2007年12月30日

体積と位置の関係

友人との会話を引用するのは、ましてその友人がブログを書くというのもあってちょっと心苦しいのだけれど。
この話題だけは、文章として書き留めておこうと思ったのだ。

男同士いくら解り合えたと思っていても、どうしたって相容れない要素というのはあるわけで。
そしてそれが、女性の胸の大きさの好みの違いであることに、議論をはさむ余地などあるはずもないだろう。

雑誌などを見ると、体積の大きいほうを好む男性のほうが大多数であるように書かれていることが多いが、その逆を激しく好む層だって少なからず存在することはその友人との議論で明らかである。

そして議論は次第に熱を帯びていき、体積の量の優劣にとどまらず、いわゆる「状態」にまで切り込んでいく。その対象が起きている状態なのかそれとも寝ている状態なのか。自分はその対象と対峙しているのか、はたまた後ろに位置しているのか。

その友人は質量の小さいほうを好む側の人間であるのだが、そのとき興味深い話をしていた。
その対象と正面から対峙したときは、自分の嗜好に変化が生じることは無いのだが、後ろから臨んだときに、その嗜好に変化が生じたと。つまりデカいのがアリになったということである。微から巨への華麗なるスウィッチング。

さほど興味がなかったものが、突然に輝きを放ってくる。

つまりオッサンの必携マンガ「孤独のグルメ」から引用するならば、

おつまみが「おかずとして立ち上がってくる」というわけだ。我ながら素晴らしい引用であると思うが如何だろうか。

ちなみに筆者の好みは中庸である。30を過ぎて贅沢なことを言っていられない昨今、体積の違いくらいはフレキシブルに対応していきたい。そしてできることならば、ヒザの裏側で違いを見いだしていきたいと思っている。

posted by ヌルカン at 11:17 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月27日

リアル

リアルの7巻を買って読んだ。

この感じ。この感じが味わえることを作者に感謝しないといかんな。
また、スラムダンクの興奮が味わえる幸せ。

スラムダンクの続きを書くとか井上先生言ってたけど、案外これのことかもしれないね。
posted by ヌルカン at 23:01 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月24日

音声配信!

ケツメイシの新曲のPV見た?「聖なる夜に」の。
キャバさんに恋する話。で、最後はイルミネーションなツリーの下でハッピーエンド的な。
アレはヤバい。あんな素敵に行くわけないです。
でも、大好きです。行きたくなりました。

それはいいとして、音声配信始めました。
やろうやろうと思ってたんだけど、やり方がいまいち分からなくて。
そんなわけで、よりによって今日一念発起。

ここに載せるのはあまりにも恥ずかしいので、別にブログを立てました。多分聴いてて辛いと思うんで、精神的に余裕があるときがいいと思います。

■ヌルカンの独り言(仮)

posted by ヌルカン at 16:21 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月23日

自戒カレー

先週は飲んでばかりいました。
お金もたくさん使ったし、割と激動の1週間であった。

洗濯モノを見ると、ワイシャツがいつもに比べて少ないの。
なぜかって?飲んだあとそのまま東京に泊まってそのまま仕事に行ってたからさ!

そんなわけで、休日は自戒の意味を込めつつ自炊をする。
お金をたくさん使ったのでちょっと倹約しないとね。

ところでカレーってたくさん作ってしまうんだけど。
この季節は冷蔵庫の冷蔵部分に保存するんですよ。

で、次の日も当然カレーを食べるから火にかけて温めるよね。
でもそのまま火にかけるとコゲやすいからちょっと水を加えるじゃん?オレは加える。
だいたいオタマに1杯分くらいの水を入れてる。

で、ご飯にカレーをかけて食べるんだけど、だいたいオタマ1杯分くらいの量なんですよ。

これって最初に入れた水とほぼ同じ量なんだよね。
つまり、永久に減らないってことじゃないですか。
いくらカレー好きでも死ぬまでカレーはちょっとなあ。やっべ困った。

皆さんもそんなこと思ったことありませんか?

え、ない?あー、そう。

夢がないヒトとか言われたことないかい?
posted by ヌルカン at 20:58 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月18日

ゴッド・オブ・ウォー2

PS2ソフト、ゴッド・オブ・ウォー2を購入した。

相変わらず面白い。
前作は最高難易度モードのラスボスでギブアップした苦い思い出。

こんなに面白いゲームなのに、知名度はビックリするほど低い。
かくいう筆者も、よそ様のブログでその存在をしったぐらい。

カプコンは、鬼武者と同じくらい、もっというなら、筆者が女性の最近のスカートを見てなんかちょうちんブルマみたいだなぁ、でも、アリだよなあと思うのと同じくらい、このゲームに力を入れていい。

