ。
マチルダさんにそんなことを言われる機会はないと言い切れる。
ここで言う目がいいのは視力をさす。

この前33歳になったばかりだが、いまだに視力が1.5ぐらいある。
年齢のわりにちょっと良すぎのような気がする。

確かに今まで勉強らしい勉強をしたことはない。
だが小学生から今日までTVゲームが大好きだし、インモラルな動画を見るときは瞳孔が開きっぱなしだ。
決して目に優しい生活ばかりをしてきたわけではない。

というのも職場で、いい眼科の医者がいないか、という話題になったのだ。
視力のいい筆者には眼科は縁のないところなので、正直に分からないと答えたのだが、
いつのまにか話題は、筆者の視力がオカシイという方向に。

確かに職場で筆者と同じぐらい年齢のヒト達は、みんなメガネかコンタクトをしている。

体温が上昇し、顔面が紅潮するのを感じる。
目がいいのは間違いなくアドバンテージのはずなのに、この恥ずかしい気持ちはなんなんだ。

30を超えて目がいいのは、逆に恥ずかしいことなのか。

欧米の企業のなかには、評価の項目に肥満度を取り入れているところも多いと聞く。
だとしたら視力が良すぎてダメ、という評価がこれから普通に出てくるかもしれない。

このままじゃマズい。
30超えてDTだったら誇っていいことだと思うが、視力が1.5なのは素直に自慢できない。

これからはたとえよく見えてても、目を細める仕草をしたり、
なんならメガネをかけて場当たり的に勝負をしていきたいと思う。
posted by ヌルカン at 00:23 | Comment(5) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月23日

monkey on the moon

沖縄に出張の最終日、飛行機の時間まで間があったので、
デイリーポータルZ(DPZ)でライターをしている安藤昌教さんのお店であるカメラ屋兼カフェ、
monkey on the moonに行ってきた。

正直最初は行くかどうか迷った。
安藤さんは面白い文章を書くヒトで、筆者もかなり好きなのだが、
お店に行っても、緊張のあまりコーヒー注文できないんじゃないか?的マイナス思考が頭をよぎる。

例えるなら、梅宮辰夫の漬物屋に行ったら、そこに辰夫サンいる、みたいな感じ。

でも実際は普通に入ることができたし、アイスコーヒーも普通に注文できた。
人間30歳を超えると、わりと社交的になれるようだ。
前日2時まで酒を飲んで、店に入る時点でも若干酒気帯び気味だったのも、今回はプラスに作用したのかもしれない。

安藤さんはそんな挙動不審な筆者にも普通に接してくれた。
まだ開店直後だったらしく客は筆者だけだったので、いろいろ話をした。
そしたら安藤さんの奥さんもお子さんを連れてお店に入ってきた。アイサツをしつつも興奮を隠せない筆者。

安藤さん夫妻が沖縄に移住する前に、筆者と同じ県に住んでいたことを知りビックリする。
危なく「シンパシーですね!」とか喋りそうになる。

初対面のヒトにシンパシーなんて単語を使ったらコイツ変なヒトだな、と思われかねない。
しかも使い方も間違っている気がしてならない。

飛行機の時間もあって、実質15分くらいしか店にいられなかったのが残念だ。
もうちょっとノンビリしていたかった。
居心地がよく、月並みな表現だが、とてもイイ感じだった。

帰り際に安藤さんと固い握手などしちゃう。いやマジですよコレ。
いい思い出になりました。

記念写真でも撮っておけばよかったと今更ながらに後悔だ。

■monkey on the moon

■デイリーポータルZ

○那覇バスターミナルからバスで約50分
 車なら多分30分くらい
posted by ヌルカン at 11:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月22日

出張

ちょっと出張で沖縄に行ってきた。
初めての沖縄だ。

スーツにコートのフル装備で那覇空港に降り立つ。
すごい湿気で全身から汗が吹き出る。
後で気温を聞いたら普通に24℃とかあったらしい。

那覇市街へのバスが来るのを待つ。
定刻から10分遅れでやっと来る。
そのくせ運転手は乗客に早く乗れと急かす。スイマセンとか謝っちゃう筆者。
不思議と怒りの気持ちは沸かない。むしろ楽しくなる。

