2008年09月30日

車検

車検を通したヌルカンの平成9年式ミニ・メイフェア。

プラグコードが1本死んでいたりエアクーナーが役目をしてなかったり。それでも割と上出来。以前高速を走っているときにブレーキが床まで付いたときはマジビビッた。

なんだかアクセルペダルがとても軽くなったような気がする。代車のアルトに比べてかな。

でもブレーキペダルは間違いなくクソ重い。体感的には2ミリしか踏めてない感じ。

プラグを替えてエアクリーナーも替えて。確実に車検前より速くなってる。10年乗っててもエンジンは絶好調だし、40歳くらいまでは乗っててもいいかなと今は思っている。

車検の前後でここまで劇的に変わるクルマってのもなかなかいい。
posted by ヌルカン at 21:36 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月29日

レジ袋

やばい入山法子が超かわいい。眉毛がデフォルトでハの字ってのがいい。

行きつけのスーパーも、ついにレジ袋が有料になった。

でもまあ、いいことだと思うよ。お金を払うのがイヤなヒトはエコバッグを持ち歩き、その分資源が減らずに済む。レジ袋を買ったら買ったで、その金で木でも植えてくれたらいい。エコバッグを持ってるヒトと持ってないヒトが公平になった感じがするね。

かく言う私も、エコバッグていうか布製のトートをスーパーに持って行くようになりましたよ。東京ドームに日ハム戦を観に行ったときにくれたヤツ。でもあのトートって最初はなんだか気恥ずかしいね。まるで初めて明るい時間にデートした感じじゃないですか。わけわかんないですかそうですか。

いつもはクルマの中に置いてあるんですトート。仕事の帰りにスーパーで買い物を済ませて、トートに卵とかコーラとか刺身とか入れてアパートに帰りましょう。んでトートから冷蔵庫にモノを移すじゃないですか。刺身を食べながら秋味とか飲みつついい気分で就寝ですよ。

でもね、次の日の朝トートをクルマに戻すのをよく忘れるんだよね。そんな習慣今まで無いし。だからその日はレジ袋を買うしかない。さすがに卵とか刺身を両手に抱えてクルマまで歩く勇気は無いし。

結局2日か3日に1回はレジ袋を買ってる現状。

つまりアレなんです。レジ袋を作っている工場の中のヒトの生活まで考えているのですよ私ぐらいになると。
posted by ヌルカン at 23:38 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月28日

朝と夕方

朝起きて外を見ると、抜けるような青空だった場合。今日も1日頑張ろうと、素直にそう思える。でもそんな気分に水を差す、朝のニュースのお天気コーナー。なんだか午後からところによって雨が降るとか。

人間てのは不思議なもので、いい天気の中で、やがて雨が降るということをなかなかイメージすることができない。1年中晴れているわけでもないのに。だからヒトは、傘を持っていかなかったり、構わずベランダに布団を干して、残念な結果になったりするんだ。

もう一つ、お昼に外で食事をして、家に帰る途中のついでに夕食の食材を買う行為。これができない。
満腹の状態で、夕食を食べるイメージが浮かばない。だから食材を買うことができない。何時間かすれば間違いなくお腹は空くのに。それで結局、夕方になってもう1回スーパーに行くハメになる。夕方のスーパーは激混みで、駐車場もすごく遠いところしか空いてない。

そういうことありますよね。私だけじゃないですよね。

まあアレなのだ。夕方雨が降って傘がなかったら、コンビニで傘を買えばいい。そう、金で解決できる。夕方に食材を買いに行くことは、アパートに引きこもりがちな私にはちょうどいい外出かもしれない。ガソリン代など安いものだ。

つまり計画性のないアナタに必要なもの、それは金だってことです。
posted by ヌルカン at 23:06 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月27日

