2010年09月30日

プリウス始まった

いやー笑った笑った。

誰でも思いつきそうだけど、実は小技がかなり効いててそれが笑いを加速させる。

こんなプリウスならオレも買うってマジで。



posted by ヌルカン at 22:30 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | ネット このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月29日

豚野郎

「この豚野郎!!」

なんて言葉をオトコは修羅場で使ってしまいがちだけど、ちょっと待ってほしい。

豚って言葉が蔑称に使われるのは、豚が若干フトましいイメージを持っているからだろう。だが豚をよーく観察してみると、そんなに太っている感じはしないし、むしろ肩周りはいい感じに筋肉が付いている。気になって調べてみたら、肥満を目的とした豚でも、体脂肪は14%ほどらしい。そんな体脂肪の豚にデブと呼べる人間は果たしてどれくらいいるだろうか。オレも10年前なら言えたが、今はちょっと自信がない。

そういった背景を鑑みれば、豚野郎の代わりに牛野郎でもいいんじゃないかと思うが、何だか焼肉屋か牛丼屋をイメージしてしまってうまくいかない。牛は牛肉のイメージが強すぎる。むしろ美味くいきそうだ。

ならば馬野郎はどうだと思ったが、それって普通にロナウジーニョだし、むしろ立派なモノに対しての妬みのようで逆にこちらが卑屈になってしまう。

そうなると消去法からいって豚野郎に落ち着いてしまうのか。いやいやここは豚の権利を守るためにも何とかしていきたいところだ。豚肉ウマいし。生姜焼きを発明した人にはバロンドールをあげても異存は無いよ。

やっぱり人間同士のいさかいに何の関係もない動物を持ち出してしまうのが良くないのだ。相手にダメージを与えるのが目的なら、その相手の性癖をうまく活用していくのが効果的ではないだろうか。

「この膝裏からアキレス腱にかけてのライン野郎!!」

ダメージを与えられるかどうかは微妙だが、混乱はさせられそうだ。メラではなくメダパニ。そしてお互いの性癖を晒し合って同士討ちになるわけだ。だが全てをさらけだした2人は、がっちり握手を交わし、そして解り合う。え、膝裏には別に興味ない?マジで?
posted by ヌルカン at 21:18 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月28日

ドリカム

なんだか突然ドリカムが聴きたくなってyoutubeをあさる。

今でこそ、訳知り顔でこれから売れそうなバンドを探しては悦に浸っているオレであるが、20代前半の頃はオリコン至上主義だったわけで。そのなかでもドリカムを聴いたときは、こんなイイ曲がこの世の中にはあるのかと、大層驚いたものだ。

そのときのオレは、ゲームも楽しいけど、女の子とも遊んでみたい!なんてDTまるだしな青年で。夜な夜な自転車を飛ばして夜の飲み屋街に一人で繰り出していた。今から思うとこの頃からアプローチがなんか間違っていたと言えるな。ここで飲み屋の女性が大好きになり今に至ると。まあそれもいい思い出だ。シラフじゃ手を繋ぐどころか飯さえも喉を通らないヘタレだったんだから仕方が無い。ドリカムを聴くとその頃を思い出してもにょもにょした気分になる。

そんなドリカム熱もLOVELOVELOVEがそんなに良く思えなくて急に冷めてしまい、その頃ケーブルテレビを導入し、スペースシャワーTVを見るようになったオレは、日本にたくさんいるオリコンには出てこないバンド達を知ることになると。

それでもあの頃のドリカムはマジ神懸かってたなあ。今聴いても最高にイイ。




posted by ヌルカン at 22:06 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月27日

うっかり東京ベイ

たまには愛車のことを書いてみようか。

我が愛車ルポGTIは快調そのもの。雨が降るとテールゲートの半ドアランプが付きっぱなしになったり、若干雨が中に入ってくる以外はな。

高頭「メイドインドイツやフォルクスワーゲン社製に惑わされちゃいかん」

高頭「ブランド力はあっても彼はあくまで非日本車」

高頭「外車だ」


そんなわけで今日の朝、仕事に行くためにクルマに乗り込む。

クルマに乗り込んでなんだか違和感。なんだか外の音がよく聞こえる。なんだが外の雨音が。

助手席側の窓が5センチばかり開いていました。そして天気は昨日の夜からずっと雨。オウジーザス。

シートまで完全にじょんわり来てました。昨日の日中はポカポカで気持ちよかったからねえ。ずっと窓開けて走ってたんだったよ。タイムマシンがあったらそのときのオレに注意しに行きたい。窓閉め確認!指差し確認!!