例えるなら、いわゆる内地の1時間は60個で割られているだろうが、
沖縄はせいぜい12個でしか割られていない感じだろうか。

そして事務所のヒト達は普通に半袖だった。そりゃ24℃なら半袖でいいだろう。
しかし筆者の凝り固まったアタマは、2月なのに気温が24℃あってみんな半袖の現状を
自分の中で消化できない。おかしくなりそうだ。沖縄マジヤバい。

このスローライフ感、かなりイイ。
内地から移住してくるヒトが多いのも頷ける。

筆者も、沖縄勤務に希望出せばよかったと、ちょっと本気で考えてしまった。
posted by ヌルカン at 23:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月20日

カーリング漫画

オリンピックのカーリングが熱い。
日本代表の3人の女の子がかわいい。
安藤さんとか上村さんとかオーラ出まくりで現実感が無いが、
あの3人は会社で普通にお茶とか飲んでそうで親近感がわく。
同じく血のにじむような練習を積んだのだろうが、そんなオーラを感じさせない。

そしてカーリングと言えば、
昔サンデーで連載してた吉田聡の「ちょっとヨロシク!」である。
少年マンガでカーリングを題材にしたのは後にも先にもこれだけではないだろうか。
カーリングの他にも水球だったりウエイトリフティングだったり
主人公達がメジャーではないスポーツに取り組んでいくマンガ。途中で演劇部にもなった。

吉田聡のマンガは「湘南爆走族」より、「ちょっとヨロシク!」と「スローニン」。
この2つがいい。マジで泣ける。

なぜこれだけ熱く語るのかというと、筆者がジャンプよりサンデー派だったから。


■ちょっとヨロシク!
posted by ヌルカン at 00:45 | Comment(9) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月19日

転勤

知り合いに報告をするために、ブログを活用させてもらおう。
つくづく便利なツールである。

問題は、みんながこのブログをちゃんと読んでいるかということだ。
実はすごい不安である。

というわけで、けっこう大事な近況を報告します。

4月に、広島に転勤することになりそうだ。
まだ正式な内示は出てないけど、高い確率で行くことになると思う。

それにしても、なかなか楽しみである。
広島には、高校のときの修学旅行と、3度ほど出張で訪れたことがある。
なかなか大きい街だった記憶がある。ハンズに行ったのは多分広島店が初めてだ。

このブログを読んでいて、広島在住の方がいましたら、
知り合いになってくれませんか?多分2〜3年は広島にいます。
このお願い、割りと本気(マジ)です。

とりあえず友人の結婚式と、ROCK IN JAPANのときには茨城に帰る方向で。

posted by ヌルカン at 00:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月18日

肩書き

クリエイティビティーな職業に憧れる。
何かを創造する仕事のことである。

画家や陶芸家、形あるものではないが作曲家もそうだろう。
身近な所では料理人や大工さんとか。

筆者の職業は、職種で言ったら事務職。モノを創造する職業からは
かなり遠いところに位置している職種だと思う。

電卓を打つスピードだけが年々早くなっていく。
このままでいいのか。

そろそろ憧れだけで何もしようとしない日常にドロップキックをかます
ときじゃないのか。オレも何かを造るんだ。紡ぎ出すんだ。

そうだ、オレはこうやってブログを書いているじゃないか。これを利用しない手はない。

準備は整った。後は筆者の踏ん切り次第だ。だがこれが難しい。
いいのか。口に出してしまっていいのか。言っちゃうのか?そんなこと。


今日からボクはWEBコラムニスト! やったー!!
posted by ヌルカン at 22:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月15日

1周年

昨日でヌルカンのブログ(仮)が1年を迎えた。
おめでとうオレ。はい、ご褒美のプレミアムモルツ。

見返してみると、去年のバレンタインデーにブログを始めている。
1件目のエントリーを見直してみる。
痛々しいほどのカラ元気。ハイテンションなのに目は死んでいる感じ。

よほど辛いことがあったのだろう。
ブログを始めることによって心のブレイクスルーをはかっていたのかもしれない。

次にエントリー数はどうだろうか。
エキサイトブログ時代 198件
シーサーブログ時代 37件

合計で235件だ。自分としてはけっこうな数を書いたなと思う。

最初のうちはキツかった。
貯めておいたネタを小出しにしていくも、すぐに枯渇。
日常起こったことを面白く書こうとするが、
平凡なサラリーマンにそんな都合よく事件が起こるはずもなく。