トイレパンク

世の中には実にいろいろな商売があるわけで。

衣食住に関することは生きていく為には割と重要なので、比較的みんな躊躇なくお金を払うだろう。

でもそれだけでは人生が味気ないわけで、趣味にお金を払うことになる。楽器を買ったりゲームを買ったり。釣り竿などは趣味と実益を兼ねていると言える。

また、音楽CDを買うということは、そのアーティストの才能にお金を払う行為と言えるだろうか。音楽や絵画、映画鑑賞などはそれに該当すると思う。

それは提供する側が優れた作品を創作し、また買う側がその才能に共感しなくては、そこに商売は発生しない。そして優れた作品を創作する人間は本当に数が少ないわけで、そういった人間には多くのお金が入ってくるのだろう。

ところで私が長野で宿泊していた民宿のトイレに貼ってあった張り紙。

「急ぐとも 心静かにてをそえて 外に洩らすな 松茸の露」

オーケー。超ヤバい。なんかすごくキレイなうえにウマイ。トイレの中で誰がウマイこと言えと言ったと。

こんな、誰が買うかわからない張り紙に見たあふれる才能。トイレ的にはあふれちゃダメなんだけど。

このコピーを考えたヒトにはすごいパンクを感じるし、こんな張り紙を貼っている民宿にも同じくパンクを感じずにはいられないのだ。
posted by ヌルカン at 23:48 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月27日

長野出張

ちょっと長野県まで出張に行ってました。
山の上に設置されている機材を撤収する作業の手伝いに行ったんだけどこれがきつくてきつくて。道とかあってないようなものだし何より機材が重い。背負った途端にヒザがプルプル。後で聞いたら20キロもないって話なんだけどオレには相当危険なレベルなわけで。滑落するイメージがすごくリアルに浮かんだのは人生初めて。

そういえば、山の事故というのは8割が下りで起きているってディスカバリーチャンネルでやってたのを思い出す。エベレストのヤツ。他のみんながスタスタ降りていくところを、オレは後ろ向きで文字通り這いつくばって降りていく。不細工でもいい、無事に降りるのが大切だってティムも言ってたっけ。

そんなことを3回繰り返して作業は終了。大事がなくて本当よかったですよ。作業は木曜日に行ったんだけど、土曜日の今でもスゴイ筋肉痛。

3日間を男3人で過ごした反動で、なんだか女っ気が欲しくなって久しぶりに飲みに行った。女性とお話するのは、本当に楽しい。なんだかいろいろ間違っている気がしないでもないが、それはそれでアリかなと。

あと、オレはもうちょっと体を鍛えたほうがいいと思いました。
posted by ヌルカン at 22:13 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月24日

ブラックアウト

あれからストIV関連のWIKIとか掲示板とか見まくってる。ちょっとヤバい。
仕事の帰りに秋葉原のゲーセンあたりちょっと寄ってみるかな。

Comment=
パルプンテ


そういえば昔ドラクエをやっててパルプンテを唱えたんですよ。いや、リアルで唱えたとかじゃなくて、ゲームの中で。
そしたら画面が暗転しちゃってそれっきり。セーブデータからそこまでがパー。

あれってやっぱり偶然だったのかな。いくら何が起こるかわからない呪文つったってゲーム自体を止めるってことはないと思うんだが。みなさんはそんな経験ないですかね。
それ以来遊び以外ではパルプンテは封印してたね。恐くて唱えられないもの。いや、リアルで唱えるとかじゃくてゲームの中でね。

そんなわけで私の中でパルプンテは、マジ滅びの呪文認定なのです。
posted by ヌルカン at 00:49 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | メール返信 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月23日

昼寝

昼休みは寝ている。昼休みに30分ぐらい眠らないと、午後の仕事が眠くて仕方がないのだ。

今は国を挙げてのCO2削減てことで、昼休み中は灯りを消して部屋が暗いのがかなりの安眠ポイントだ。
だがまだ足りない。机に突っ伏して寝ているのだが、イスの位置が高いのか机の位置が低いのかちょっと具合が悪い。

具体的に言うと、まず前屈みが強く内蔵が圧迫されているような気がする。寝ている間にゲップが出る。これはいかにも体によくなさそうだ。
次に、自分の腕をマクラに寝ているので、ぶっちゃけ暑い。起きたら腕も額も汗だくってことがよくある。

そんなオレ様が気になっているアイテムがこれとかこれ

ちょっと良さそうじゃないですか?

