2006年12月31日

総括

今年最後の更新。

今年もいろいろあった。
広島へ転勤したり。
ブログを書いているヒトと酒を飲んだり。

ブログに書けることも、
ブログに書けないことも、いろいろあった。
割と激動の1年だったと思う。

一人で大晦日にブログを更新していることからもわかるように、
あまり褒められた生き方ではないのかもしれない。

それでも、オレはそんな自分が好きで好きでたまらないんだ。
そして、オレと関わってくれた全てのヒトも同じく愛している。
みんな、オレが抱きしめてやる。なあ、キスしてもいいか?

そんなみんなにこの言葉を贈ろう。

みんながいるから、オレがいる。オールフォーミー。

自分に甘くてもいいじゃないか。全てを肯定するんだ。オレも。他人のも。
現在タバコを吸ってないが、止めたとは言わない。休んでいると言う。
なぜなら、タバコが美味いことを、オレは知ってしまったから!

筆者を乗せた、ブログという名の妄想列車。
東京発、広島行きは、まだ品川すらも到着してない。

それでは皆さん、よいお年を。
posted by ヌルカン at 23:48 | 広島 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月30日

M1

今更ながら、録画していたM1を鑑賞。

以前POISON GIRL BANDが好きだとブログに書いたわけで、
今回も当然それ狙いで録画したわけだが。

優勝したチュートリアルは断トツで面白かった。
実は初めて見たコンビ。
予選も決勝も最高に爆笑。

あとフットボールアワーの予選もよかったな。

変ホ長調も面白かった。いわゆる漫才の間とか技は置いといて、
ネタが毒舌で笑える。

笑い飯とか麒麟は出過ぎでみんな慣れちゃった感があるのかも。
ちと気の毒ではあるのかもしれない。

笑っていれば幸せである。

posted by ヌルカン at 23:59 | 広島 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月29日

孤独のグルメ

年末年始を退屈せずに過ごすために、
1冊の文庫本を購入した。

文庫本といっても、筆者の場合は当然のようにマンガなわけだが。

今ブログ界、いやインターネット界で大人気の、
孤独のグルメ」を手に入れた。

最初ブックオフで探したのだが、見つからなかった。
そもそもどの出版社で発行しているのかを確認しなかったのが痛かった。

出版元は扶桑社。まあこれはいい。
連載していた雑誌は「月刊PANJA」だ。いったいなんの雑誌だろうか。

読んだ感想としては、最高ですこれ。

あるサイトでは、R30指定に認定されていたこの作品だが、読んでみて納得。
確かに30歳以上が読むマンガである。

いい歳をした独身男が、普通の街の食堂などで、普通に飯を食う。ただそれだけのマンガ。
いや、ここでは「飯を入れる」と表現しておこう。
居酒屋にご飯があれば、メニューにある大量のおつまみが「おかずとして立ち上がってくる」。
いちいち表現がシャラ臭い。

これを読んだ後では、青年誌で連載されている「美味しんぼ」でさえ、子供臭く感じてしまう。

そしてオチが弱い。弱いというかさりげない。
あだち充のマンガの数段上を行くオチのさりげなさだ。

そういえば、以前雨男さんから借りた「かっこいいスキヤキ」と原作者が一緒らしい。
なるほどと思う。

谷口ジロー、オッサンの読むマンガを書かせたら日本でも随一ではないだろうか。
高校の頃、兄が持っていてよく読んだ「事件屋稼業」がまた読みたくなってきた。

レビュー(BLACK徒然草様より)
これ見たら間違いなく読みたくなります。
posted by ヌルカン at 21:35 | 広島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月28日