途中から、日頃思い浮かべている妄想をネタにすることによって
なんとか安定してエントリーをすることが出来てきたと思う。
事実は小説よりも奇なりと言うが、
筆者には日頃の生活よりも頭の中のほうが、余程いろいろなことが渦巻いているようだ。

アクセス数は公開しないでおこう。
以前はアクセス数を伸ばしたい欲求に駆られていたが、今はそこまで気にしなくなった。
少なくてもこのブログを面白いと思ってくれるヒトがいてくれればそれでもう満足だ。

今のところ創作意欲は枯れていないので、
もうしばらくは続けていきたい所存である。

だから今後ともヨロシクですよ。

■私信
posted by ヌルカン at 23:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月14日

愛情の濃度

バレンタインデーって知ってますか?
女性が意中の男性にチョコレートを送ったり、
別に意中じゃなくても円滑な人間関係のためにチョコレートを送ったりする
行事のことですね。

今回ちょっと長いですよ。
posted by ヌルカン at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月13日

変な主観

相手の趣味や嗜好を聞いて、構えてしまうことがある。

浜崎あゆみさんや大塚愛さんを好きなヒトには普通に話せるが、
大貫妙子や矢野顕子が好きと聞くとこいつできるな、と身構えてしまう。

そして自分のレベルを1段階上げて会話をしようとするがしょせん付け焼き刃。
返ってそれで失敗したりする。

別に何が好きでもいいというのは解っている。
ポップスが好きでもクラシックが好きでも、どちらが優れているということではないだろう。

だが頭ではわかっていても、体が萎縮してしまうのだ。
そして最近はこうだ。

職場の人と、どのビールが好きかという話題になったことがある。

筆者がキリンの一番搾りが好きなのは
このブログでもたびたび取り上げているが、
ある年配の女性はキリンのラガービールが好きと言い放った。

これでもう勝てる気がしなくなった。
エビスやモルツが好きというなら別になんとも思わない。

ラガービール好きには、勝てる気がしない。
あくまで筆者の、変な主観である。
posted by ヌルカン at 23:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月12日

トリノンピック

オリンピックが面白い。
スピードスケートの3位に入ったイタリアの選手のレースでまず涙。

採点式の種目は見ててつらい。
演技に順位を付けなくてはならないというのがつらい。
やはり早くゴールしたり遠くに飛んだりする種目が解りやすくていい。

そして日本が得意な種目に採点式が多いのが悩ましい。

今日一番の感動はバイアスロン。
背中にライフルを背負ってクロカンを走ったり的を撃ったりという超絶に大変なスポーツ。
ゴールするとき、選手はみんな口の周りはヨダレだらけ。それが美しい。

例えるなら、マラソンを走った直後にゲーセンに行ってゴルゴ13をやろうとは思わない。
なんかルールの内容に雪国の人たちの生活とか歴史が垣間見えるのも素敵。

しばらくはテレビに釘付けですね。
posted by ヌルカン at 22:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月11日

逆光

廊下の向こう側から知り合いっぽいヒトが歩いてくるとき、
手でも挙げて軽いアイサツをしようとする場合があるだろう。

だが廊下の端はガラス戸になっおり、逆光でいまいち知り合いなのか
確信がもてない。

そのような対象を逆光仮面と呼べば面白いなと思った。
逆光で顔が見えないのはまさに仮面をかぶっているのと同じじゃないか。
我ながらグッドアイディアをつむぎだしてしまった。

念のためグーグル先生にお伺いをたてておこう。

 ・逆光仮面 の検索結果 約 49,700 件

かぶりすぎである。この行列の一番後ろに並ぶつもりはない。ロシアのマックじゃあるまいし。


それなら逆光ナインはどうだ。
逆光の中で野球にかける青春。淡い気持ちを向けるヒロインも逆光で顔が見えない。

 ・逆光ナイン の検索結果 約 19 件

こんなしょうもないモノにも10件以上ある。
逆光はもはやニッチではない。
posted by ヌルカン at 20:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月08日

アニメーションダンス

前回はなんともシャレにもなりづらいエントリーだったが、
気分を変えて今回はカッコイイ動画を紹介しますよ。

Dance Nation Air

メニューの中のDance Nationを選ぶと、
いろいろな動画が見れます。

特に「はむつんサーブ」ってどこかの稲中で聞いたような2人組の踊りがスゴイと思った。
前段のストロングマシン2号ちゃんのダンスもそうだけど、
こういったカクカクしたダンスをアニメーションダンスと言うそうです。多分。