とりあえず今、車内にドライペット2個置きで様子を見ている。朝になったらちょっとはマシになってるといいのだが。


湿気とりドライペットスキット

湿気とりドライペットスキット

  • 出版社/メーカー: エステー
  • メディア:



posted by ヌルカン at 23:22 | 茨城 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月26日

かゆ・しり

なんか急に寒くなりましたな。

金曜日は漫画喫茶で何か読もうと思って、目を付けたのが花沢健吾作「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。マンガ好きなら避けては通れないだろうと思って。それにこのヒトの最新作「アイアムアヒーロー」もすごく面白いと聞いて、これを読む前にまず氏の代表作を読んでおくのが筋かなと。

だけど最初の主人公がテレクラで女性と知り合うくだりで早くも本を閉じる。正直読むのが辛くて。もう何もかもヒドい導入。このマンガ、軽い気持ちで読めるほど甘い代物じゃないらしい。オレに覚悟が足りなかった。だが必ず読んでやるぜ。待ってろボーイズオンザラン。それにしてもヒドい導入だ。

ホームセンターで掛け布団を買ってきた。5年前に広島のマダムジョイで買った羽毛布団は何だか羽毛が抜けすぎてペラペラになっちゃったから。それにぶっちゃけ、押し入れから出したら自分の体臭で臭すぎたから。今回は安い綿の布団にした。よく考えたらオレにとっては羽毛にする理由が全然なかった。ホコリは綿でも羽毛でもどっちでも立つし。ホコリはどちらかというと布の目と裁縫の技術に拠るような気がする。

でもなんか寒くなってから体中がかゆくてたまらないのだが。これどうゆうこと?そんな不潔な環境でもないと思うのだが。寒くて出したユニクロのスエットがヤバいのか?

液体歯磨き、リステリンがいいとネットで見たので買ってみた。こいつはすごい。液体ガムとかは口に含んだままトイレ行ったりテレビ見たり、気が済むまで口に含めるんだけど、リステリンは1分も口に入れてると、身体が出せと命令してくる。この液体ヤバいから早く出せと。それくらい刺激ックス。昼夜とニンニクぶっ込んだカレーを食べてずっと口の中ニンニク臭かったんだけど、一発でトイレの芳香剤の臭いに変わった。そう、後味もはっきりいって芳香剤臭くて不快。だがそれがいい。

それにしてもケツがかゆい。明日から風呂にバスミルクを入れよう。キレイなケツが台無しだぜ。つっても若干体毛がアレなんだけどな。
posted by ヌルカン at 23:26 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月23日

とめはねっ!

水曜日は翌日が祝日ってことで東京で飲んで当然のように漫画喫茶1泊して次の日朝帰り。松屋で朝飯食べた後に寝直したらもう夕方5時だった。まあ今日の祝日は明日休んで4連休にしない限りはオマケみたいなものだから、1日寝て疲れを癒すというのも全然アリだろう。オレは土日のどちらかはだいたい1日寝てるけど。

それはそうと漫画喫茶で、今人気のマンガ、「とめはねっ! 鈴里高校書道部」を読んだ。満喫のいいところは寝るのに飽きたらマンガが読めるところだ。

これが安定して面白かった。もやしもんとかテルマエ・ロマエとかへうげものとか、読んでて勉強にもなるマンガが最近は多いような気がする。当然ストーリーが良くなければただのツマラないウンチクマンガになってしまうだろうが。

主人公の大江縁はカナダ帰りの帰国子女。中学卒業後に帰国し、鎌倉市のはずれにある私立鈴里高校に入学するが、部員数が足りなく廃部の危機にあった書道部の先輩たちに弱みを握られ、強制的に入部させられる。