こっちはちょっとビジュアル的に横溝正史チックで周りの人がおびえそうなので、見た目にもカワイイこっちのほうがいいだろうか。

ちょっとうつぶせ寝

聞こえるごろ寝まくら
posted by ヌルカン at 10:38 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月21日

ストIVプレイ

友人に誘われて、初めてストリートファイターIVをプレイ。
つくば市のピンクパンサーというお店。

ゲーセンではストUX以来のスト系シリーズのプレイなので、実に10年ぶりくらいか。
これでも昔はザンギエフ使わせたらまあまあのレベルだったのだ。毎週土曜日は朝までやりこんでたし。IVにもザンギがいるので喜んでチョイス。

結果的には1勝もできず。さすがに初見で勝たせてくれるほど甘くはないらしい。みなさんとてもお強い。
でも、実は、ここだけの話、とても悔しかったんだ。これだけ悔しいってことは、けっこう自分に合ってるってことなんだろうな。

こうなったらカード買ってしまおうかとか。いや、よしんば昔より自由になるお金が多いだけにそんなことしたら間違いなくサルになる。人生に対してかける時間の比率が大きすぎる。
そういう実にならないことに金をかけることが決してキライじゃないだけに始末が悪い。

ここは負けたときの言い訳を鍛えることで自尊心を保っていこうと思う。

■負けたときの言い訳大辞典@格ゲー (ゲーム板見るよ!)
posted by ヌルカン at 21:31 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月20日

満喫と松屋

久しぶりに朝まで飲んだ。朝5時までやってるお店で閉店まで。

すでに明るくなった街をフラフラになりながらお決まりのマンガ喫茶に。5時間パックでお休みなさい。暖かいココアが体に染みる。

で、ここで問題なのは地元で飲んだのに漫画喫茶ってことだ。家からクルマで15分くらいのところに飲みに行って結局マンガ喫茶。でもそのほうが安いんだよね。タクシーの往復代より、漫画喫茶で9時間いたほうが安い。

でも普通はそんな計算はしないんだろうな。タクシーで帰ってでも自分の布団で眠りたいのは間違いなく真理。それが普通。

だがしかし、朝クルマで帰る途中に松屋に寄って、カレー野菜セットの大盛りを注文。こいつが心の一番奥にキックを入れてくれるのもまた事実。

だから漫画喫茶はやめられない。松屋のカレーはうまい。
posted by ヌルカン at 20:36 | 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月18日

僕もいっしょに言うよ

Comment=
>バルス!


どこのだれかはわかりませんがアナタ、ようくわかってらっしゃる。
滅びの呪文といったらバルスだろうが、って孤独のグルメの五郎さんも言ってますよ。うおォんですよ。

せっかく私がメールフォームに滅びの呪文て書いてるのに、みんなバルスを送ってこないんですよ。どんだけシャイなんだよまったくもう。
ていうか最近のメールフォームは全文英語のスパムメールばっかりでしたよ。なにここ異国?とんでイスタンブール?探さないのがルール?

そんなわけで、久しぶりの日本語のメールに狂喜です。メールを送ってくれれば余程の私信や、公開すると今の政府が転覆する秘密じゃないかぎりリアクションします。

うちのネタの水瓶は枯渇寸前です。なりふりなんか構ってられません。
posted by ヌルカン at 21:23 | ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | メール返信 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月17日

long life

内気でお人好しでやたら気の長い男が人生を賭けた計画とは?

「長生き。」

男には好きな女がいた。だが女には恋人がいた。そしてそれはとても幸せそうだったんだ。男の出る幕はこれっぽっちもない。それでも諦めきれない男が計画を立てた。それはなんと、女の恋人が大往生するまで待つこと。そしてフリーになった彼女に告白することだ。ここに長生きを唯一の目的にした男が誕生した。急がば回れにも程があるぞ!