ベルセルクじゃないけど、「人外の動き」ですなモハヤ。

posted by ヌルカン at 01:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月07日

こわいインターネット

パソコンを再インストールした。おかげでだいぶ軽くなったような気がする。
こういうときブログは便利だ。お気に入りも全部消えたが、
気になるサイトなどは、だいたいブログに載せてある。
最初ヤフーのアドレスが思い出せずに難儀したが。

そんなことより、もっと大事なことがある。
ワンクリック詐欺に引っかかってしまった。
いつものようにネットでネタ探しをしてたわけだが、
熱心さが過ぎて、いわゆるインモラルなサイトに行ってしまうこともある。

筆者の中で「興味」という名の悪魔が頭をもたげる。
マウスは迷いなく「18歳以上」にロックオン。アンドクリック。
ここでやられた。

画面には登録完了の文字。そしていくらいくら払えとの催促。

慌ててブラウザを閉じてしまったので、そのあとはよく覚えてはいない。

筆者といえば、以前カナダの山奥でバンジーを飛び、そして最近は大病を克服した経緯があるが、
だからといって物事に動じなくなった、ということは全然ない。
あいかわらず部屋にゴキブリが出たら見えなくなるまでその部屋には入らないし、
仕事などで叱責を受けるとかなりヘコむ。そしてそんな自分でいいとも思っている。
筆者がいきなり空手道場に通い始めたら、周りの人たちは感心するより普通に引くと思う。
そんなわけで最初はかなりアセった。今回パソコンを再インストールしたのも、
このこととまったく無関係ではない。

というわけで、落ち着いていろいろ調べてみると、どうやらクリックしただけで
契約行為が成り立つということはなさそうだ。
IPアドレスは知られてしまっただろうが、そこから解るのはプロバイダの位置ぐらいだろう。
ほっと一安心である。

別にネタに窮しての捨て身の行動ではない。
実は今もちょっと不安である。

ワンクリック料金請求に騙されるな!





posted by ヌルカン at 11:21 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月05日

ストロングマシン

いつのまにか、インターネットエクスプローラのお気に入りが
五十音順にソートされている。

WinMeにそんな機能あっただろうか。
なんか恐い。最近はエロサイトはそんなに覗いてないと言うのに。
なんかやたらフリーズとかビジー状態になってしまう。
再インストロールのときは近い。

ところでいい動画を見つけた。

ダンス少女、ストロングマシン2号さんが出演している、
ポリシックス『I My Me Mine』のPV。

すごいテンションが上がりますぜ。

ストロングマシン2号ちゃん −関心空間−

公式サイト
posted by ヌルカン at 22:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月05日

筋肉痛

朝起きるとすげえケツ筋(括約筋)が痛い。
この痛みは筋肉痛の類だ。

いったい寝ている間に筆者のカラダに何が起こったのか。
いつものように一人で寝たし、寝る前に運動をした記憶もない。

だいいち何でケツ筋なんだ。
普通に運動してもこの部位が筋肉痛になることはあまり無いと思う。

なにか悪い夢を見たような気もするが、それが原因なのだろうか。

確か自分が学生かなにかで、構内で重大なミスを犯し、
謝罪もせずに遠くへ逃げるというようなものだ。

シチュエーションは違えど、こういった内容の夢をよく見る。

だが悪夢を見ただけでケツ筋が筋肉痛になることがあり得るのか。
やはり枕元にエロ本を置いたのが失敗だったか。

いやまて、高校生じゃあるまいし枕元にその類のモノは置いてない。
そんなものが無くても、妄想をしているだけで充分に楽しい。

なんか話がいつものように逸れてきている。
寝る前の妄想は誰もがしていることだろう。多分。え、してないの?
それだけで翌朝筋肉痛になっていては仕事にも差し支えてしまう。

宇宙コーヒーさんのエントリーでも夢について話しているが、
妄想したまま眠りに落ちて、睡眠中にブリッジとかV字腹筋とかしてないかが心配だ。
posted by ヌルカン at 14:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月03日