入部後は書道に興味を少しずつ持ち始めた縁であったがその矢先、密かに憧れるにクラスメイトの望月結希が投げ飛ばした男子生徒が直撃し、利き手の右腕を骨折する。縁を骨折させてしまったという結希の弱みを握った先輩たちは「字が書けなくなっている縁の代わりに」という理由で、柔道部のホープであった結希も臨時部員として入部させる。

なりゆきで部員になった2人だが、次第に書の奥深さに触れ、のめり込んでいく。2人の熱意に後押しされ、廃部の危機にあった書道部は全国を目指して精進していくことになる。


どんくさい主人公だがなんだかんだでモテモテだし、書道部の面々はかなりマブい部員がそろってるし、ある意味オトコの理想っていうか夢っていうか妄想が詰まっているマンガと言えよう。といっても主人公はどんくさい以外の部分はほぼ完全無欠だったりするわけで、やっぱりオトコがモテるのに必要なのは才能であるという、ひどく現実的な解も同時に示していると言える。

ちょっと書道とかやってみたくなった。ワープロ全盛の昨今、筆字といえば香典と祝儀に自分の名前を書くときくらいしか思いつかないが、そのときにサラサラっと書けるといいね。鉛筆で下書きとかせずに。字がキレイなのは間違いなく武器だぜ。


とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 河合 克敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/05/02
  • メディア: コミック



posted by ヌルカン at 22:31 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月21日

アイドルダンス

雑誌といえばナンバーくらいしか読まないんだけど、たまに買うのがサイゾーって雑誌。マスメディアを斬るって感じの内容がけっこう面白い。

でも今回買ったのはアイドルとダンスの特集に目がとまったから。

「今、イケてるダンスがアイドル人気を決する!!」

Perfumeを好きなオレはこの提言にまったくの同感なわけで。オレはPerfumeのダンスはピンクレディ以来の衝撃だと思うんだよね。PVから流れるテクノとダンスを眺めているだけで、軽いトランス状態。他に何も考えられなくなる。これが気分転換にけっこういい。

サイゾーの特集ではPerfumeの他にも、AKB48とかももいろクローバーを取り上げていて、オレもYOUTUBEでいろいろ動画を探してみたんだけど、そのなかでけっこうよかったのがベリーズ工房。

オレもPerfume好きなのはブログでも散々言ってきたんだけど、いわゆるアイドルには全然詳しくなくて、ベリーズ工房ってやつをこの雑誌で知ったレベル。でもこのグループはすごい。ダンスがいい。調べてみるとずいぶん昔からやってるみたいで、小さいころから相当鍛えてきたのだろう。この辺はPerfumeと一緒ですな。若いけどキャリアは相当積んでいるという。

踊りもなんだか独創的でまたいいんだこれが。どうやらラッキィ池田さんも絡んでいるようだ。

でもアレなんだよな、若いムスメさん達がけなげに踊っているのを見ると、なんだか涙が止まらなくなるのは、オッサン化による正常な症状ってことで大丈夫なのだろうか。

posted by ヌルカン at 00:37 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月20日

ノグチ IN BLACK tour 2010

行ってきたぞ渋谷club asia。J-POPバンド、モーモールルギャバンワンマンライブ。

17日のチケットを取り逃がし、ぐんにょりしてたときにまさかの18日追加公演決定のお知らせ。テレクラ並の集中力を発揮してチケット獲得。

でもそんなときに限ってなんだか知らないけど先週は忙しくってなぁ。いや、仕事量はそんなでもないんだけど、「自分でもよく理解してないものをヒトに説明する」ってのはキツいっすね。でも週末のライブがあったからオレ頑張ったね。

土曜日の渋谷はヒトが多かったです。なんかお祭りもあったみたい。渋谷で神輿とかちょっとシュールな感じがした。ライブ始まる前にちょっと飯でも食べようと思ったけど、クラブアジアの周りはラブホテルばっかりだった。渋谷でラブホ街とか直球な気がした。デートで服とか買いつつ利用するのだろうか。なんかこう焼鳥食べた後に焼肉食べるって感じだな。

ライブハウスってまだ2回目なのもあって、入るときとても緊張する。独特のルールとかありそうで。ドリンク券買ったけど、飲み物どこで貰えるのかよく分からなかったから貰わなかったり。でもお店で売ってないミニアルバムとTシャツは買いました!オレのTシャツの9割はアーティストTシャツです。

