2007年11月29日

ヤフオク

久しぶりにヤフオクを利用した。1年ぶりぐらいだろうか。
何を入札したかというと、これが何とも恥ずかしいというか、いや別にイヤらしいものではないんだけど、いやイヤらしいものも入札したい気持ちが無い?といえばウソになるというかなんちゅうか本中華。

筆者がいい年こいてもう5年も続けているネットゲーム、FF11のキーホルダーを落としたのだ。このキーホルダー、見た目はただのキーホルダーで、ウン千円も出して落札するのはどうかというブツなのだが、オマケがすごい。スゴイといっても草野仁の肉体ほどじゃないのだが、ネットゲーム内ですごい性能のアイテムがオマケとして付いているのだ。そしてお決まりの限定販売。

キーホルダーの購入者はおそらくほとんどの者がおまけ目当て。
そんなわけでヤフオクも大盛況、筆者みたいななんでも金で解決したがるヤツがそれにまんまとハマるといった図式だ。

まあ間違えて2つ落札してしまったわけだが。
メールの件名だけチラ見して、1件目は自分より高い入札者がいると勘違いしてしまったのだ。久しぶりにやるとこのザマだ。

そして2通の落札通知メールが届く。まったく同じもの。ミスっても代金は支払わなければならない。それがヤフオクの掟。
マニアらしく1個は保存用にするか。
posted by ヌルカン at 00:17 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月27日

ハナ・ジヴゥ

朝職場に着いてまずすることは鼻をかむことなのだが、今日の朝はひと味違った。
鼻をかんでまず誰でもすることが、かんだティッシュを確認することだと思うのだが、なんだかいつもと様子が違う。

いつもはきれいな透明色。風邪気味だとちょっと黄色がかっているかもしれない。最高に調子が悪いときは緑色とか。
今日はそのどれとも違っていて、なんだかとってもトマト色。

うわーなんだかとってもキレイとか言ってる場合じゃなく鼻から止めどなく流れる鮮血。同僚や上司にバレると何かと面倒なので、そそくさとトイレに逃げ込む。

洋式便器のうえにのんびり腰掛けながら、なぜか中学生の頃を思い出す。

夏の季節、体育のプールの時間に、かなり高い確率で鼻血をだすクラスメートがいた。
原因はわからない。水着の女性を見て劣情を催すのは健康な男子なら誰でも通る道だと思うが、それで鼻血を出すのはマンガの世界だけかと思っていた。急激な血圧の上昇が、鼻の粘膜を突き破るのだろうか。

今だから鼻血の原因を冷静に考えられるが、当時はその鼻血を出すクラスメートを散々からかったものだ。
マンガの世界をそのまま体現しているのだから。食パンくわえて遅刻遅刻なのだ。転校生の主人公とぶつかるカワイ子ちゃんなのだ。
今思うと、ちょっとした奇跡に立ち会ったような気もする。

でも考えてみるに、今の自分に必要なのは、あのクラスメートのように薄着の女性を見て鼻血を出すような熱いハート。たぎる血潮。
今日出た鼻血は、たぎる血潮が原因ではなく、おそらく何らかの栄養の欠如。なんともやりきれない便所の個室。

posted by ヌルカン at 22:50 | ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月25日

左と右のミステリー

どうやら「間違える」という行為には、笑いを誘う要素があるようだ。
普段行わない想定外の行為は、ヒトに「面白い」という感情をうながす。

だが、狙ってやるのは難しいし、天然で行うのにはセンスがいる。
笑えない状況だってあるだろう。

他人の車に乗ったとき、左に曲がろうとして方向指示器を操作しようとしてワイパーが作動してしまったとき。
いい天気のときにフロントガラスをワイパーが動いているのはかなりシュールで面白いはずなのだが、ここには笑えない要素がいくつかある。

