2007年01月31日

大人マインド

オトナになったなーと思うことがある。

ゲームを買って、途中で投げ出してもアリになったこと。

リンク先の日記書きさんがエライ絶賛していた、
PS2の「ゴッドオブウォー」を買ってみたのだ。
そしてこれが本当に面白い。

んでノーマルモードはさくっとクリアーして
最高難度であるゴッドモードに挑戦。

やっとかっと最後のボスまで行って断念。難しすぎてムリ。

そういえば「ワンダと巨像」もタイムアタックを途中で投げ出してる。

それでも心が痛まない。オレもオトナになったものだ。
ゲームばかりやってて何がオトナかって話もあるが。

それじゃあいだを取って、「少年の心を忘れないオトナ」ということでよろしいだろうか。

バカって呼んでもらって構わない。
posted by ヌルカン at 23:07 | 広島 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月30日

出雲大社

最近ファイアーオンザヒップだ。
別に辛いモノを食べたわけではない。

仕事がちょっとせわしくなってきたのだ。

それでも職場の他のヒトはもっと忙しいので、
他の部署から、クルマの運転手をしてくれと頼まれたりする。

そんなわけで、島根県は出雲市に行ってきた。
同じ中国地方にあるとはいえ、なかなかに距離がある。
そして普段はミニとか乗ってる筆者には、会社の1BOXワゴンはでかすぎる。

クルマの運転はあまり得意ではない。

せっかく出雲市に来たので、仕事が終わった後に出雲大社に行ってみた。10年ぶりくらいである。
聞くところによると、出雲大社は縁結びの神様として有名らしい。
まあ客観的に見ても、今の筆者の需要を満たしている神社といっていいだろう。

神頼みはしない主義だが、だからといってお参りを拒否するほど野暮でもないつもりだ。

出雲大社の中にある拝殿には、すごくでかいしめ縄のお化けみたいなのが吊してあり、
賽銭箱にお金を入れるかわりに、しめ縄の切り口に硬貨を挟んでいくヒトも多いらしい。

なるほど、それは面白い。チャレンジしてみよう。

だが浅尾美和さんより身長の低い筆者では、背伸びをしてもしめ縄に届かない。
しかたないのでジャンプしつつ孫貨をしめ縄にぶっ差す作戦に変更する。
浅尾さん、オレにあなたのジャンプ力を与えてくれ。実は30センチくらいで届くのだが。あと浅尾さん好きです。

華麗にジャンプ!

さすがにこれだけ巨大なしめ縄を形成するわらだから、1本1本がすごく固い。
つまりしめ縄の切り口は巨大な剣山のよう。
すなわち筆者の手はすりむいて血だらけ。硬貨は空しく地面に落ちる。正直超痛い。

手をさすりながらつぶやく。
へへっ、どうやらここの神さんはドSらしいや。

あっーやめて!当てないで!!バチは当てないでーー!!
posted by ヌルカン at 23:50 | 広島 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月28日

MINIに異変

なんだかクルマが壊れた。

久しぶりにクルマでブラブラしていたのだ。
そしたらクルマから変な異音。
なんだこりゃヤベーなとか思ってたらハンドルにいやな衝撃。

迅速にクルマを脇に寄せる。
そしてボンネットオープン。手際よく開ける。

道行く人が興味深げに眺めていく。

ボンネットの中を見てみる。
ふむふむ。なるほどなるほど。周りの視線を気にしつつ、したり顔で頷く。

って原因が分かれば苦労はしないっつーの。
クルマに詳しいフリしてるだけだっつーの。

アイドリングは正常なのだが走り出すとスゲエ音。
さっきまで聞こえていたJwaveが全然聞き取れない。

なんとか行きつけのショップまでクルマを運び、
即入院の運びとなりました。

そして晩飯。納豆食べようと思ってフタ開けてタレかけたんだけど、タレが全然納豆に染みこんでいかない。なにこのイリュージョン。
納豆の上に薄く敷いてあるシートをはがし忘れた。

隠し芸でよくやる、テーブルクロスを思いっきり引っ張ってもテーブルの上のコップはそのまま、ってのを試してみる。筆者の計算では、シートを思いっきり引っ張れば、上のタレはそのまま納豆にかかるはず。

台所を雑巾掛けする仕事が1つ増えた。納豆の粘りを甘く見た。
良くないときは何やってもダメ。
posted by ヌルカン at 22:03 | 広島 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月27日