今日で仕事納め。
終了のチャイムと同時にみんなせっせと帰り支度。
今日残業をする野暮な人なんていない。

守衛から、年始は郵便物が多くてポストに入りきらないから、
ダンボール箱を持ってきてくれと頼まれる。
なるほど、こういうことからも年が切り替わるのを実感する。

外に出ると猛烈な寒さ。
でかい寒波が日本に来たというが、それを実感する。

掟破りの必殺技、
「トレンチコートえり立て」を実行に移す。

うむ、これは暖かいぞ。

同じ地区に住む上司と一緒に帰ったのだが、
帰り道に軽く一杯やろうという話に。

前から気になっていたお店に入ってみる。
自宅からも近いので、安心して飲める。
料理も美味いし、雰囲気もいい。満足だ。
ここなら一人でも来れそうだし通ってしまうかもしれない。

2時間ほど飲んで会計を済ませると、外はけっこうな雪が降っている。

普段なら顔をしかめて家路を急ぐところだが、お酒が入っているおかげで
さほど寒くも感じないし、精神的にも根拠の無い余裕がある。

頭の中ではユニコーンの「雪が降る町」。

今年もいよいよ終わりだな。
posted by ヌルカン at 00:00 | 広島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月27日

最近のライブラリ

黒魔道士がレベル75になった。
まあそんなことはどうでもいい。

近くにツタヤがあるおかげで、よくCDを借りてはPCに落としている。

というわけで、ダビングしてよかったと思うモノ。

髭(HIGE) Peanuts Forever etc.
BENNIE K Japana-rhythm etc.
capsule ハイカラ・ガール etc.
GO!GO!7188 魚磔 

この辺のはどれを借りても間違いは無い感じである。
そして想像以上のヒットだったのが、

DOPING PANDA である。
パッと見アクが強そうなビジュアルの3人組。
確かにコテコテの音楽もあるがさもあらず。普通に聴かせる音楽も多い。

とりあえず棚に並んでいるのを全部借りて聴いてみたが、どれもグッドフィーリングだった。
思ったより全然聴きやすい。
よかったらみんなも聴いてみるといいですよ。

ネタが無いときはMONO系に走りがちである。
そして検索で来るヒトが多くて、ネタ系より楽にアクセスが稼げるんだから止められない。

帰りの電車でうっかり座れてしまったので、
ネタ考える前に寝てしまったのです。
posted by ヌルカン at 00:00 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月25日

電車とサンタ

筆者が毎日使っている路面電車の停留所
に見慣れないポスターが貼られてあった。

「サンタが電車でやってくる!」

なるほど。おそらく電車のボディにサンタをペイントするのだろうか。
または車掌さんがサンタに扮するのか。

夢を捨てた大人の推理はこんなところだが、
冷静に考えてみると、いろいろ見えてくる。

サンタが電車で来ちゃマズいだろう。

相方はどうした。そう真っ赤なおハナのあいつだ。
トナカイの立場が危うすぎる。

やってくるのはトナカイに引かれてこないと。
いつのまにコンビ解散したんだろうか。

確かに電車代とトナカイの餌代を比較すれば、電車に軍配が上がるのは致し方ないところではある。
1年定期にすればかなり節約できるのも事実だ。

しかしまだ夢を信じている子供に、
そんな現実を突きつけるのはあまりにも酷な話だろう。

サンタぐらいは、まだ夢の中の住人であっていいと思う。

◇◇

余談だが、今日会社の同僚が、鼻血を出した。

そう、まさに赤い鼻のリアルトナカイ。ナチュラルにみんなの笑いモノ。

よりによって今日、鼻血を出せる同僚がうらやましい。
こういうヤツには何をやっても勝てない。
posted by ヌルカン at 00:00 | 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月24日

甘いモノ

酒を飲んだ日とか、夜遅くまで残業した日とか。
疲れてるときというのは、無性に甘いものが食べたくなる。

詳しいことはよくわからないが、
おそらく体内に必要なブドウ糖が不足しているのだろう。

だからコカコーラとか、通常の3倍は美味く感じる。

もっぱら甘いモノが欲しいときはコカコーラなのだが、
そればかりでは飽きてしまう。たまには他のモノにしてみるのもいかもしれない。

コカコーラの他に甘いモノ。

例えばケーキなどはどうだろうか。

アレだ。イチゴショートケーキとかうまそうだ。

日頃ほとんどケーキを食べない筆者だが、
年末の仕事や飲み会などでちょっと疲れ気味なのだ。
たまにケーキを食べてみるのもいいだろう。

さっそく街へケーキを買いに行ってみよう。

◇◇

どうも街の様子がおかしい。
気のせいだろうか、なんだかいつもより街にケーキの量が多い気がする。

いったいなぜだろう。WHY?