まず方向指示器とワイパーを間違えるということは、右手と左手のスイッチを間違えて操作してしまったということだ。
これはなぜか。それは運転している者が、普段外車に乗っているからだ。外車は方向指示器がハンドルの左についており、国産車と逆な場合が多い。
しかもよせばいいのに、言い訳を始める運転手。
「いやあ、久しぶりに国産車に乗ったんで間違えちゃいましたよ。」
面白いというより、普通にムカつく。たいしたクルマに乗っているわけでもないのに。

もう一つ、クルマが曲がるときにワイパーが動いてウィンカーが点いてなかったら危ない。
事故の可能性だって否定できない。シュールな状況にゲラゲラ笑っている場合ではない。

というわけで、運転中にウィンカーとワイパーを間違えてはいけない。

もう一つ例を挙げてみよう。

風呂場の浴槽にお湯を注ぐときだ。
シャワーとカランを間違えて、浴槽にお湯が注がれずに頭上から水滴が振ってくる。
未だにどちらに回せばシャワーなのか、カランなのか覚えられない。だいたいカランてなんだ。そんな単語他に見たことがない。
洗浄機付きトイレにある、ビデもそうだ。いったいどういう意味なんだ。いったいなんなんだ。まあこれはいい。

話が脱線したが、この状況、かなり面白いはずなのだが、残念ながら観客がいることがまずない。
独りで間違えて、独りでずぶ濡れになるだけだ。まさか独りでゲラゲラ笑うわけにもいかない。
濡れた服を着替えるのも面倒なので、風邪を引きかねないリスクも無視できない。まさにないない尽くしだ。

というわけで、浴槽にお湯を入れるときは、傘を持ち込んだほうがいい。季節外れの気まぐれな通り雨に、出会うかもしれないから。
posted by ヌルカン at 23:14 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月22日

オレンジフラッグ

クルマのオイルを交換した。
確か以前に換えたのが広島にいたときだったから、少なくとも半年以上経っている。
最近なんだかギアを入れるときにガリッと鳴るのがオイルのせいかは分からないが、いずれにしてもそろそろ交換したほうがいい時期なのは間違いないところだ。

行く店は決めている。まだ行ったことはないのだが、4月に引っ越したときに、ポストに入っていたチラシの店だ。
外国の旧車も扱っているという小さなショップ。

筆者がローバーミニに乗ってもう10年近くになる。これならモテる!と信じて疑わなかった若気の至り。
でもミニに乗ってるからって即モテるわけじゃないのは、助手席にヒトが乗らなさすぎて、運転手側の車高が下がっていることで証明できる。
大事なことは、商品もそうだが、宣伝なのだ。すなわち会話に勝るモノは、おそらく余り無い。

クルマを走らせて、お店を探す。今まで通ったことの無い道だったが、店の場所はすぐわかった。
外車を扱っている店の前には、割と高い割合で、古い外国の旧車が置いてある。売り物にはなり得ないような、ボロボロの旧車が置いてあったので、そこが目的地だと確信する。

そういうお店の店長の傾向として、客商売のくせに人見知りというか、仲良くなってしまえばすごく気軽なのに、そこにいくまでにけっこうな時間がかかるというかそういうタイプが多かった。
でもその店の店長は筆者より若く、とても気持ちのいい青年だった。1ヶ月くらい前に、前の店長が辞めてしまったのでオーナーから誘われて埼玉から来たと言う。

オイルを抜いているあいだ、雑談をしながら待つ。オイルのフタの開け方がわからないとか言って笑っている。んなアホなと筆者も笑う。

いい店でよかったと思う。これでクルマに関しては心配ナシだ。けっこう壊れやすいのだ。
あとは長くお店が続けばいいと思う。
posted by ヌルカン at 20:18 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月17日

iPod 電源

なんだかiPod nanoの電源が切れなくなってしまった。
通常、ホイールの下部分を長押しすれば電源が切れるのだが、10分間長押ししても切れる様子がない。

これはピンチだ。筆者のiPodはだいたい4時間ぐらいバッテリーが持つ感じである。
だから朝にはバッテリー切れで死んでいる状態。もちろんこれでは通勤で音楽が聴けない。
仕方がないので、パソコンを一晩中立ち上げておいて、iPodを繋げておく。つまりバッテリー満タン状態を維持する作戦だ。
朝になったらパソコンから外してポケットに入れればいい。