エコライフ

マンガシリーズ第2弾です。
今回はフスマにマンガを貼ってデジカメで撮影しました。
フスマの縁の黒いのが透けてみえるヒトはキレイな心の持ち主です。

0127-1

0127-2

0127-3

0127-4

0127-5

0127-6

0127-last
posted by ヌルカン at 12:17 | 広島 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 手書きマンガ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月25日

粗食

最近、仕事でちょっと帰りが遅い。
遅いといっても、自宅の目の前にある、9時閉店のスーパーに10分前に駆け込むぐらい。

ちなみにスーパーの名前はマダムジョイ。
だが閉店10分前の状態では、ジョイなマダムはまずいない。
デッドフィッシュズアイなロンリーソルジャーが優勢である。

9時にもなると、家に帰って料理する気力もない。
そんなわけで惣菜を買ってお茶を濁す毎日。

最近はマカロニサラダと納豆のみ。そしてキリンブラウマイスター。ご飯は炊くの面倒なのでなし。
残業中におやつを食べてるからこれで充分なのだ。

そういえば最近、納豆関連のテレビ放送で大きな騒動があった。

でもあれ、あながちウソとも言い切れないぜ。

筆者の最近の夕食なら普通に痩せると思う。
posted by ヌルカン at 23:37 | 広島 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月25日

お知らせ

メールフォームを設置しました。

相変わらずどーしても幅が変更できなかったので、
記事欄の一番下にひっそりと設置しました。

みなさまお気軽にお使いください。

ブログの感想はもちろん、管理人が泣かない範囲での苦情も承ります。
悩み相談とあれば、ヌル方謙三がお答えしたいと思います。今ちょっと酔ってます。

以上、ヌルカンのブログ(仮)管理人ヌルカンからのお知らせでした。
posted by ヌルカン at 00:36 | 広島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月24日

岐路

人生には分かれ道がある。
そこで納得のいく道を選べるヒトは、後できっと幸せを感じるのだと思う。

でも、なかなかそうもいかないのが現実。

もし過去に戻って、やりなおすことができたら今度こそ・・!なんてフレーズをよく聞く。
かくいう筆者も、年がら年中いつも思ってる。

小学校から勉強していれば、もっといい大学に、一流企業に入れたのに・・!
あのとき勇気を出して告白していれば今頃は・・!!

でも冷静になって、よく考えてみよう。

実際過去に戻ることができたとして、
はたしてそこでもう一つの道に行けるのかと。

まあ筆者ぐらいになると、絶対ムリ。
またユルくてヌルいほうに流れるに決まっている。

ずぼらな方だと思う。
現にこの年になって嫁もいない。
最近回りのヒトからすごく言われる。特に、既に結婚している同年代からよく言われる。
早くこっち側に来いとか。なんなんだそれは。シス?フォースの暗黒面?

そんなわけで、毎日書かなければならない小学校の夏休みの日記とか、
100回生まれ変わったって書けそうにない。
最終日に全部書く日記の天気欄は、全部晴れマーク。

そのことに関しては、割と悔いはない。立たされたけど。
posted by ヌルカン at 22:41 | 広島 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月22日

サヨナラCOLOR

最近甘いものが美味くてヤバい。

家の中にはキットカットの17枚入り袋が常備されてるし、
仕事から帰るとき駅の近くにあるミスドでフレンチクルーラとか買っちゃう。
しかも調子がいいときは2個買う始末。フレンチクルーラの麻薬性はヤバい。

ミスドなんて10年前に、1次会から2次会に行くときにお姉さんに差し入れとして
寄ってた以来なんではなかろうか。10年前からオッサンじみたことをしていた。
今は行ってないのかって?
それは、ミスドじゃあまり効果がないって気が付いたから。

それはいいとして、サヨナラCOLORを借りて観た。

たまに泣いておくのもいいかなと思ったのだ。
原田知世好きだし。

ただサヨナラCOLORを見る前に、土曜の昼間にやってたNHK時代劇で号泣してしまったことは内緒だ。山本勘助が嫁を助けに来たとき。自分でもなんで泣いたのかわからない。あのヒロインいい感じですよね。

そんなわけで見た感想ですが、とてもよかった。
すごくお洒落な感じ。出てくるキャストがいちいち最高。
竹中直人の役みたいに生きれたらなと思った。いや援交とかじゃなくて。

そして再確認。

原田知世かなりラブ。そういえばアルバム1枚持ってたのを思い出した。
posted by ヌルカン at 00:42 | 広島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月20日

