2010年01月24日

アンパンマン考察

アンパンマンというスーパーヒーローがいるだろう。

ご存じアンパンマンは頭部が重要な役割を果たしている。お腹が空いて困っているヒトがいれば、自分の頭を食料として提供し、何かの拍子で頭部が水に濡れてふやけてしまえば、アンパンマンのパワーは著しく低下する。そしてジャムおじさんが新しい頭をアンパンマンに届けることができたならば、元気100倍、勇気はりんりん、○○はギンギンなのである。

つまりアンパンマンにとって、頭の部分は動力源というか、バッテリーのようなものであることが先に挙げた事例によって解るだろう。

そのバッテリーは水に弱く、欠損の量に比例してパワーをダウンさせ、ジャムおじさんはパワー100倍のバッテリーを作ることのできる技術者。

そしてこのバッテリーは高性能なことに、目や口といった機能を兼ね備えている。もし頭部がなかったらアンパンマンは目も見えず、言葉を話すこともできない。スーパースターに課せられた、何という過酷な条件だろうか。ジャムおじさんが頭を作ってくれなければ、彼は光も音も感じることは叶わないのだ。

だがこれは私が勝手に作った想像だから、もしかしたら本当は、頭が無くても「メインカメラがやられただけだ!」と胴体部分についている頭部とは違う目で視覚を認識することができるのかもしれない。

口にしても、もしかしたら頭と胴体を繋ぐ部分が、もしかしたら口になっているのかもしれない。アンパンマンが我々と同じ、口から栄養を摂る生き物ならば、首についている口が頭の部分をくわえていることで、絶えず胴体に栄養を送るシステムは理にかなっている。だから頭が無くても、その口の部分でもしかしたら言葉を発することが可能かもしれない。

なんだか書けば書くほどグロテスクであり、アンパンマンに対する冒涜としか思えない。子供達に夢を与える、それ以外の部分に意味を求めて何になるのか。そんな愚かな自分に対する反省を、アンパンマンに対する考察の結論にしたいと思う。

そういえば最近あんパンを食べてないな、明日の朝食はあんパンにしてみようかな、あんパンと牛乳って意外と合うよな、なんてことを夜空を見上げながら想いを巡らす。そしてそんな何気ない想いが、実は大切だったりするのだろう。
posted by ヌルカン at 21:53 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月21日

カツ丼

それにしてもカツ丼て美味いよね。

まあカツに限らず、「タマネギ」があって「卵」がからまってて「出汁」で on the ご飯。この流れが秀逸すぎる。まさに神の配合。考えたのは多分日本人だと思うが、思い切り抱きしめてあげたいよ。

でもお店で食べるカツ丼、残念なことに食べきれた試しがない。すごく美味しいんだけど、食べ終わる前に胸がいっぱいになってしまうのだ。量なのか、それとも油にやられてしまうのか。カツ丼の持つエネルギーを最後まで御しきれない。まあ早い話、途中で気持ち悪くなっちゃうんだろうな。

だからオレは、カツ丼成分をスーパーの惣菜コーナー辺りにあるパックのカツ丼に求める。サクサク感皆無、肉はパサパサ、汁も完全にどこかに吸われている状態だが、それでも方程式的には立派なカツ丼だからして、すごく美味しい。量的にも申し分ない。ペロッといける。オレはカツ丼に過剰な「ごちそう感」は求めてないんだな。

だからオレにとって一番のカツ丼とは、スーパーの惣菜コーナーのカツ丼なのかもしれない。
posted by ヌルカン at 22:05 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月19日

圧倒的閃き(ただし下ネタ)

職場のトイレには洋式が1つに和式が2つあるのだが、いつも洋式ばかりに入ってないで、たまには和式に入るようにしようと思う。

気にしたことは無かったが、和式もけっこう好きである。便座に座ることによる知らないヒトとの間接スキンシップも無いし。

むしろ和式で腰を下ろすあの姿勢は、洋式に比べて厳かな気持ちにはならないか。まるで相撲の四股を踏んだときに感じる気持ち。実は四股を踏んだことはないんだけど。

それでもオレが洋式を好んで選ぶ理由はただ一つ、ウォシュレットが付いているからだ。ウォシュレットに感じるキレイキレイ感にはとても抗えない。

だから思うのは、和式にもウォシュレットを付けてほしいってことだ。

もちろん大きな問題があることはわかっている。大だけに。

問題はウォッシャー水が確実にそのポイントにヒットできるかどうかだ。洋式に比べて着地ポイントに個人差がある和式。かなり精度の高いエイミングが要求されるだろう。

そこでオレは閃いた。

デジカメなどに付いている、顔認識機能だ。あれを応用するのだ。便器に内蔵されているカメラが、アスホールを認識してそこにウォッシャー液をぶちかます。

少なくとも顔よりも認識するのは容易いと思うのだがどうなんだろう。顔ほど個人差はないだろうし。ないよね?え、あるの?マジで?