でもこれでは電気代がもったいないし、パソコンにもiPodにも良くない気がする。

そんなわけでネットの海を泳ぎまくって解決方法を見つけました。

まず時計を表示していると、電源が切れない状態になりやすいらしい。だから時計は非表示で行こう。お前の左腕には立派な腕時計があるじゃないか。
そしてとどめはiPodのリセットだ。上部にあるホールドスイッチをオンにして、またオフにする。
次にメニューと選択ボタンを10秒ほど長押しする。ホイールの上部分と真ん中のボタンを同時に押し続けるわけだ。

筆者のiPodはこれですっきり直りました。皆さんも同じような症状が現れたら参考にしてみてください。

そして筆者は、渾身の力を振り絞って書き上げたネタエントリーよりも、こういった身近で実用的なもののほうが、アクセス数が段違いに多いということを知っている。
一番努力をしたものが、必ずしも一番になれるとは限らない。でも頑張って、ネタ系でもアクセス数を稼げるようにこれからも精進したいと思う。
posted by ヌルカン at 01:58 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月15日

アンセム

急にアナログフィッシュの曲が聴きたくなり、レンタルビデオ屋にクルマを走らせる。
このバンドの曲は、MTVなどでちょっと聴いたことがあるくらい。

そのときには、割と普通な歌だなと思ったものだ。
だからさして気にも留めなかった。

でも、普通が侮れないと最近思うようになったんだ。
同じ線上に位置しているから心にまっすぐに入ってくる。
朝の通勤途中、歩きながらアンセムを聴いて泣きそうになった。

若い頃はジュンスカとか嫌いで仕方無かったけど、今なら普通に聴けるような気もする。

アンセム、ニコ動で見れます。オススメ。
posted by ヌルカン at 23:41 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月13日

冬の朝

冬が寒い。

もう少し具体的に言うと、冬の朝が寒い。
特に朝6時20分、アパートの玄関から外に出る瞬間が最高に寒い。

思うに、毎日仕事に着ていくスーツというものがいけない。
まずスーツの胸元は大胆にあいている。たとえ三つボタンスーツでもだ。
筆者がワイシャツを着ていなければ大変なことになっていたところである。
ましてや、ボタンをしなかったら体の正中線がガラ空きだ。
ギャランドゥゾーンが、くやしいけれどお前に夢中な状態なのだ。これはよくない。よいわけがない。

解決策として、コートを着るという案がある。
去年広島のそごうで買ったコートが、部屋の壁面にかかっている。
だが、筆者と一緒に駅で電車を待つサラリーマンの面々。誰もコートを着ていない。
つまらない意地と世間から逸脱したくないという日和見主義。それに実際、東京に着くと、そんなに寒くない。

そんな筆者を救ったのは、収納ボックスにあった。
そう、ポールスミスのマフラーだ。

かさばらないし、暖かい。
スーツにマフラーって若い感じがしてちょっと恥ずかしいと思ったものだが、なるほど、理にかなった組み合わせだとも思う。
posted by ヌルカン at 21:38 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月08日

僕の7日間戦争

なんだか最近、ブログ周りでもおめでたい話題が多くて、筆者も陰ながら喜んでいる次第なのだが、私のお腹の中にも、新しい生命がいることが判明しました!