メールフォーム

うまくいかないことがある。

実はブログ上に、メールフォームを置こうと思っているのだ。
最近はほぼ毎日エントリーしているし、
自分としても勢いを感じている今がいいタイミングだと思ったのだ。

モテるサイトにはだいたい置いてある。
きっとそこの管理人は、メールフォームを通じて読者とウマイことやっているのだろう。

オレだって、ウマイこと、やりたい。

メールフォームのいいところは、送る側がメアドを用意しなくても大丈夫なところだ。
管理人に自分のアドレスを教えたくないトゥシャイシャイボーイ&ガールも多いだろう。
余計なことを準備せずに、管理人にメールが送れる。これは素晴らしいことだ。

だが、うまくいかない。

ここで登録して、書いてあるとおりにタグを置いたのに。ブログの右側のサイドバーに。
テキストを書く部分の幅が調節できない。
もっと言えば、「COLS="数値"」が反映されないのだ。
幅が大きいままだから、サイドバーが右側に納まりきれずに下に落ちてしまう。
なぜだ。ホワイ?

やはり下心が全開だからいけないのだろうか。
妄想が加速して止まらないからか。
夢は寝てから見ろということか。

助けてアルゴマン!!
posted by ヌルカン at 16:59 | 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月18日

業界の事情

蛍光灯が切れた。

そういえば蛍光灯って、今の技術力をもってすれば
ほとんど半永久的に持たせることができると聞いたことがある。

でもそれをやっちゃうと、みんな蛍光灯を買いに来なくなるので
敢えてやらないということらしい。

なるほど、確かにCMなど見ると、明るさとか消費電力を売りにして、
持続力をうたっているモノはあまりないような気もする。

その話が本当かどうかはわからないが、
別に悪いことだとも思わない。
本当だとしても、蛍光灯業界にもいろいろ事情があるだろうし。

そういうモノが他にもあるか考えてみる。

例えばヒゲ剃り。Tバーのやつ。

今は4枚刃とか振動機能とか貝印とかスゴイことになっているが、
本当はもっとすごいんじゃないだろうか。

実は毛根まで剃れる技術が開発されているとか。
1回剃ったらしばらく生えてこない。戦慄の深ぞり。
うっかりモミアゲとか落としたら大変。ひと夏はテクノカットでいくしかない。

実は女性にも待望の一品。
勝負の前日にはこいつの出番。安心して眠れるだろう。
急に一週間ぶっとおしで海に誘われるようなアクシデンタルなシチュエーションにもバッチリ対応だ。

だが残念なことに、家電業界とエステ業界からの圧力によって、
発売に踏み切れていないのだ。

カミソリ業界の勇気ある決断を待つ。

でも超肌あれそう。んーやっぱムリムリ。
posted by ヌルカン at 23:11 | 広島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月18日

車掌とオレ

JRなどの普通の電車と違って、
広島の路面電車はそれほど時間に厳しくないと思う。
つまり、いわゆる駆け込み乗車に寛大なのだ。
運転手の他に電車の中に常駐している車掌さんが、
そういった走ってくる人間を確認すると、ドアを開けて待っていてくれる。

そして今日。
地下通路を通り、道路の中央にある路面電車へ通じる階段を上がると、
そこにはまさに発車しようとしている電車が。

即座に、筆者の花畑模様の脳細胞が計算を始める。
行ける。仕事で疲れているし、腹も減っているが、行ける。
太ももに力をいれ、ダッシュを開始する。
前方を見ると、反対側からも電車に乗り込もうと走ってくる女の子がいる。
これはいい。乗りたいヒトが2人いるなら車掌さんも気が付いてくれるだろう。

しかしここで誤算が生じた。女の子が、車掌にとってだいぶ好みのタイプだったらしい。
車掌が、女の子しか見ていない。こっちも見ろ車掌。このスケベ後ろも見ろってーー

車掌は女の子を電車に乗せると、満足そうに電車のドアを閉めた。
そしてドアの直前までダッシュして、ドアを閉められた筆者。
電車は筆者の住むほうへ、ゆっくりと進み出した。筆者を置いて。

このままではマズい。
違う電車を待っていたヒト達は、事の顛末を見ていたはずだ。
電車に乗れた女の子と、電車に乗れなかったオッサンの一部始終を。
このままでは、間違いなく筆者に、憐れみのシャワーが注がれてしまう。
同情されると、つらい。