そりゃそこにすごい入れ墨をしてたり、すごい外科手術してたりする場合は想定外。でもキヤノンさんならきっと何とかしてくれるはず。
posted by ヌルカン at 20:06 | ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月18日

デッドライジングクリアー

XBOX360「デッドライジング」ようやくエンディグA達成。余勢を駆ってOVERTIMEもクリアー。

すごく面白かった。最初は自分が弱いわ難しいわで辛かったけど、ある程度まで強くなると自由度が広がってすごく楽しくなる。レベルがニューゲームにも引き継げるってのがうれしい。おかげで土日ずーっとやってたね。

次世代機の機能を生かしまくったいいゲームだと思う。ゲームのシステムとシナリオがかなり高いレベルで融合しているというか。本当ならたくさんのお客さんであふれているであろう巨大ショッピングモールが、たくさんのゾンビであふれている風景。10や20じゃない、下手すりゃ100や200のゾンビがその辺にところせましと蠢いている。

しかしお客さんがゾンビになったからといって、何が違うのか?ただひたすら消費しつくす人間と、人肉をもとめて徘徊し続けるゾンビと、実は何も変わらないのではないか?そんなアイロニー成分が多分に含まれたテーマをゲームからビンビンに感じる。

しかもボスキャラはみんな狂った人間というところが何とも深い。結局一番たちが悪いのはゾンビよりも人間であるというメッセージ。

深い、深すぎるぜこのゲーム。

クリアーしたんで攻略サイトとか探しまくったんだけど、まとめwikiくらいでほとんど無かったんだよね。あんまり売れなかったのかしら。ちょっと寂しい。まあハード自体もさほど売れてないのかな。

デッドライジングとパックマンCEはハード買ってでもやる価値があるゲームだと思うよ。
posted by ヌルカン at 20:04 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月17日

twitter

満を持して、twitterのアカウントを取得。なんだか流行っているし、なんというか、爆発力がありそうなとこに魅力を感じたのだ。

twitterを始めて、リアルも充実しました!みたいな話もネットでよく見かけるし。マジかよと。それならオレも始めてみましょうと。

しかしアカウントを取ったはいいが、何をしたらいいのかイマイチわからない。つぶやけばいいんだろうけど、一人アパートの部屋の中で何をつぶやけばいいのか。

それでも頑張って、何件かつぶやいてみた。何だか地面から生えている深い穴に向かってつぶやいている気分だ。オレの叫びは誰かに届くのか。フォローもしておくかと、オレの好きなデイリーポータルZのライターの人達を何人かフォロー。何ならこのブログにも貼り付けるか。

とりあえず、やるべきことはやったと思う。一朝一夕でどうなるものでもないのだろう。昔ブログを始めたばかりで、1日6hitくらいだったときの感覚を思い出す。

アカウント名はnurukanman。今後つぶやき続けられるかわかりませんが、よかったらどうぞよろしく。

https://twitter.com/nurukanman
posted by ヌルカン at 22:28 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月16日

水筒

ディスカバリーチャンネルの番組「サバイバルゲーム」のベア・グリルスが使っている水筒がかっこいい。なんというか、軍人とか探検家が使っているようなアレだ。

日本で普通水筒といえば、寸胴な円筒形になると思うのだが、探検家が使う水筒はいつも、球体を押し潰したような胴体に小さなキャップが付いているあの形だ。なぜなのだろう。

多分いろいろな理由があって水筒は形作られていると思うのだが、大事なのは雰囲気である。

普段何気なく飲んでいる水も、あの探検家水筒のなかに入っていると、途端に「貴重な水」に早変わりだ。水筒を巡って殺し合いが始まりそうな「北斗の拳」感がある。

まあ探検どころか家からあまり出ないオレには、必要性はまったくないのであるが。
posted by ヌルカン at 22:59 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月13日

X-BOX日記

デビルメイクライも何とかクリアーしたことだし、大昔に買ったゲーム、X-BOX360の「デッドライジング」にいよいよ取りかかることにした。

このゲーム、でかいショッピングモール内に大量に現れたゾンビを倒しながら、ヘリが迎えに来る72時間後までにその謎に迫るって内容なんだけど、とにかく自由度が高い。スタート地点のヘリポートから一歩も動かなくてもとりあえずエンディングは見られるらしい。一本道のゲームばかりやってきた人間には、この自由度は逆にたまらなく不安をかきたてるわけで。そんなわけで途中で投げ出していたのだ。