規則正しい生活。バランスの取れた食事。適度な運動。それもこれも長生きするためだ。豊かな生活を少しでも長く過ごすための長生きではない。ただ1歳でも多く生きるための長生きなのだ。ちなみに女が恋人より早く死ぬことはあり得ない。だって女性は男性よりも統計学的に長生きだから。もちろん男はその統計を疑うはずもない。そして奇蹟は起こった。女の恋人は人生を全うして幸せに死に、女は一人になった。さあ、ちゃんとまだ生きてる男の出番だ。

しかしちょっと誤算だったのは、女の恋人が100まで生きたことだ。そのとき女は100歳。男も100歳。

男女に残された時間は、おそらくもうわずかだ。しかし長生きだけを目的にした男は女性経験が皆無、そもそも告白する方法が分からない!

さあ二人の行き着く先は!?


なんて話を思いついたので、映画の予告編ぽく書いてみた。思いつきのわりにはちょっといいかも。
posted by ヌルカン at 22:37 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月16日

プープーテレビ

昨日は早い時間にブログをエントリーできたので、それからは安心してずっとネットしてたよ。
デイリーポータルZのプープーテレビがそれはそれは面白くて、第1回からずーっと見てた。
1分くらいの動画なんだけど、よくもここまで天才が集まったなって感じ。

特に動画でよく出てくる安藤さん。オレは沖縄で安藤さんのお店に行ってちょっとお話したことを、一生の自慢にしていくよってぐらい面白い。

泣くほど笑える。

■ノー言語でチャレンジ
posted by ヌルカン at 23:09 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月15日

その名はD

ちょっと旬をハズした話で申し訳ないんだけど、オリンピックの話題。

女子レスリングの72キロ級で銅メダルを取った浜口京子さん。表彰式のときの清々しい表情が印象的でしたね。でもなんといっても浜口京子さんといえば、父親のアニマル浜口さんを取り上げないわけにはいかないでしょう。

アニマル浜口さんといえば、「気合いだー!」の掛け声でお馴染みです。浜口京子さんが実力者というのもあってマスコミに多く取り上げられ、そのうえアニマルさんも必ずといっていいほどセットでテレビ等に多く露出するので、今じゃ日本で例のフレーズを知らないヒトはほとんどいないんじゃないでしょうか。

でもあまりにも露出が多くて、正直ちょっと飽き飽きしている方もまた多いと思います。

そこで私は考えました。「気合いだー」に変えて「気合いD(ディー)」というのはどうだろうかと。

字面で見ると「気合いd(ry」みたいな感じですけど、ここでは実際に音に出したときのグルーヴ感に注目していただきたい。「だー」を「D」にするだけでかなりヒップホップ感というかB-BOY感が増す感じがします。これなら今の若者にも抵抗なく受け入れられるはずです。もしかしたらちょっとしたムーブメントが巻き起こるかも。

いっそのことロゴ変えて「KIAI−D」なんて超クールかもしれません。なんかそんな3MC&1DJグループがいてもおかしくないような気がしてきました。

いやーよかったよかった。じゃ今週も頑張りましょう!!
posted by ヌルカン at 12:51 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月13日

ニーヨ

Ne-Yo(ニーヨ)というミュージシャンがとても流行っていますね。

それじゃさっそく、Ne-Yoさんにインタヴューしてみましょう。

「やあNe-Yoさん、最近飛ぶ鳥を落とす勢いですね!もう向かうところ敵なしって感じじゃないですか?」

「はっはっは、そんなことNe-Yo!!」

 ◇ ◇ ◇

ここで読者に問いたいのは、ダジャレのレベルではない。

このレベルのダジャレを臆面も無くブログにエントリーできる、私の心の強さを皆様には買ってほしい。
posted by ヌルカン at 22:06 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月11日

連射

少年時代は、2種類のタイプしかいない。「運動のできるヤツと、運動のできないヤツ」だ。そしてそれは、そっくり「モテるやつと、そんなでもないヤツ」に置き換えることができる。