だからオレは、走り抜けたのさ。電車の停留所を。
電車に乗り遅れたのを悟られないために。オレが走ってたのは違う目的だったと思わせるために。涙を他人に見られないために。

そんなオレをずっと見つめていた勘の良い少年よ。
オトナになったら分かるぜ。

守りたいもの。守らなければいけないもの。
それはまず自分だってことに。
posted by ヌルカン at 00:17 | 広島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月16日

首輪

筆者は仕事に行くときは、スーツを着ていく。
当然ネクタイもしていく。

ところでこのネクタイのことを、
「社会に繋がれた首輪」と表現することがある。
なるほど。ウマイことを言う。

ちなみに今は寒いので、マフラーも巻いて出勤している。
ネクタイの法則に当てはめるならば、
冬という季節に適応するために巻くマフラーはさしずめ、
「大自然に繋がれた首輪」とでも表現できるだろうか。

そうなると、ネクタイとマフラーを同時に首に巻いている現在は、
社会と大自然に繋がれた状態なわけだ。

なんとも相反した世界だ。
だがそんな状態を体現しているヒトを一人知っている。

大自然と戯れ、それを社会に向けて発信しつづける人物。
筆者もそんな人間になりたい。

そのヒトの名は、

椎名まこちん。

読んだことないけど。
posted by ヌルカン at 23:10 | 広島 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月14日

ミスターガラス

忘れないための自分用メモだ。

電車に乗っているとき、窓ガラスに写っているのを利用して
自分の隣のヒトを見るときは、向こうもこっちが見えているから気を付けろ。

ましてや、窓ガラスに写っているヒトと
目が合ったら、それは向こうもこっちを見ているということだ。
すぐに目をそらしたほうがいい。
自分に気があるんじゃないかとか夢は見ないほうが賢明だろう。
相手があるだけに自分だけの妄想にとどまらず、通報されるリスクが生じてくる。

筆者のための自分用メモだが、みんなも活用してくれていい。

いや本当にやってませんて!!
posted by ヌルカン at 18:46 | 広島 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月13日

冤罪

最近凄惨な事件が立て続けに起きている。
なんというか、以前に比べて世の中の針の振れ幅が大きいような感じだ。

そして必ずテレビで流れるのが、
容疑者の卒業文集の公開と、容疑者を知るヒトのインタビューだ。

最近思うことがある。

周防監督の映画じゃないが、
筆者がもし、電車で痴漢の冤罪に巻き込まれたらどうなるだろうか、と。

もし、という仮定の話でも、冤罪という部分にはこだわりたい。
もし筆者が痴漢で捕まったらどうなるだろうか、ということではない。

もちろん筆者は痴漢をするような人間ではない。これは神に誓って言える。

だが筆者を客観的に評価してみるに、
「痴漢をするような男じゃないが、絶対にあり得ないとは言い切れないですね。」
せいぜいこのレベルだと思う。

このブログを読んでくれている方の中には、
筆者の友人や、実際に会ったことのあるヒトも多いだろう。
もしかしたら、筆者が事件を起こしたらマスコミから話を聞かれるかもしれない。

そして考える。

果たしてどんなことをマスコミに言うのだろうかと。
というのは、テレビでそんなインタビューをされているヒトの中に、
「あのヒトならやりかねない」という内容を発言していたヒトがいたのだ。

これってちょっとスゴいことだと思う。
知り合いをそんな目で見ていたのかと。ちょっとひどくないかと。

つまり何が言いたいかというと、筆者が痴漢で捕まったときは100%冤罪なので、
皆さんインタビュー受けたらちゃんと擁護してくださいね、ということだ。
「いつかやると思ってた」とかネタとしてオイシイけど、筆者にそんなサービス精神はここでは全然ありがたくない。

別に痴漢がバレそうなんで、ブログでみんなに口ウラ合わせておこう、ということではない。
いやホントに。マジでマジで。

やってませんて!!
posted by ヌルカン at 13:55 | 広島 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月11日

水と食事

大食いではない。
だが極端に小食ということもないと思う。

でも筆者の体重は、標準体重から約10sほど軽く、BMI値もやせ型に分類されている。
そしてその体重を維持しているのは、間違いなく筆者のお腹の弱さであると思う。

ところで、飲みとかない日は、できるだけ自炊をするようにしている。
健康に気を遣うという理由もあるし、節約という側面もある。
だが一つだけ問題がある。

家で食事をすると、高い確率でお腹を壊すのだ。

もともとお腹の弱い筆者だからして、しょっちゅう下痢するのだが、
それにしたって食事をしただけでお腹を壊していたらたまったものではない。
食事をしてしばらくすると、トイレでゲッソリしているオレがいる。

