2007年10月25日

考える足

足を組む、という動作がある。
椅子等に座っているときに、片方の足をもう片方の足に乗せるというアレだ。

キレイな女性が足を組む姿はとても魅力的に見える。
混んでる電車のなかでやられると、100年の恋も冷めてしまうのだが。

でも足を組みたくなるのも、わからなくはないのだ。
足を組むと、なんだかとても気持ちがいい。

足を組んでばかりのヒトは、足腰の筋肉が弱っている兆候であるとテレビで見たような記憶がある。
医学的見地から眺めれば、足を組む動作は、あまりいいことではないのかもしれない。

でもそれがどうしたというのだ。気持ちいいのだからいいじゃないか。
いったいなぜ、こんなにも気持ちがいいのだろうか。

10年ほど昔に、札幌はススキノで、キャバクラに入ったことがあった。
そしてそこの女性達は、なぜか筆者の足に、自分の足を乗せてきた。

これは決して、足を組むという動作ではない。ないが、ないのだが、悪くない。決して悪くなかった。ぶっちゃけアリだったのだ。

足オンザ足。それはいかなる状況にあっても気持ちがいいもの。それは自薦他薦を問わない。

でも、満員電車じゃ、足を組むのはマナー違反だ。
どうしても我慢できなきゃ、ススキノへゴーすればいい。
posted by ヌルカン at 00:27 | ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月21日

禁断の弱冷房車

最近電車で肩とか太ももとか触られる。
やはり隙を見せてるのがいけないのか。

筆者にそんな背徳な素養があるとは気がつかなかった。
この電車は秋葉原ではなく禁断の花園行きなのか。ああ、いけませんいけません。

誰かが筆者の肩を叩き突然現実に引き戻される。もう終点か。

そう、実のところは筆者が終点着いても熟睡してるんで、親切な人が肩とか太ももを叩いて起こしてくれるというオチ。

ありがとうございます。本当助かります。

posted by ヌルカン at 22:07 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月17日

本を買った

ようやくケン・グリムウッド著「リプレイ」を読み終えた。
死んだと思ったら以前の記憶を持って若い頃に生まれ変わった男の話。
残念ながら筆者は今年の有馬の勝ち馬が何になるかはわからないし、この小説もおそらく架空の物語だとは思うんだけどすごいリアル。

大満足で読み終えたはいいが次に読む本を買ってなかった。
しかも何を買うかも決めていない。こんなときってすごい困る。

仕方ないので、勘で買うことにした。
といっても目をつむって本を抜き出したら、それこそ官能小説とか買いかねない。興味はあるが、今はそのときじゃない。

買う条件としては、平積みになっていること、そして惹かれるポップがあること、あとはまあ、匂いかな。面白そうな匂い。大丈夫、ちゃんと毎日風呂入ってます。
そんなふうに鼻の穴をふくらまして探した結果、1冊買いました。

ところで、大人になってから知ったことってなかなか記憶に定着しない。
さっき書いたポップ。本屋とかCD屋でよく見かける、「全米が泣いた!」とか「店員もオススメ!」とか書いて本の近くに置いてあるアレだ。

あれがなんだったか完全にど忘れして、帰りの電車の中でずっと考えてた。

「マッピー」ぐらいまでは近づいたと思うんだけど。

最初の40ページぐらい読んだ感じでは、文面が筆者の好み。これは面白そうだ。

重力ピエロ
posted by ヌルカン at 21:57 | ☔ | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月17日

香水とワンカップ

通勤電車のロシアンルーレット。
筆者は必ず2座の席に座る。

そして隣に誰が座るか。

すごい美人が座ったら大当たりだ。
というか隣を向いて顔を見るほど度胸がないので、美人な感じがすれば、それでもう大当たりだ。

そのまま幸せ気分で眠りに入れる。

そして起きたときにワンカップ飲んでるオッサンが隣に座ってたりする現実。

最初座ってた女性が悪い魔女に呪いをかけられたのかと思ったぐらい動揺と落胆を隠さない。隠せない。
posted by ヌルカン at 00:06 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月15日

朝事情

東京通勤になって、朝飯を食べるようになった。

スターバックスとかはガラじゃないので、もっぱら利用するのが小諸そば。ファーストフードのソバ屋さんバージョンといったところ。
スタバじゃなくてコモロ。筆者にはこれが性に合っている。

そして最近ショックなことが。
毎日もりそばにゴボウ天を注文しているのだが、ゴボウ天がメニューから忽然と消え去った。秋のミステリー。

これは困った。もりそばだけだと何とも味気ない。

でも秋限定でマイタケ天が加わった!これがけっこうウマイ。実は全然困ってなかった。

正直なとこ言うと、最近はご飯が食べたくてミニ山かけ丼ばかり食べてる。寒くてソバって気分じゃないんだよな。

ヒトの気持ちは、うつろいやすいものですね。
posted by ヌルカン at 23:58 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月14日

動く歩道

すっかり週1ペースの筆者らしいペース。
でも今ハマっているから仕方ないんです。カルピスソーダに。あれウマイよね。

そんなカルピスソーダばかり飲んでいる筆者だが、たまにはカルピス以外のことも考えているよ。
まあカルピスソーダ飲んでて気がついたんだけど、寝ながら飲んでも胃袋に到達する感覚。これってすごくないか。多分逆立ちしても口から入ったモノは胃袋に変わらずに到達するのだろう。試したことはないが。多分鼻に入って大惨事だが。

そんな万有引力に反する人体の神秘。消化器系のイリュージョン。

現代社会には無くてはならないエレベーターや動く歩道。
これらを最初に開発したヒトがもし消化器系の権威だったらどうだったか。

エレベーターに乗り込むというよりは、飲み込まれると言ったほうが的確な表現。ヘビは獲物を噛まずに丸呑みするという。そんな感覚が味わえるエレベーター。

目的の階でオェっと吐き出される。若干スーツがヌメっている。

そんなエレベーターや動く歩道はイヤですね。

でも、こうも思う。

ほどよい締め付け感が、逆にアリなんじゃないかと。

とりあえずストッキングを頭に被ることで、そんな違う時間軸に思いを馳せてみたいと思う。

posted by ヌルカン at 02:12 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月07日

翌日

今週は2回飲み会があったりしてなかなかお疲れな1週間であった。
しかもけっこう深酒。だがそれが楽しい。

1回目はなんとも頭の悪い飲みかたをしてしまったのだが、
2回目は赤坂のモツ福とか何とかいうお店でこれがけっこう美味かった。
モツがやわらかくてストレスなく食べられる。

それにしても飲んだ次の日がきつい。
だいたい前日は飲み会だってんで仕事も適当に切り上げているからなおきつい。

そしてとても喉が渇く。

ところでスーパーモデルは1日2リットルの水を飲むという。

飲んだ次の日は私の圧勝。
posted by ヌルカン at 20:21 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月03日

堕落

気がついたら10日以上ヒゲを剃ってない。

昨日は2時まで飲んでしまった。財布の中身はスッカラカン。

今日はどうしてもネクタイを結ぶ気にならなくてノーネク。

朝コンビニのレジで、金が足りるか本気でアセる。ギリギリセーフ。

飲んだ次の日って不思議とカップメンが食いたくなる。


えーと。

チョイ悪ってことにしていい?
posted by ヌルカン at 22:31 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。