これはもしかして。

世界がオレにひれ伏したということだろうか。
王たる私が望むケーキを民衆がこぞって用意したと。
いつの間にか世界はオレのモノになっていたのか。
ドラクエで世界の半分をくれる約束が今頃になって実行されたのか。

そんな、オレに合わせてくれなくていいのに。世界よ。
暴君になるつもりなどオレには無い。

オレはイチゴショートが一つあれば充分なんだ。

民衆に、今こそ叫ぼう。

あ、ラッピングしてください。

あ、領収書はウエで。

あと涙ふくものを。
posted by ヌルカン at 22:36 | 広島 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月23日

初めての体験

何事をするにも、必ず初めての体験というものがある。

18歳で就職して、会社の上司に連れてってもらったレストランは、
ナイフとフォークで食するものだった。

田舎の農家の生まれの筆者にとって、
ナイフとフォークは初めての体験だった。

当然うまく扱えるはずもなく、エビのベーコン巻きを前に途方に暮れたりしたものだ。
それでも今は、なんとか普通に扱えるようになった。

食事といえば、若い女性と食事するときも大変だった。
18歳まで恋愛というものとは無縁の生活をしてきた筆者には、
キレイな女性と食事をするという行為は若干ハードルが高すぎた。

緊張しすぎて途中で吐きそうになったことは何回もある。
あのときの筆者は、とても小食だと思われていたことだろう。
さすがに今では吐きそうにならずに食事をすることができる。相変わらず緊張するが。

何事も経験を重ねることによって、困難を乗り越え自分のものにすることができるのだ。

そして今。

トレンチコートを買った筆者だが、一つだけ分からないことがある。

コートの後ろの腰の部分に、ベルトがある。初めての体験だ。
これをどうしたらいいかわからない。

コートのボタンをとめることはないから、
必然的にベルトを結ぶことはない。
しかしそのまま垂らしておくと、筆者の足の長さとの関係からベルトが地面に着いてしまう。

バックルが付いているので、後ろで止めてみる。
これでだいぶスッキリしたが、道ばたのポールに引っかけてオタオタしそうな自分がいる。
そのまま気が付かずに脱げちゃったら、まるで浦安鉄筋家族だ。

しばらくは試行錯誤が続きそうである。

ところで、インターネットでトレンチコートのことを調べまくっていたら、
どうしても欲しくなってしまったものがあった。
関連項目でとにかく引っかかるのだ。気になって仕方がない。
まあ買ってきたわけだが。

ブログを始めてから、なんだかアレなモノが増えているような気がする。

あなたの心です
posted by ヌルカン at 21:29 | 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月22日

冬真っ盛り

りーがろいやる

仕事から帰る途中で見た光景。
広島でも有数の高級なホテルらしい。

ホテルの北側の窓から見える明かりがハートの形をしている。

このことが意味するもの。

このホテルの北側に客室は無い。

いやそんなことじゃない。

もしかしてこれはアレだろうか。
男性が女性にクリスマスプレゼントと称して
ほら隣のビルを見てごらん的なアレだろうか。

どこの誰だか知らないが、ついにやりやがったか。
あなたの愛が成就することを、心から祈ろう。

そしてこうも思う。
一流ホテルの照明をどうこうするには、相当の対価がかかるだろう。
やっぱり世の中カネなのだろうか。

しかし愛のためにカネを使ったとも言える。


世の中の半分はカネでできている。

そしてもう半分はそう、

愛さ。

間違いない。
posted by ヌルカン at 00:28 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月20日