これでは、「食べれば食べるほど痩せる」状態である。
そんな怪しげなダイエット方法の歌い文句みたいことを実践したくはない。

これはやはり、水道の水がマズいのだと思う。
筆者の調理方法も相当マズいと思うが、それは味がマズいだけで、
内臓にダメージを与えるマズさではない。と思いたい。

そんなわけで、家の近所のホームセンターで浄水器を買ってきた。

東レ株式会社のトレビーノだ。
さっそく歌ってみる。

水は東レのトレビーノ♪

うむ、なかなかいい感じだ。ちなみにまだ取り付けていない。
posted by ヌルカン at 23:31 | 広島 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月10日

プリンとお金

家の近くにあった、空き店舗の張り紙のあったスペースに、
いつの間にかお店が入っていた。
しかも店の種類がイカしている。

プリン専門店だ。

外から眺めているだけだが、ガラスケースの中は本当にプリンのみ。
駅からすぐ近くだし、T字路の角なので、立地条件はなかなかいいと思う。
テナント代も決して安くはないと思うのだが、1個100円しないプリンで果たしてやっていけるのだろうか。

朝と夜、その店の前を通るたびにそんなことを思ってしまう。

そして今日。
残業をして、帰りがちょっと遅くなってしまった。時間は9時ちょっと前。
プリン屋はまだ営業していた。中を覗くと、ガラスケースにはけっこうなプリンの量。
今日はあまり売れなかったのだろうか。

店の中には売り子のお姉さんが一人。ちとかわいそうだなと思いつつ店の前を通り過ぎる。

その時突然の雷鳴。とどろく天の声。

「お前が!!お前が買うんだよ!!」

引き返して店の扉を開ける。2個買った。120円。
プリン好きだし、ちょくちょく買って帰ろうと思う。
posted by ヌルカン at 23:57 | 広島 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月09日

最近の傾向

帰りの電車を待っているときは、だいたい線路をはさんだ向かい側の女性をボーっと見ている。

向かい側の電車は筆者の帰る方向とは逆で、繁華街へ向かっている。
だから夜の蝶と見受けられるヒトも多いのだが、
彼女達の頭部が、今すごいことになっている気がする。

何というか、頭頂部あたりから後頭部にかけての髪のボリュームが大変なことになっている。
結んでいるわけでもないみたいだ。普通に後ろに流しているのにすごい出っ張り。
あれっていったいどうやって作っているのだろう。
中に何か詰め物をしているのか。それともダイエースプレー的なもので普通に立てているのか。大穴で新弟子検査でやるアレか。付け毛ではあってほしくない。そこにロマンはない。

なんか70年代のアメリカ女性みたいでかっこいい。
すごく興味をそそられる。筆者がそういう職業のヒトが嫌いではないという要素もあるが。
と思ったらテレビで滝川クリステルさんも後ろ頭が大きくなってた。
もしかして普通に流行ってるのかこれ。

女性達の間に大波となって押し寄せる膨張する後頭部。
YouはShock! meもShock!Shock!。

もし筆者がラオウ張りの権力者になれたら、
あのボリュームのある頭に触ってみたい。

そしてできることなら、上からグッと押してみたい。

筆者の今の力では、間違いなく百烈拳をくらってしまうから。
posted by ヌルカン at 23:46 | 広島 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月08日

隣り合わせの灰と青春

1500円

■小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春  ベニー松山著

小説を買ったさ。
既に絶版のものだったから、ヤフオクで落とした。
遠い昔、中学校か高校の頃に読みあさっていたものが、今頃になって無性に読みたくなったのだ。

ファミコン雑誌に連載されていたものだし、
ゲームを題材にしている小説である。
でもすごく面白いのである。

雑誌の名前はファミコン必勝本。
なんともイケてない名前だが、独自色が強くて好きだった。
他の雑誌がドラクエとかFFを特集しているときに、ウィザードリィを特集するアウトロー。

まだ読んでないが、
かなり楽しみである。
夜寝る前に、少しずつ読み進めて行こうと思う。

ていうか1988年の作品なのに、
自分と作者の歳がたいして離れてないのがビックリ。
posted by ヌルカン at 23:54 | 広島 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月08日