ピロリ菌が。

もうね、おじさん動じない。そんな愉快な響きの菌には動じませんよ。
だいたい最近流行らないんだよね、菌とか。いじめっ子の小学生だって言わない。いじめ、ダメ、絶対。

ともかく健康診断の結果を聞きに今日病院に行ったんだ。
そしたらお医者さんが一言

「いますね。」

お前は霊能力者かと。宜保さんかと。アパート契約するときに部屋を見てそんなこと言われたらおじさん許しませんよ。まあ幽霊でもピロリ菌でもいたら困ることには違いないんだけど。

そんなわけですごい量の錠剤を貰いました。いわゆる除菌をするそうです。
1回7錠、朝と夜に2回。それを7日間。
お腹が弱いヒトはまず間違いなくお腹壊すってのがちょっと怖いですね。通勤電車でスパークリングだけは避けたいところ。
あと味覚障害も起こる可能性があるらしいんだけど、これは心配してません。元から食べ物の味がよくわかってません。

唯一の救いといえば、ピロリ菌の別名、ヘリコバクター・ピロリ。
ちょっと響きがかっこいいってこと。
ヘリコバクター・ピロリとか、アンドレア・ピルロとちょっと似てる。ピルロごめん。

空を自由に飛びたいなー、はい!ヘリコバクター!!
posted by ヌルカン at 23:41 | ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月06日

オレモラル

ただいまお酒を飲んだ状態でPCの前に座っております。
今日は会社の飲み会。これは以前から決まっていたこと。

なので今日の朝は自転車で駅まで向かおうと思っていたらあいにくの雨。
仕方ないのでいつもどおりクルマで駅まで行ったさ。

そして夜はビールを飲んだね。
飲み会の前には思うんですよ。今日の飲み会、コップ一杯だけにしておけば、クルマで帰れるなと。
電車で1時間も揺られるんだからビール一杯くらいは普通に抜けてるんじゃなかろうかと。

まあ結局何杯飲んだか覚えていない。多分4杯か5杯。気持ちよく酔える量。

そして電車で居眠りしつつ考える。クルマで帰ろうか否かと。
人間というのはことごとく自分に甘い生き物だなということを自分のバディをもって実感する。

結局タクシーで帰りました。
こんなとき大事なのは最悪の状況をイメージできる想像力。
ここでもしアレがナニしたらオレの残りの人生かなりソレになる。

困っていた老人を助けたわけでもないのに、かなりいいことをした気になっている酔っぱらい一人。
明日は自転車で出勤するので5分早く出発しなくてはいけませんが、それもまたよろし。
posted by ヌルカン at 22:51 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月02日

神様のレシピ

「重力ピエロ」を読み終えて、筆者の中の一つのものにハマる熱が再燃。
まずは新潮文庫つながりってことでオーデュボン読んでラッシュライフへ。今ここ。

もうすぐ読み終わりそうなので、本屋を回って4冊ほど伊坂作品を購入。
とりあえず全作品読もうと思う。

いろいろサイトを見てみると、村上春樹の影響がどうのとかよく見かけるが、残念ながら筆者は村上春樹を読んだことがない。
そんなわけで今一番サイコーに好きな小説家は伊坂さんなのである。

全然話は変わるが、買って初めて履く靴下。アレを脱ぐと、足がすごい靴下のカスだらけになっている。
歩くとカーペットにカスが付いて憂鬱になる。

そして風呂に入るときに、シャワーで足を流さずに湯船に入ってしまう。
足の平に付いていたカスが湯船に浮かぶ。そして体を沈めて溢れ出るお湯と一緒にカスも流れ出る。

30代独身の冴えない独り暮らしだが、靴下のカスを流さずに湯船に入る自由を享受できる身分と考えることもできる。
もっと簡単な例えを挙げるなら、トイレのドアを開けっ放しで用を足すような。
同居人がいてもそれを実践している方がいたら、もう完全に感服なわけだが。

つまりモノの定義というのは、反対側から見れば完全に逆転するということ。

セーラー服とブレザーぐらい、遠くて近い表裏一体。
posted by ヌルカン at 23:21 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。