高価なコート2

時間通りに来たな。あいさつはいい、まずはこれを見てくれ。

ハンガー

実はオレにも状況がよく理解できないんだ。

このハンガーがオレの部屋のカーテンレールに掛かっている。
このことが何を意味するのか、今のオレには・・・全然わからないんだ。

そうだ、今日起こったことを順に整理してみよう。

仕事が終わったオレは、家路を急ぐはずが、なぜかそごうデパートにいた。
6階の紀伊国屋書店に行くと見せかけて、7階の紳士服売り場へ。

そこからの記憶がまったくないんだ。

そして気が付いたらオレの、部屋に、アレがあったんだ。
カードのレシートとともに。あうあうあー。

正直、筆者にとって果たしていい買い物だったか今でもわからない。
ぶっちゃけ普段着ているスーツの、およそ3着分だ。
店の鏡で自分を見るときは、いつもよりよく見えるものだ。
実際に街中でどう見えるかが問題なのだ。

まあ買ってしまったのは仕方がない。
頑張って着続けるとしよう。

裏地が外せるので、春先までは着られると店のお兄さんは言っていた。
それなら6月の下旬ぐらいまでは引っ張れるだろうか。

んで9月から着始めれば年10ヶ月稼働。
ちょっと暑いかもしれないが、裏地を外せるらしいので大丈夫だろう。

月曜から金曜まで毎日着るし、10年間は着続ける。
これだけ着れば1日の単価的には、毎朝飲んでるポッカのホットレモンぐらいまでなるだろう。安い。安すぎるほどの買い物である。

一番の問題は、こんなこと考えてるヤツに着こなせるはずもないってこと。

黒のトレンチコート
posted by ヌルカン at 22:09 | 広島 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月19日

忘年会

土曜日は忘年会に行ってきた。
そう、インターネットで知り合ったヒト達でだ。

職場以外のヒト達で忘年会ができる幸せ。
ネットで知り合ったとか若干アングラな香りもするが、
そんなことはたいした問題じゃない。
大事なことは手段じゃなく成果・・・!

メンバーは3人、
ろあさんときょろさんだ。
きょろさんとはこれが初対面である。

緊張するかとも思ったが、
全然問題なく楽しく飲めた。
ろあさんから軽いと聞いていたが、なるほど納得。
確かに、いい意味でカルい。

一番緊張したのは、待ち合わせ場所であるパルコの入り口の華やかな雰囲気。
アレはヤバい。

ネット知り合いなだけあって、
話題の内容はやっぱりアングラというかマニアなベクトルに向きがちなんだけど
それもまた楽しい。なかなかそういう話ってできないしな。

本当インターネットって可能性広がるなと思った次第。
posted by ヌルカン at 00:00 | 広島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月17日

高価なコート

昨日は夜に飲み会があったので、
休日には珍しく市街地に出かけた。

ちょっと早めに着いたので、
服でも見てみようかとそごうへ。

ちなみにそごうの7階にはポールスミスが入っている。

白状すれば、実はめちゃめちゃネットで調べていた。
ちょっと早めに着いたとか書いてるが、それはその分だけ、早めに家を出たからに他ならない。
最初からそごうに行くつもりで家を出たのだ。
渋谷でマフラー買ってから自分でもかなり痛いことになってると思う。

デザインが気に入ったんで買ったんだけど、
それがたまたまポールスミスだったんですよね。だって服を買うって、そういうものでしょう?アハーン?
例え事実だとしても、文字にすると、筆者が書くと痛すぎる。このブログを見て頂いている方からの、殺意の波動を感じる。

程なくして到着。
予想以上に賑わっている。さすがクリスマスシーズン。
みんなお洒落さんでひるむ。ナイキのヤッケなのは筆者だけだった。
自分のしているマフラーと同じものが陳列されていたので、さりげなく外してカバンにしまう。

早速コートを見てみる。
スーツの上に着るものとか、私服のときに着るモノとかだ。

わかっちゃいたが、やっぱり高価だ。
クルマ関係と電気製品以外で5万円という金額を相手にした記憶がない。

そこの若者よ。気軽に試着とかしてるが本当に買うのか。
彼女に似合うとか言われて冷静な判断を欠いていると違うか?