このブログでは、当然ながら後者の「そんなでもないヤツ」について書いていくわけだが、悲しいかなヤツらは自分がそのカテゴリーの中でどの辺の位置にいるのか順位を付けたがるんだ。驚くべきことに、その順位付けをフィジカル的な要素に頼る場合がある。運動が苦手にも関わらずだ。

そう、「連射」によってである。

1秒間に何回ボタンを押すことができるのか。その回数がそのままヒエラルキーの順位になることが、子供社会では普通に起こり得る。指先に限界まで力をこめると、肘からさきの筋肉が痙攣を起こす。その痙攣を利用してボタンを連射するのが、いわゆる「痙攣打ち」というものだ。あるいは人差し指と中指を交互にそれぞれ2つのボタンを連射する「ピアノ打ち」。

1発でも多く打つために、そしてヒエラルキーの頂点を目指して、少年達は研鑽を積んでいった。ここで注意したいのは、いくら連射が早くなっても、モテるヤツの中に入れるわけではないということだ。来る日も来る日もシュウォッチに向かって指を叩きつける者達を女子はこう思っていただろう。「キモい」と。それでも連射を止めるわけにはいかない。それが彼らの存在証明なのだから。

興味深いのが、運動のできるヤツが連射に興味をもってやってみても、必ずしも運動のできないヤツに勝てるとは限らないことだ。努力が才能を上回った瞬間。奇妙な逆転現象。でも運動のできるヤツはだいたい性格もよかったりするわけで、自分より連射の早いヤツに素直に尊敬の眼差しを向けたりするんだ。その屈託のない態度に戸惑う連射バカ。結局モテるやつはますますモテる。

それでも連射マンは連射をするしかない。それが彼らの存在証明。ああラリオス・ジムダステギ。
posted by ヌルカン at 22:02 | ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月09日

剃毛

年に1度の恒例行事、CTスキャンを撮ってきました。

結果は全然問題ナシだって。そして来年の春で祝☆5周年だそうで。この5年ていうのがこの世界じゃけっこう重要な基準で、5年を過ぎれば割と大丈夫とされてるみたい。それはそれで逆に一抹の寂しさを感じてみたり。大事なアビリティが一つ無くなってしまったような。アビリティ「入院」を失った!みたいな。

思い返せば、2ヶ月間の入院時代はいい思い出しかなかったね。だってホンモノのナースさんが24時間ウロウロしてて、しかもオレに対して超優しくしてくれるんだぜ?シャバで同じシチュエーションをしようと思ったら果たしていくらかかるか。いや病院だってもちろん金はかかるけど。

確かに多少は痛かったり気持ち悪かったりはあったけど、そんなものは全部自分の中で解決できる些細なことだ。他人に迷惑をかけたり、自分の失態のために他人に責任を取ってもらったりするほうが余程キツい。

まあ入院中に剃毛してもらったり、浣腸してもらったりしたのは看護士さんからしたら迷惑以外の何ものでもないだろうが、ホラ、彼女らは仕事だから。仕方ないですよねウヘヘ。ホントすいません優しくしてくださいグフフ。

それにしてもこの5年間、本当に適当に過ごしてしまった。5年とか全然短くないぞ。こんな展開になるのなら、もっとやるべきことがいろいろあったような気がする。貯金とか。

まー自分らしく生きるのが一番だよね。貯金は来年ぐらいから頑張ります。
posted by ヌルカン at 20:40 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月08日

雑感

青山テルマと南海キャンディーズのしずちゃんてちょっと似てない?と思って検索したら山ほど同じようなのが出てきてちょっとガッカリ。

Greeenの「キセキ」のPVがたまらなく好きだ。特にピッチャーの女の子が好きだ。一言もセリフがないのはやっぱり演技力がアレだからなのかな。その辺も含めて好きだ。