ライブは想像どおり最高だった。後ろのほうでも全然近かったし。でも音楽が始まった瞬間、オレの前の人達がいきなり前に詰め始めてモッシュ開始。危なかった、色気出して前のほうに行ってたらモッシュですりつぶされていたところだ。オレモッシュで絶対転ぶ自信がある。

歌詞はすごくかっこわるいんだけど、演奏はすげーかっこよくて。コールはパンティ。ビークルはより直接的なお○○コールだけどモーモールルギャバンはJ-POPならではの気遣いからパンティコールなのが好感が持てる。お陰で思う存分叫ぶことができる。37歳でパンティと叫んで捕まらないのはこのライブだけか。そして女の子がパンティと叫ぶのを聞けるのもこのライブだけ!

まあとにかく最高だったんだよ。すごく楽しかった。ボーカルのゲイリーさんはJ-POPで世界を救いたいと言ってたけど、あのライブにいた300人の魂は間違いなく救ったね。

意外とライブが早く終わったので、新宿まで移動して久しぶりに8bit cafeに行ってきた。1年ぶりくらいだったけど店長覚えててくれたよ。そこでライブで買ったモーモーのアルバム流してもらった。お店の人達も気に入ってもらえたようで何よりだ。お店のヒトはモーモーの演奏を聴いて、スペシャルアザーズに似てると言っていた。確かにドラムの裏打ち多用な感じとキーボードの絡みがちょっと似ている。自分じゃ全然気がつかなくて目からウロコだった。

そんなわけで土曜日は充実した1日でした。人間は楽しみがあるから、特に面白くもない日常を頑張ることができるのですね。しばらくはこの日の余韻で頑張ります。

◆モーモールルギャバン-MySpace
posted by ヌルカン at 00:35 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月07日

東京ゴッドファーザーズ

アニメ監督、今敏氏が亡くなったことをネットで知り、氏の監督作品「東京ゴッドファーザーズ」を観てみた。氏の作品のオレの認知度は、昔アニマックスを付けっぱなしにしていたら何やらエロいシーンが流れていて、ちょっと待ってくれアニマックスでエロとはオレもいろいろ準備が出来てないぞなんて思いながら、それが「パーフェクトブルー」だったってこと知ったのはそれから数年後ってレベル。つまりほとんど知らない。

結論から言うと、とても面白かった。ストーリーは最高。オレの好きな出来すぎの予定調和。つまりハッピーエンド。そして、それより何より、画面から感じる臭いが印象的。それは決していい臭いじゃなくて、明け方の飲み屋街のような臭い。そんな最近のツルツルしたアニメにはない現実感。

あと声がよかったなぁ。江守徹はその辺の声優より全然声優っぽいし、ドラァグクイーン役を梅垣義明が担当するとか普通にシャレかと思ったらこれまたいい味だしてるし、何と言っても家出少女の役は岡本綾さんだ。これが低い声で滑舌も若干悪くて声優のそれとは違うのがまた新鮮でいいんだ。特典映像で岡本さん出てて胸が熱くなったよ。何で芸能界辞めちゃったんだろ。獅童さんはちょっと許せないね。

というわけで、他の作品も借りてみようと思う。とりあえずパーフェクトブルーのエロスなシーンがどういうことだったのかを確かめてみるか。


東京ゴッドファーザーズ [DVD]

東京ゴッドファーザーズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



posted by ヌルカン at 23:24 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月06日

キヨコ「また夢を見たの」

また夢を見た。

何だか分からないが、ラジオの出演を頼まれた。そこで何かやってくれないかと言う。

オレは思案したのち、声帯模写をやろうと思いつく。動物の物真似をする江戸屋猫八師匠みたいなアレだ。

題材は水の流れる音だ。ジャバジャバ。こいつを声マネでそっくりに表現するのだ。

オレはおもむろにラジオのマイクを台所に持っていく。そして蛇口をヒネる。

ジャバー。「どうです、かなりリアルな水の音でしょう!」

そう、早い話がインチキだ。

でもバレてもそれはそれでウケるんじゃないかと夢の中で算段しているオレ。多分オレの寝顔はそのとき最高にイヤらしいニヤケ顔だったと思う。

最近夢と現実の境がこのうえなく曖昧になっている。

posted by ヌルカン at 22:17 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月05日