キレイな店員さんにさんざん勧められて、
危なく陥落しそうになったが、とりあえず保留ということで尻尾を巻いて逃げ出した。

でも考えようだとも思う。
5年は着られるだろうし、冬はほぼ毎日着るコートだ。
金額を日数で割れば、実はパソコンよりはずいぶん安い買い物とも思える。
何より、パソコンよりもモテアイテムなのは間違いないだろう。

しかしこの山は高い。高すぎる。
武蔵を眺める又八の気分だ。

大盛りイカ焼きそばのいいところは、
お湯を注ぐ前に麺のカスをボリボリいけるところだね。
最初からカヤクが入ってしまってるモノは麺カスだけを取り出せないところがちょっとね。

このくらいが今の筆者。山の麓にすら到着していない。
posted by ヌルカン at 17:36 | 広島 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月15日

3つの部屋

風邪はだいぶよくなったのだが、
どうにも鼻水が止まらない。

職場の事務室で鼻をかめばいいのだが、
どうしても抑えてしまう。

リミッターを解除して鼻をかむと、いろいろ不測の事態が起きてしまうのだ。
例えるなら、悟空が本気を出すと地球がもたない、みたいな。
ティッシュ重ね3枚界王拳でも周りからの視線に精神がもたない、みたいな。

実際は前髪にちょっと付いちゃうとか。
手がドロドロになったりとか。
まあたいした話ではないんだが。
仕事中だといろいろと支障がでる場合があるのだ。
特に女子職員の目とか。前髪に付いてて笑って許してくれるのは首ったけなメリーだけだ。

そんなわけでトイレで鼻をかんだりする。
ここなら心おきなくフルパワーを出せる。

ところで、トイレでいわゆる大をするときは、いつも同じ場所ですることにしている。
具体的に言うと、3つ並んでいる部屋の一番奥を使っている。

でも鼻をかむだけだったらどの部屋に入るかはこだわらない。
一刻も早くスッキリするために、一番手前の部屋に入ることが多いだろう。

今日も朝イチで鼻をかむために一番手前の部屋に入ったのだが、
ついでに朝のお通じも済ませてしまおうと考えた。
しかしズボンを下げようとして気が付いた。

ここって一番奥の部屋じゃない。一番手前じゃないか。
もう落ち着かない。もうムリ。奥の部屋に入り直そうと思ったくらい。
結局しないで仕事に戻った。

習慣とは恐ろしいものである。

そしてクリスマスが近づいているってのにこの内容。全くもって恐ろしい。
posted by ヌルカン at 23:24 | 広島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月14日

レガシーワールド

たまには時事ネタでもひとつ。

職場で話題になったこと。
最近ひどい事件が多いなと。
いわゆる女性を狙ってひどいことをしてしまうあれだ。
しかも再犯とか。全くもってひどい話である。

ここで、職場で御意見番的な女性が一言。

そういうことしたらもう、去勢してしまえばいいのよ。

おお、イッツア レガシーワールド。
ネズミの国の住民も、裸足で逃げ出すスゲエ案だ。

調べてみると、去勢を刑罰として採用している国は現在ないという。

もし刑罰として採用されるような社会が来たら、
もうそれはSF小説の世界だな。
posted by ヌルカン at 21:17 | 広島 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月13日

ツンデレとヘタレ

電車で見かけた一人の女性。

限りなく金髪に近い茶髪。
短いホットパンツ。濃い化粧。
間違いない、ギャルだ。

筆者の経験上、かなり手強い人種と認識している。
凛とした表情は他人を気安くは寄せ付けない。
そんな彼女が突然立ち上がった。
優しげな笑みを浮かべて。

自分の前に立っていた老人に席を譲ったのだ。
何度もお礼を言いながらその座席に座った老婆。
そして若い女性は筆者のとなりでつり革に捕まった。

んー正直惚れたね。危なく臭いを嗅ぎそうになった。

こういうことってなかなかできそうでできない。
筆者の前に老人が立ったとして、果たして席を譲れるだろうか?
照れくさいとか恥ずかしいとか考えてしまうだろう。
そんなことは目の前の老人にとって何の関係もないというのに。