今回は慎重に進めて、何とか72時間を生き延びることができた。結局謎はさっぱりわからなかったが。ようやく面白さがわかってきた。今は2週目。多分3,4周は普通にすると思われる。

あと、X-BOXをパソコンのキレイな画面で楽しみたいので、HDMIケーブルを買った。純正は5,000円くらいしてとても買ってられないので、アマゾンで一番安かった1,300円のもので。繋げてみてあまりのキレイさに感動。今までのブラウン管テレビ、ソニーのトリニトロンではよく読めなかった字もクッキリ。X-BOXの性能とやらをオレは今まで知らなかったようだ。

でも弱点があって、ゲームやってる最中はパソコンが使えないという。

そんなわけで、結局今までどおりテレビに繋いでゲームを楽しんでいる。ほら、そんなにキレイな画面じゃなくてもゲームは面白いし。ネットはいつでも見られるようにしたいし。
posted by ヌルカン at 23:49 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月12日

クルマ

もう10年以上ローバーミニに乗っているオレだが、違うクルマに乗ってみたいなーと思うことがたまにある。そして今がそうだ。

あまりクルマの運転操作に自信がないうえに、今のクルマの極小サイズに慣れきっているので、小さいクルマが望ましい。そもそも小さいクルマが好きなのだが。

マニュアルがいい。他人のクルマを運転するときはオートマに限るが、エンストしても怒られない自分のクルマくらいはマニュアルで乗りたいなと思う。そういえば免許取り立てのころ、オートマレバーのLとRを間違えて、バックしたいのにジワジワ前進して泣きそうになったことがある。ぶっちゃけ前のクルマの鼻先に、かなりソフトにキッスしてしまったことは、今となってはいい青春の思い出だ。

やはりカッコいいクルマがいい。ぶっちゃけていうなら、モテそうなクルマがいい。あいつクルマは動けば何でもいいんだなと思われるのは、ちょっと本意じゃない。少しくらいクルマにこだわりがあるような人間に見られたい。とにかくモテたい。

そんなオレの不純な希望を満たしてくれるのは、やはり外国産に多い。単純に国産はマニュアルが少ないということもあるが。

新しいミニも最近かっこいいと思うようになった。フィアット500も悪くない。でも今一番気になるのは、VWのルポGTIだ。小さいバディに6速ミッション。安心のドイツ産。デザインもカッコイイ。

そんなクルマ達を、ネットの中古車情報で見てはニヤニヤしている。家の近くの中古車屋にあるので見に行こうかなと思っていると、違うサイトでその店の評判が最悪で胸が熱くなったり。

こうやって悩んでいるときが一番楽しいね。別に今のクルマもまだまだ全然乗れるわけだし。
posted by ヌルカン at 23:12 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月11日

味覇

調味料のお話。

インターネットで何だか評判なので、近所のスーパーで味覇(ウェイパー)を買った。250gで700円くらい。デカくて高い。半ネリタイプでカーワックスみたい。量少なくていいからその分安くしてくれてもいいのに。

とりあえず炒飯と野菜炒めに投入。そしたらこれがすごくお店っぽい味に。やたらコクが出るっていうか、店で食べる中華料理っぽくなる。化学調味料感も含めて。でも普通に美味しいし、これはハマりそう。依存性あるよこれ。

この、何にでも「とりあえず入れとけ」っていう感じがヤバい。そんなノリなのに簡単に美味しくなっちゃう。ネットで魔法の調味料ってのもわかる気がする。250gでもすぐなくなっちゃうかもしれない。

でも独身飯に感じるいい意味での「貧乏っぽさ」がこの調味料にはちょっと足りないかな。塩と醤油だけの味付けに感じる安心感というか、そういうワビサビがね、味覇はちょっとゴージャスすぎるっていうか。

明日はちょっと遅めにスーパーに行って、パックの刺身でも食べようかなと思う。

■味覇(ウェイパァー)知ってるやつちょっと来い ワラタノート
posted by ヌルカン at 22:29 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月09日