マンモスロッピー2

年甲斐もなくチケット争奪戦に参加して、年甲斐もなく玉砕した先日

しかし神はオレを見捨ててはいなかった。モーモールルギャバンの渋谷ワンマン追加公演決定。チケットの販売開始は9月4日(土)10:00。

9:30にローソンに到着。ロッピーの前には誰もいない。とりあえずアカギのコンビニ本を読みながら時間をつぶす。ここで我に返る。ダメだ、せっかくローソンに来ているのにロッピーの前にいないのでは意味がない・・・立ち読みで時間をつぶすって考えがすでに的外れ・・!

といわけで20分前から一人でロッピーの前に陣取る。これがけっこうキツかったけど、5分前に後ろを振り向くと、2人並んでいた。完全に危なかった。余裕をこいてアカギを読んでいたら、2人の後ろに並ぶところだった。オレが最初に来ていたのに。

というわけでロッピーの仕組みもちょっとわかった。ロッピー未経験で、負けられない勝負をしなくてはいけない方がもしいたら、参考になれば幸いである。

Lコードを入力すると該当する項目が表示されるが、販売時間である10:00前にクリックしても「時間外」の表示が出る。そしてその時間外の表示は10:00を過ぎても自動で「販売中」に変わることはない。だから、ギリギリの勝負をするならLコードの数字を入力するところまで済ませておいて、10:00になった瞬間に決定ボタンを押せばいい。オレは時間外表示のところで1回戻ってたりしていたから、10秒ほどのロスをしてしまった。

でも結果的にはチケットを取ることが出来た。お疲れ様でしたー!超うれしい。そしてオレの後ろに並んでいた男性はレジには向かわずに帰っていった。どうやらチケットを取れなかったようだ。やはり先にヒトがいることを見越して早く来ないからそうなる。

朝10時のロッピー前はまさに戦場やでホンマに。その後、松屋で食べたソーセージエッグ定食は普段に増して美味しかったです。

マジで最高なんで聴いてみてくださいよ。
posted by ヌルカン at 20:17 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月02日

キヨコ「夢を見たの」

最近よく夢を見る。しかもオレにしては珍しく鮮明なので内容をよく覚えている。

オレは誰かに頼まれて、ヒトを殺すしかないような立場にいるところからスタート。

そして首尾良く対象の心臓をピストルで撃ち抜く。死体は普段絶対ヒトが近づかないような藪の中に放り込み、ピストルも近くにあったボロボロのタンスに入れてミッションコンプリート。

そして数ヶ月後。夢の中のオレは現実社会と同じようにビクビクしながら生活している。そしてご多分に漏れず、犯人は現場に戻ってしまうのだ。

現地に着いてビックリ、藪はキレイに刈り取られていた。そして原っぱとなった地面に死体が普通に置かれている。

マズい、このシチュエーション、いくら何でも誰かに死体を見られているのは確実。

ピストルはどうなったかとボロボロのタンスを開けると、何とピストルは分解され、キレイに磨かれた状態にあった。なんだそりゃ。

とりあえずピストルの部品をかき集めて持っていこうとすると、どこからか職場の後輩が。「あれー拳銃持ってっちゃうんすかー僕も使おうと思ってたのになー。まあいいや、使い終わったら次貸してください!」と言ってどこかに去っていった。


夢の中ながら、状況がよく飲み込めないまま夢から覚めた。全身汗びっしょり。9月に入ったというのに朝から暑い。

オレなりの分析としては、この夢は、「自分がしばらく留守の間に母親が部屋に勝手に入って片付けしてしまい、ベッドの下のエロ本は机の上に置かれ、そしてプレステ2は親戚のガキんちょに無期限貸し出し中」みたいなことを暗喩したものだと思った。

オレとしてはこんな夢より、いけないルナ先生みたいな内容の夢が見たい。この歳で朝から洗濯機回す羽目になるかもしれないが、ルナ先生の夢を見るのは地球上の全男子達の、それこそ「夢」であろう。
posted by ヌルカン at 21:56 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。