血が若干多めなのを除けば、アクションゲームとしてほぼ完璧だと思う。

ああ、一つだけあった。
やっぱ女性は欧米ダイナマイトより和風な細みが好みかなって。

posted by ヌルカン at 21:22 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月13日

シェイブ

今ナンバー読んでるんだけどさ、Jリーグ特集号。

んでガンバ大阪の播戸選手が出てるんだよ。
彼かっこいいよね。おしゃれBOYSが多いJリーガーの中であの坊主頭は逆にアリじゃない?
無骨というかボクトツというか。サムライって言葉が似合うんだよね。

そしたらさ、その播戸選手がスネ毛剃ってるんだよ。ナンバー誌上で。
「勝負は身だしなみから始まってる」とか言って。
「海外ではもはや当たり前になっている」外国人はみんなスネ毛剃ってるんだって。

そんなJリーガーの希望を実現したのが、ナショナルボディシェーバー「ES2261」。
これ1台で「刈る」「剃る」「整える」の3つの機能が付いてるんだって。だからツルツルにしたり薄くしたり自在らしいよ。


あの播戸選手がいいって言ってんだから、オレもやっぱスネ毛剃ったほうがいいのかなあ?
posted by ヌルカン at 22:08 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月11日

聖なる夜は静かにふける

街はクリスマスを間近に控えて、少しずつ華やかさを増しているようだ。
そして、それについていけない僕はコートのポケットに手を入れて、下を向いて歩く。

だいぶ歩いたようだ。顔を上げて、街を見渡す。
僕はやっと気が付いた。この街だけはクリスマスが来ても、関係ない。聖なる夜を迎え入れない。

その街の名は、秋葉原。

電子部品と、アニメと、メイド服が支配する街。
いつも浮かれた街だから、クリスマスがつけいる余地がない。せいぜい安売りするぐらいだ。

少し、この街が好きになった。
posted by ヌルカン at 23:40 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月10日

反省だけなら猿でもできる

実は先週また飲み過ぎちゃって。

朝起きたら部屋に身に覚えのない指定ゴミ袋。どうやらタクシーの運ちゃんが心配して渡してくれたらしい。

朝起きたら手首に違和感。腕時計をしたまま眠ってたらしい。

朝起きたら手の甲に無数の擦り傷。どうやら転んだらしい。実はちょっと覚えてる。ショックなのはポールスミスのコートの至る所に土。横綱にも土。一生懸命ブラシでこする。

でも本当に怖いことは飲み過ぎて記憶を無くすことじゃなくて。

いろんなヒトに迷惑をかけても、多くのバカをしでかしても、余り反省する気持ちがわいてこないことが怖いんだ。

もう日本酒は一生飲まないことをここに宣誓。ああ、ビールは飲みます。ビールぐらい好きに飲ませてよ。
posted by ヌルカン at 22:42 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月10日

洗濯物

ユニクロのタイツが割りといい感じなので、もう3本ばかり買うことにした。
これで全部で5本。週の途中で洗濯をせずとも、一週間通しで履くことができる。
まあそんなに暖かいというわけでもないのだが、少なくとも履いてないよりは間違いなく寒くないといった感じ。

タイツを洗濯ネットに入れて洗う。
そして洗濯バサミに5本のタイツをぶら下げる。
最後にベランダに干す。

これは・・・

どう見てもストッキングをベランダに干しているうら若き乙女のアパート。
下着ドロに会っても文句は言えなさそうだ。

いや、こうも考えられる。

筆者のアパートに女性が一緒に生活していると勘違いされるかもしれない。
ウチの近所の近くを、犬の散歩をしている若い女性。
例えばこの女性がもし、筆者に想いを寄せていたりしたら・・・!

ベランダに干されているタイツを見て、女性と同棲しているのかと身を引いてしまうかもしれない。
ユニクロのお陰で、数少ないチャンスをみすみす逃してしまう。

やはりタイツは部屋干しにしたほうが良さそうだ。
そう、ヒトはあらゆる状況を想定して行動しなくてはいけない。
posted by ヌルカン at 00:09 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月09日

スキンケア

最近お肌の調子がヤバい。
エアコンをかけたり、ちょっと歩いたり、ご飯を食べたりすると体中が痒くなる。
つまりガサガサに乾燥した肌に、汗が染みるのだろう。
普段はエアコンと電気カーペットの併用で割と快適なのだが、案の定痒くなりだして体中ボリボリかいてる。風呂入るとき鏡を見ると体中赤くなっててそりゃキモいことになってる。

というわけで、スキンケアを真面目に考えることにした。

まず風呂場で使うボディソープ。
これを「さっぱり」から「しっとり」にチェンジした。それにしても微妙な表現でよくわからない。そのせいかあまり違いを感じられなかった。