Somebody to Love

今日クルマを運転していて、ラジオから流れてきた名曲。

Queen の Somebody to Love

この曲を聴きながら、オレはこの歌がめちゃくちゃ大好きだったことを思い出した。

これをカラオケで歌ったら気持ちいいだろうなあ。曲の盛り上がりが尋常じゃない。手を広げればそのまま空を飛べそうな感覚ってのはこの曲を指すね。

でも誰かとカラオケに行ってこれを選曲する度胸はないし、普通にあり得ないと思う。彼女と行ってこんな曲選んでたら帰りのクルマが気マズくて仕方ないだろ。やはり一人カラオケしかないか。カラオケでコーラスの部分がどんな風になっているかが気掛かりだが、オリジナルと同じだったらカナリ熱いね。

♪えーびばでわんさぽびだ〜ん

■SOMEBODY TO LOVE

http://www.youtube.com/watch?v=cxbFLYa0_bw
posted by ヌルカン at 23:37 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月08日

卓上カレンダー

職場で使おうと、卓上カレンダーを買った。

そしたら月曜日が一番左の列にあるバージョンで。

オレはこの月曜始まりのカレンダーがどうしても慣れない。脳内で補正できないほど日曜始まりが頭の中に刷り込まれているから。カレンダーを見ながら書類に入れる曜日も間違いまくりである。

やはり一番左は日曜日であってほしい。

神は世界を6日で作って7日目を休んだらしいが、オレとしては最初の1日を余裕かまして休んでしまった後、大急ぎで世界を作るような神のほうが親しみを感じる。オレが子供の頃の夏休みの宿題もそんな感じだった。

そんなわけで、結局買い直しました。
posted by ヌルカン at 23:47 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月07日

免許更新

茨城県公安委員会から、免許更新の案内が来た。

ついにオレも公安にマークされるような人間になってしまったか・・・と、新宿鮫的な意味で感慨にふけることような真似は、中学2年ではなく37の大人なのですることはない。でも公安て言葉には何とも言えない魅力を感じるのもまた正直な気持ちである。

ところで免許証といえば、一番重要なのが証明写真の出来映えであることに異論を挟む者はいないだろう。

優良運転者であっため、現在の写真は5年前のもの。その前の写真が茶髪だわ二日酔いだわピアスはしてるわで見事なチンピラ受刑者だっただけに、まあそれよりはマシかなと思っている。ただし当時のオレは髪が短く、かつモミアゲが厚めだったので若干サル風味。そんな写真を更新できるチャンスがやっとやってきたというわけだ。

それでなくても今回の免許更新は重要だ。今回の更新も優良区分なので、次の更新は5年後。余裕で40代突入である。

その歳の頃までオレの頭頂部の森林が更地になっていないと誰が言い切れる?中央に「売り地」の看板が刺さってないと言い切れるのかよ?ならばせめて写真の中ぐらいは今の豊かな頭髪の自分を残しておきたいじゃないか。

そんなわけで作戦を立てる必要がある。

もう2ヶ月くらい散髪してないので、今は髪が伸びてしまってだらしない状況。ここは床屋に行ってさっぱりしつつ、免許更新に臨むのが得策だろう。何なら午前中に床屋に行き、その足で直接警察署に行けば、床屋で完璧にセットされた状態で撮影できる。オレの行きつけの床屋の主人はオレの友人でもあるから、免許更新のことを伝えれば張り切ってくれると思う。

だからといってホスト情報誌の店員紹介みたいになっても困る。そしたら名前をヌルカンから「翔」に変えないといけない。悪ノリが過ぎてもよくない。

とりあえず今回の免許更新には、ちゃんとヒゲを剃る、前日に深酒をしない、当日は一番いい服を着ていく、以上のことぐらいは踏まえて臨みたいと思う。

住所変更で裏面びっしり.JPG
posted by ヌルカン at 22:46 | ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月06日

加湿器

RIMG0038.jpg

風邪に効くかなーと思って、去年の末に加湿器を買った。

価格.comで評判のよかったダイニチのHD-RX509。コイツがなかなか具合がいい。

風邪引いてたときは、湿度70〜80%のフルパワーで回していた。5リットルのタンクが一晩で空になるってスゴい。目標の湿度に達するまではボーって音が若干するが、達してしまえばほぼ無音。デザインもエッジが効いてて格好いい。

今まではバスタオルとかを洗濯したとき脱水しないで干していたものだが、それだと床にボタボタ水滴がこぼれるし、結局翌朝にはカッピカピに乾いている。しかもゴッワゴワで肌触り悪すぎて。悪いというかもはや肌触りが痛い。これからはそんなこともしなくていい。

何より感じるのは、加湿器のある部屋ってちょっとモテだよなっていう満足感。

■ハイブリッド加湿器 HD-RX509
posted by ヌルカン at 23:56 | ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 買い物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月05日