柳沢復帰か?私は今でも彼が一番ウマイと思ってる。ジグザグにスペースに走り込む感じとか実際に見るとホントすごいんだ。

口内炎対策に買ったチョコラBBだが、治ってからもせっかくだから毎日飲んでいる。そしたらなんだが肌の調子がすこぶるいい。朝とか濃厚なオロナミンCが出てくるのに。

なんか急に暑くなってきたね。今風呂上がりで全裸でこれ書いてますよ。これが本当の甲羅干しですよ。

牛乳瓶のフタにヤマト書いていた幼児は下ネタ書いて喜んでるようなオッサンに無事成長しました。
posted by ヌルカン at 22:58 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月07日

フタ

なんだかふと、幼稚園時代を思い出した。

そのときのオレは、牛乳瓶のフタの裏に宇宙戦艦ヤマトを書いたものを他の園児に配ることで自分のレゾン・デートルを見いだしていた。今思えばそれは戦艦ヤマトと呼ぶにはあまりにも稚拙な、先端に穴の開いたウィンナーに潜望鏡がついただけという、そんな説明がしっくりくるガッカリな代物であった。しかし他の園児には意外に評判がよく、昼食のあとにはたくさんの依頼を受けたものだ。なぜそんなガッカリヤマトに人気があったかというと、自分を含め、戦艦ヤマトがどのようなものか詳しく知るものがほとんどいなかったからということであろう。もちろんインターネットで気軽に検索などできない時代である。そんな情報の少なさ、受け手の未成熟さが、オレに束の間の春をもたらした。あのときが、オレの全盛期だったかもしれないなと思った。

牛乳瓶のフタからだってムーブメントは作り出せるってことさ。ロックンロール。
posted by ヌルカン at 23:43 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月06日

メトロの神

昨日は飲み会でした。例によって秋葉原の漫画喫茶でグッドモーニング。

1次会は銀座で。去年まで職場で一緒だったヒトが東京に研修に来てるというので。トイレに行って鼻の穴を掃除しようと思ったのがハプニングの始まり。思いっきり人差し指を突っ込んだんだけど、ちょっとY軸が狂っちゃってね。爪でガリって。そしたらなんかもう、ロマンティックが止まらなくなっちゃって。青い、ハイヒール!って感じで。青じゃなくて赤かったけど。ハンカチを鼻の穴に突っ込んでたらやがて止まったけど、あのときはどうしようかと思ったよマジで。

1次会が割りと早く終わったんで、一人で新宿で軽く飲んで帰宅することに。帰るつっても漫画喫茶にだが。

ここで一つ懺悔しなくてはいけないことがある。電車で秋葉原に向かっているときに、座席に座っている女性がいて、酔っているのかすごい船を漕ぎながら熟睡していた。そして隣には明らかに女性とは他人とわかる男性がいて、その女性に肩を貸していたんだ。他人と推理したのはPSPをやってたから。

やがて男性は電車を降りて、女性のとなりが空席に。

座ってやったよね。正直言うと、彼女の頭を肩に感じたかったから。実は目の前の席も空いてたんだけど、そこに座っても隣は中東系と思われる外国人のヒトだったから。ちょっと離れてても女性に隣に座るほうを選ぶでしょう誰だって。

でもね、彼女の頭は1回もこっちに来なかった。彼女は端の席に座ってたんだけど、ずっと向こう側に寄りかかってた。さっきまでFATな彼に寄りかかってたのになぜ?

これは罰か。下心全開で座ったオレに、神はガッカリという名の試練を与えたもうた。
posted by ヌルカン at 23:27 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年09月04日

人生と登山

ディスカバリーチャンネルのエベレスト登頂、見終わった。いやー感動したよ。6日(土)の夕方4時から3話分まとめて放送するから見てないヒトは要チェックですよ。「岳」の単行本も買おうかなあ。登山モノは面白いものが多いね。

登山で大事なことは、ムリをせずに一定のペースで少しずつ登っていくこと。疲れてもなるべく止まらずに1歩でも前に進んでいくことが大事なんだ。まさに人生と一緒じゃないか。立ち止まらず、かといって急ぎすぎず。そう、山と人生は似ている。

2本目終了

くっ、しまった、ペースが早い!!
posted by ヌルカン at 22:31 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。