次に入浴剤を導入した。
ビオレのバスミルク。一番売れてそうだったからこれにした。
湯船が白くにごってなんともエロい感じに。これはなかなかいい。

最後にスキンケアクリームを購入。
薬局でいろいろ吟味して買えばよかったのだが、時間が合わず近所のスーパーに置いてあったニベアソフト。

これが意外に、塗り味が最高に気持ちいい。
マジで肌に染みこむ感じ。塗った後はプルンプルン。
ニベアソフト初めて買ったけどマジ侮れない。

こんな感じでいろいろやってみたら痒いの直りました!
ミッションコンプリート。今回も金で解決、約1000円なり。
posted by ヌルカン at 02:36 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月04日

タイツ

ユニクロのアレを買った。黒いタイツ。
テレビは朝のNHKしか見ないのでよくわからないが、CMもけっこうな話題みたいである。

さっそく履いて仕事に行ったのだが、なるほどこれは暖かい。
朝出るときはまだ日の出前のクルマの窓も凍る状態だけに、これは助かる。
ウォームビズへの対応なのか、えらい寒い仕事場でも然りだ。

だが、問題点もいくつか見えてきたのも事実。

まずタイツのうえにスーツのズボンを履くので、ズボンを履いている感覚が掴みづらいというのがある。
だから、もし社会の窓(この表現を21世紀になってまだ使うのもどうかと思うが)が全開でも気が付きにくいのではないだろうか。
挙げ句の果てには、タイツを履いたのに満足して、ズボンを履き忘れて仕事に行ってしまうかもしれない

そしてもう一つが、タイツを履いた自分の姿を鏡で見たとき。
鏡に映る、黒い布に覆われた自分の足が、なんだか自分の足ではないように思えてくる。
これで短パンでもはいたら普通に女性の足だよな、と思ったりする。

そう、誰もいない部屋でも女装をしない強い精神。
この心構えを持たないと、タイツの防寒具たる意義がぼやけてしまう。

お前は寒いから履くのか、それとも女装がしたいだけなのか、いったいどっちなんだ?


今度カラータイツもチェックしておくか。
posted by ヌルカン at 22:54 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月02日

伊坂週間

「重力ピエロ」理想の家族。
「オーデュボンの祈り」最期の痛快さは半端じゃない。
「ラッシュライフ」最初から最後まで静かな緊張感。
「アヒルと鴨のコインロッカー」終盤の展開には度肝を抜かれた。
「チルドレン」登場人物が同じな短編集。盲目の彼が格好よすぎ。
「陽気なギャングが地球を回す」読み味は一番軽め。ある意味一番ファンタジー。
「グラスホッパー」魅力的な悪人ばかり。

とりあえず、ここまで読んだ。文庫本で見つけたものはこれで全部だ。

伊坂作品は、どうやらジャンルで言うとミステリーに分類されるらしい。これがちょっと違和感があって。筆者の中でミステリーといったら、不思議なもの、霊的なもの。

これは子供のころに見た「ミステリーゾーン」の影響なのは間違いない。

どの作品も読み終わった直後に、「これが一番面白い」と思えるのは、やっぱりいい作品なんだろうと思う。

「魔王」
「週末のフール」
「砂漠」

あと残っているストック。
ついにハードカバーに手を出してしまった。

カバンが重くなるのが悩ましい。

posted by ヌルカン at 21:20 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月01日

使わないフレーズ

人生を重ねていくと、様々なフレーズを覚えていくわけだが、絶対に使わない言葉も当然あると思う。ちょっと例を出してみよう。

「君の笑顔は、11月の筑波山のようにキレイだ」

11月の筑波山が比喩に出すほどキレイなのかは置いといて、この類のフレーズは筆者の人生の中にはまだ登場していない。でもお酒の力を借りるなどすれば、もしかしたら口から出てくるかもしれない。

それでも、どうしたって絶対に使わないフレーズというものは存在する。ここからは、あくまで筆者に限っての話。

「久しぶりに暴れてえなあ」

これは使わない。今までこの言葉を使ったことはないし、これからも間違いなく使わないと断言できる。だいいち、久しぶりもなにも暴れたことがない。ひっそりと生きてきた我が人生。

「こんなんじゃ全然暴れたりねえよ」

だから暴れてないって。赤ん坊の頃までさかのぼれば、或いは暴れていたかもしれないが、赤ん坊の時分にこんなセリフを吐いたら、親がショックを受けて暴れてしまうかもしれない。

お酒を飲み過ぎて、口から濃塩酸を吐いて周りに迷惑をかけることがあるが、これを「暴れる」と定義するのは勘弁してほしい。そんなときもできるかぎり割とひっそりと済ましている。
posted by ヌルカン at 19:51 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。