やがて筆者の前の席が空いた。

筆者は思いきって女性に話しかけた。
「さあどうぞ座ってください。あなたにはその資格がありますよ。」
照れくさそうにうなずいて、女性は筆者の前に腰を下ろした。

うむ、これでいい。

◇◇

現実にはそううまく行くはずもない。ていうかそんなこと言えっこない。
女性はほどなくして駅を降り、筆者がなかなか座ろうとしない目の前の座席は
どこからともなく現れた屈強なオバサンが滑り込んだ。

ヘタレな男を乗せた路面電車は、今日も夕闇のなかを走ってゆく。
posted by ヌルカン at 20:16 | 広島 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月12日

マフラー

先週は木曜日に渋谷に行ったわけだが、
飲み会の前に時間があったので、駅周辺をブラブラしてみた。

ハチ公とかモヤイ像の場所が全くわからなかったところを見ると、
どうやら筆者が渋谷に来るのは初めてらしい。

ちょっと浮かれる。

さっそく109に行ってみる。
店の前の案内図を見ると、女性モノばかりでなく、男性モノを扱うお店もあるらしい。

店の中に入ってガク然。
あまりにも自分に場違いな雰囲気に驚く。
はち切れるほどゴージャス。薄暗い店内に眩しい証明。

お客さんもすごいお洒落さんだ。
やたらファーの多い服にサングラス。ピンピンの髪。

よれよれのスーツに、10年以上着ているマウンテンパーカーの筆者に、居場所はない。
よくあるだろう、ドラクエみたいなRPGで、スタート地点から近くにあるのに、
やたらレベル高い敵がいるダンジョンが設置されているのが。
ひのきの棒しか持たない筆者に勝ち目など無いのだ。

実はマフラーを買いに来たのだが、早々に退散する。

気を取り直して丸井へ。
さっきとはうってかわって落ち着いた雰囲気が心地よい。
スーツを扱っているお店が多いからだろうか。
でも高級感あふれすぎてて若干キョドりぎみ。筆者的にははるやまぐらいがちょうどいいのだが。

マフラーはどの店にも置いてあったが高い。マフラーってこんな高いものだったんですね。

いくつもの店を何周もぐるぐる回って、やっと1本買った。
筆者の持つ服の中でもかなり高価な部類にいきなりランクインだ。

今まで有名ブランドと言えばアディダスしか持ってなかった筆者だが、
デザインだけでなくブランドの持つ力ってやっぱりあると思う。

田舎から出てきたオッサンがある日突然全身ポールスミスってのも
痛すぎてちょっと面白いかも。

次はコートを探すか。ぐふふ。

8000円
posted by ヌルカン at 23:24 | 広島 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月11日

忘年会IN鹿島

実は今日も忘年会。今帰ってきた。正直キツい。

先週は上京を利用して、地元の友人達の忘年会に混じってきた。

筆者の地元は茨城。そして今の居所は広島。
飲み会のためだけに地元に帰るのはちょっと難しい。

しかし今回はたまたま関東に出張が入った。
そんなわけで、金曜日に帰る予定の所を日曜日に変更して、土曜日の忘年会にねじ込んだわけだ。
後から聞いたら、そのせいで飲み会の場所を変更するハメになってしまったらしい。マジすんません。

そして土曜に忘年会を入れたので、金曜日の予定が空いてしまった。
茨城にいる職場の後輩に連絡を入れ、飲みに誘う。
OKを貰った。そしてOKを貰った後に、家に泊めてくれと請う。
渋々了承してくれた。我ながら最低だと思う。