ヤマハ再び

新しい年になったわけで、いろいろと踏ん切りを付けていきたい。

というわけで、またあそこに行ってきた。
その名はヤマハ。去年置いてきた忘れ物を取りに。

今年こそは、ギター教を習ってやろうと思ったのだ。
こういうことは決心が鈍らないうちに行動しなければいけない。
今年の筆者はちょっと違うということを、あのお店のお姉さんに見せつけてやるんだ。

というわけで、店の中に入る。
相変わらずの雰囲気。キレイで清楚なお姉さんが譜面をチェックしている。
どう考えてもここに筆者の居場所はないような気がする。
だが臆したら負けだ。意を決して店の一番奥にあるレジまで向かう。

レジの奥に、あのお姉さんは、いた。

大きく息を吸い込み、体験入学をしたい旨を話す。
お姉さんから目をそらしてはならない。そらしたら負けだ。いわゆるガン見だ。
でも口元の嫌らしい苦笑いだけは消すことができない。照れて照れて。

コースを聞かれ、アコースティックギターと応える。
このオレがアコギとか、どこの悪い冗談だって話である。アコギよ、正直スマン。

そんな筆者の心を見透かすように攻勢をかけてくるお姉さん。
体験入学といえど、ギターを持ってないと受けられないと言う。
するとナニですか。オレに買えってことですか。
年末年始でコートとデジカメを買って残高が熱いことになっているこのオレに。

筆者の灰色の脳細胞が、次の手を打つ。
ギターはレンタルでお願いする。チラシに書いてあったのを見逃すほど筆者はお人好しじゃないぜ。

お姉さんの目が妖しく光る。
月額で1万円とか言う。でも4ヶ月借りるなら月額4千円だと言う。お得なのは確かに分かるが。それにしても高いっての。
体験入学のときだけでいいから300円くらいで貸してくれればいいのにと思う。
筆者の退路をガンガン断ってくるお姉さん。そんなにオレをいじめて楽しいか。確かにどちらかというと嫌いじゃないが。

踏むと落ちる床を走るマリオの気持ちがすごい分かった。
死にたくなければBダッシュしつづけなければならない。

いろいろサイトを見ると、初心者は6万くらいのアコギを買えば問題ないとか書いてある。笑えない冗談だ。

とりあえず、この件は、保留!!
posted by ヌルカン at 00:02 | 広島 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月06日

制作裏話

前回のエントリーが思いのほか好評で、非常に嬉しい。

せっかくなんで、もうちょっと引っ張ろうと思う。
実は完成までに、けっこう苦労しているのだ。

このネタを思いついたのが1月1日の元旦の日。
そしてこういう小ネタはマンガにしたほうがいいなと思ったのが1月2日だ。
だがマンガを書こうと決心に至ったのに2日を要した。

オレに・・・果たしてオレにマンガが書けるのか・・・
世間に生き恥を晒すかもしれない。いったいどうすれば。夜も悶々とする日々。思わず無料動画サイトに手が伸びる。
そんなとき筆者の枕元に誰かが立った。とりあえずここではクララとしておこう。

クララ「とりあえずやってみないと、何も始まらないぜ?」

よし、決心が付いた。サンキュークララ。
そんなわけで、仕事帰りの電車の中でコマ割りを考える。
始めは4コママンガにしようと思ったのだが、どうしても上手いこといかず。

そして家に帰り、飯と風呂をそこそこに済ませ、家の前にある文房具屋で買った方眼用紙を広げる。そのときの時刻8時30分。そして消しゴムをかけて完成したのが12時。けっこう時間がかかってしまった。

そこからが試行錯誤の連続。デジカメで撮って画像ソフトでトリミングしようとは思っていたのだが、真上から撮ると自分の影が写ってしまう。
床にマンガを置いて立って撮ろうと思ったら今度は手ぶれがひどくて字が読めない。
ならばとフラッシュを炊いたら今度は原稿が白く飛んでしまって線が消えてしまう。

結局苦肉の策として、テーブルの上に原稿を置いて、
ティッシュの箱を2つ積み重ねて、その上に卓上三脚を付けたカメラを置き、接写モードで撮影した。
コマが全部台形になってしまっているのはそのためだ。
そして全体的に暗いのはフラッシュが使えないため。
三脚を使っているから露出を開ければいいのだろうが、そんなことをオレに言われても困る。

というわけで、マンガは休日の時間があるときに書こうと思う。

まあできたら月イチぐらいで。いやけっこう大変なんスよ。
posted by ヌルカン at 15:49 | 広島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。