結婚とモテ期

独身の頃より、結婚をしてからのほうが女性にモテるようになった、という話がある。果たして本当だろうか。

モテたいと日頃から常々いつも24時間思っているオレであるが、モテるために結婚するのはちょっと違うと思うし、オレがモテるために結婚する相手にも失礼だ。

結婚をしたことにより人間的に落ち着き、それが魅力になっている、というのが結婚後モテ説のよく聞く理由である。または、この男性は結婚しているのだから軽々しく手を出してはこないだろう、という女性側の安心感が、いわゆるモテに繋がるという説もある。

たしかに一理あるが、果たして本当にそう言えるのだろうか。

単に年齢を重ね、会話の経験値が上がったからかもしれないし、自分に好意を持ってくれる女性が、たまたま独身時代に比較して結婚後にたくさん現れた、というケースも検討する必要があると思う。

例えば、いつもオレの足のスネをいつも蹴ってくる女性がいたんだけど、それがオレが既婚になったとたんに、やたらオレの乳首を突いてくるようになった、ということなら結婚後モテ説に全面的に納得できるし、そんなシチュエーションがいつかオレに起こらないかなと、いつも思っている。

だがこればかりは、結婚の経験がなく、また差し当たりする予定もないオレに実地の検証は不可能なので、違ったアプローチからのモテを研究していくしかないだろう。

でも一つだけ言えるのは、結婚している人のほうが、下ネタ的なことを発信するのには向いているんじゃないかということだ。発信者に配偶者がいるということによる安心感が、独身者のそれとは全然違う。

例えば、オレがブログに「コンニャクを買いました」とか「カップヌードルに間違ってぬるま湯を入れてしまいました」とか書いたとする。結婚している人が書いたのなら、普通に料理ブログかつちょっとドジっ子、という感じになるが、オレが書くと正直シャレにならない変態臭というか、コイツんちの冷蔵庫なんか恐いぞというか、コイツの作った料理は絶対食えねえ、みたいな空気になりかねない。

まあいずれにしても、ブログに下ネタを書くとなんだか元気がわいてくるのは、どんな境遇の人でも同じであろう。
posted by ヌルカン at 23:43 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月02日

明けましてございます。

明けましておめでとうございます。

とりあえず今年の目標でも書いていこうと思う。

今年の目標は、スターバックスをどうにかすること。どうにかと言っても別にスタバの転覆を企んでるわけじゃない。昔はスタバってオシャレだよねーとか言ってたのが、今はむしろどこもかしこもスタバばかりで、コーヒー飲むならスタバしか無い状況。もう、スタバが苦手とか言っていられない。

恥ずかしながら、スタバのシステムが未だに分からない。メニューの名前がヘンテコなのはまだいい。ブレンドのエムとかエスって言えばそれ相応のモノを出してくれるだろうから。問題なのは注文の仕方だ。注文する場所と、商品を受け取る場所が違うということは、ネットの情報でもう分かっている。ということは、注文したらおそらくそこで精算を済ますのだろう。理由は、それが一番効率的だと考えられるからだ。その後、そこから商品受取所に並び直すのだろう。

ここで問題なのは、自分が何を注文したかよく分からない場合どうするかだ。知っての通りスタバのメニューはヘンテコな名前が多い。注文する段階で、こちらがエスとかエムとか言って相手と意思の疎通を図れたとしても、それはあくまで私と注文を聞く人とのあいだだけだ。実際に商品を渡す人間はそうはいかないだろう。まさか細川茂樹に似ていると言われたことがあるこの私がスタバ語を理解できないとは思っていないだろう。○○○の×××をお待ちのお客様〜とか言われても、オレにはそれは宇宙語だ。

ちゃんと注文したら間違いなく受取所にみんなが並べば、問題はないように思える。自分の番になれば普通に自分の注文した商品を渡してくれるはずだ。しかし注文していきなりトイレに行きたくなってしまったらどうすればいい。トイレを我慢するのは身体に良くない。受取所の列が順番通りにならなくなる。宇宙の法則が乱れる。

私の出した結論はこうだ。まず注文を受け付けるカウンターに行く。そしてコーヒーを注文し、相応の対価を支払う。私の勘では、そこで番号札をくれるのではないかと思う。そしてそれを商品受取所で商品と交換するわけだ。これで混乱無く目当てのコーヒーを受け取れる。デカい食堂とかと同じやり方だ。

とりあえず明日にでも行って、ハッキリさせたいと思う。でも一番問題なのは、この正月休みは人と会わなさすぎて、ちゃんと声が出せるかどうか、ちゃんと人の目を見て話せるかどうかなわけだが。
posted by ヌルカン at 23:02 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。