これだけは言える。
ヒトは多くのヒトに迷惑をかけなければ、生きていけない。
少なくとも、人間として生きていくことはできない。

土曜日の忘年会に出席する頃には、
風邪をひいたことで体調はあまり良くなかったが、
それを差し引いても、とても楽しいものだった。
ヒムロだって、風邪ひきの割には上手く歌えたと思う。

筆者のギャグセンスは、すべて皆からの受け売りと言ってもいい。
それくらい楽しすぎる面々。

そしてヒトとして、何か大事なものが欠落している筆者を普通に扱ってくれる。
風邪なんて友人達に会うことを考えれば些細な事にすぎないのだ。

上京中、月曜日から土曜日まで全て飲んだおかげで、
預金通帳の残高はかなりエキサイティングなことになったが、
とても充実した一週間でした。
posted by ヌルカン at 23:13 | 広島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月10日

渋谷決戦

広島に帰ってきた。

上京したのをいいことに、
筆者の好きなテキスト書きである、すたさんを飲みに誘ってみた。

即OKの返事。
さすがである。懐の深さは曙並みと言えるだろう。

しかも同じブログ書きであるヴぃさんを誘ってくれて3人で飲むことに。
さすがである。粋な計らいである。この臨機応変さは朝青龍並みとは言えないだろうか。
体型は筆者が思っていたより全然スレンダーなだったわけだが。

飲んでみた感想としては、
何というかお二人とも表現者でした。

引き出しの多さもさることながら、
自分の考えを明確に持ってる感じ。それを笑いに昇華するセンス。

2人の話にゲラゲラ笑ってたらあっという間に終電の時間。

我ながらナイスなコネクションを持つことができたなという感じである。
ブログを書くモチベーションもグッとアップ。

心残りは筆者だけお土産を持っていかなかったこと。
空気読めてないというより、いい加減大人なんだからそういうことは押さえとけって広島を発つときの自分に説教したい。
posted by ヌルカン at 21:51 | 広島 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月04日

上京前夜

月曜日から1週間、出張による上京のため、
ブログの更新はお休みします。

ぶっちゃけ出張は木曜日までなのですが、
金曜日に振り替えを取りまして、今週は関東で遊んできます。

仕事はつくばなのですが、
木曜は東京に宿を取って飲む所存。

筆者のライフワークである、ブロガーと会うという行為も
ちょっとずつ達成されています。

平塚方面を攻めることも考えましたが、今回は新幹線のチケットの都合やら筆者のヘタレさやらで断念。

油断してると引きこもってしまう筆者ですが、
外に出たら出たで、楽しいことがいっぱいあることは知っているつもりです。

こういうエントリーも、なんか洒落臭くていいですな。

実際やってることはバカな話をしながら酒を飲むことだけなのにね。
posted by ヌルカン at 02:14 | 広島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年12月03日

意外な嗜好

インド人のブパシさん。
現在市内のインド料理店「北野」のオーナーシェフとして、
毎日忙しく腕をふるっております。

元々はシステムエンジニアとして来日していたのですが、
料理の腕も確かだったブパシさん。

たまに行われる外国人と日本人との交流会でインド料理を披露していくうちに、
その美味しさが大評判に。

SEとして蓄えた貯金と、外国人コミュニティーの援助で
ついにインド料理店を開業。
その温厚な人柄と確かな料理の味で、今では行列ができることもあると言います。

そんな順風満帆のブパシさんにも、
一つ秘密があるのです。

営業時間を終えて帰宅したブパシさん。

台所から取り出したのは、日清カップヌードルカレー味。

ブパシさん、これが大好物なのです。
ぶっちゃけ自分の作る料理より美味いと、この前日本酒飲みながらカミングアウトしてましたよ。

今日もブパシさん、お店の従業員(日本人)にお願いして、
カップヌードルカレー味を箱買いしてもらってます。

でもこれは、お店のヒト以外で知ってるのは私だけ。

だってインド料理屋のシェフがカップヌードルカレー好きと知られたら、
「インド人もびっくり」ならぬ、「日本人がびっくり」してしまいますから。
posted by ヌルカン at 20:29 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。