国旗

世界の国々には、それぞれ国旗というものがあるだろう。
もうすぐトリノオリンピックであるが、自分の国の国旗を身につけた選手を
応援するのは、血が騒ぐものだ。

ところで世界の国旗のなかでは、筆者はフランスの国旗が好きである。
左から青・白・赤の縦縞で構成されるシンプルなデザインである。

筆者はなぜこの国旗が好きなのか?
その理由をずっと考えていたのだが、先日トイレにこもっているときに
ピンとひらめいた。

ガンダムのカラーリングと一緒なのだ。
メインカラーは白、胴部分は青、そして足の先端は赤で構成されている。

ガンダム好きの筆者が、赤白青のトリコロールカラーを好きになるのは当然のこと。
もしかしたらテム・レイはフランス人なのかもしれないジュテーム。

ということはだ。
20代後半から30代中盤にかけての男性がほぼ100%ガンダム好きであると仮定しよう。
そして今度のオリンピックやワールドカップ、何千万人ものガンダム好きがフランスの応援に回るのは火を見るよりも明らかだ。
これではダメだ、ちゃんと日本を応援しなくては。

がんばれニッポン!

いくら言葉を並べても、相手に届かなければ何も言ってないのと同じってのが今回のエントリーの意図するところ。
posted by ヌルカン at 08:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月02日

ミドリカワ書房

家にいるときには、テレビはたいてい付けっぱなしだ。

最近はプレステで「ワンダと巨像」をやっているか、
ケーブルテレビで音楽専門チャンネルであるスペースシャワーTVを流しっぱなしにしている。
民法はほとんど見ない。ドラマを見ると次が気になってしまうから。

いつものようにプレステをしまいスペースシャワーTVを流しながら雑誌を読んだり
ネットをしてたりすると、気になる音楽が流れてきた。

ミドリカワ書房だ。

古さを感じさせるメロディと、やたらストーリー性のある歌詞。
こいつは個性的だ。ビジュアルが不健康的なのもポイント高い。ひ弱な文学青年といった趣き。
見た目のアングラ感はスネオヘアーより上だと思う。あっちは実はスポーツ万能だしな。

ミドリカワ書房のPVはこれまでに3曲ほど見たことがある。

1曲目は整形手術の話。美しいお母さんにくらべて顔の造りにコンプレックスを
抱いている女の子が整形手術をしたいと告白している歌。
これを聞いたときは、今ほど感銘を受けなかった。というより正直嫌悪感を感じた。
なんつー歌詞だと。

2曲目は離婚した父親と娘の話。父親の視点から娘にメッセージを送る形式。
これはけっこうグッときた。気の強そうな娘と2人で遊園地でデートするPVが泣ける。

そして最近流れている3曲目は、売れないマンガ家とアパートの隣に住む女子大生の話。
これでノックアウトされた。実はあの娘オレのこと好きなんじゃねーの?的な妄想が歌詞の大半。
筆者も割とそんなことばかり考えている。他人事とは思えないシンパシー。

音楽がテーマにするものって愛か平和かほとばしるリビドーだと思うんだけど、
ミドリカワ書房の切り口はもっとマンガ的な気がする。視点がやたら低いというか。
地味な青年誌のような。ヤンマガとかスピリッツというよりオリジナルとかアフタヌーン的な。

かなり気になっているのだが、アルバム買うと失敗するような気がしないでもない。
もうちょっと悩んでみることにする。

ミドリカワ書房
posted by ヌルカン at 09:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月01日

ニッチ記憶力

どうしても覚えることができなくて、覚えるのを放棄したものがあるだろう。

筆者の場合、漢字が多い。
今日も封筒に宛名を書こうとしたが漢字が解らずフリーズしてしまった。筆者が。

それは荻(おぎ)という漢字だ。
パソコンで打てば変換してくれるから苦労はないが、
荻(おぎ)という字と萩(はぎ)という字の区別が付かない。どっちがどっちだか全然覚えられない。
前者はノルディックスキーの荻原選手の(おぎ)だな、
と覚えても、結局漢字が書けないので同じことだ。

ここまで書いてふと気が付いた。
お笑いの「おぎやはぎ」って「荻や萩」か!微妙なネーミングだなおい!!
と納得したわけだが、どうやら全然違ったようだ
テレビ見てないのがバレバレだ。

いずれにしてもこの2つの漢字は、筆者の能力を完全に超えている。
毎日書き取りでもやればいいんだろうが、それはそれで負けな感じがする。

この後に、飲み屋のお姉さんの名前が覚えられないと書こうとしたが、
なんかどんどんレベルが低くなってく気がするので、止めておこうと思う。

彼女たちは2文字の名前が多すぎです(結局書いてる)。
posted by ヌルカン at 21:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。