2012年04月29日

テレビ

なんだか今テレビが安い。

連休中にヒマだったので近くの家電量販店へ。なんだかアレだね、テレビが売れてないってのはどうやら本当のことらしい。テレビが陳列されているコーナーにはあまりお客さんがいない。いちばん盛り上がっているのはiPadが置いてあるアップルのコーナーだった。

オレのテレビはいまだにブラウン管の25型、ソニーのトリニトロンであり、確か広島から帰ってきたときに3万円くらいで買ったものだ。ということは5年前だ。

テレビで5年といったらまだまだヒヨッコ、ようやく折り返し地点といったところだろう。ケーブルテレビに加入していたお陰で地デジの波も何事もなく越えることができた。つまり新しいテレビを買う必然性はどこにもないというわけだ。

だがしかし。

値札を見ると東芝レグザの42インチが8万円台とか。ちょっと前まで15万とかそんな値段だったような気がするんだが。これは正直惹かれる。

オレは東芝のテレビってヤツにちょっとノスタルジーな感情があって、兄が買ってきたテレビが東芝、そしてオレが社会人になって初めて買ったテレビも東芝バズーカだった。当時は25型で12万円くらいだったような気がする。重低音が売りだったのはいいとして、ラベンダーマスクとか白黒表示とかセピア表示とか、今思うとなかなか攻めてる機能が当時のオレにはたまらなく魅力的に映ったものだ。

多分今は液晶テレビの買い時なのだろう。しかし壊れてもいないものを買い換えるというのはとても勇気がいる。服とかは何着あっても困らないだろうが、テレビは基本1台あればいい。

いっそのこと今のテレビが煙でも噴いてくれれば決断もしやすいのだが、まだまだ絶好調、深みのある発色をしてくれている。テレビを買い換えるにはもう酔った勢いとかそんな理由しかないのかもしれない。

posted by ヌルカン at 22:34 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 買い物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月28日

最悪

今週読んだ小説は1冊。

奥田英朗「最悪」

不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。


どこにでもいるような、別に世の中に対してデカいことをやるつもりもなく、日々を大人しく過ごしている平凡な三人が、どんどんどんどん堕ちていくという話。

もうなんていうか、誰一人として人生が上向くきざしすらないという、ハッピーエンド至上主義のオレには拷問のようなお話。特にオレは今、新しい職場に来たばかりでかなり落ち着かない生活なわけで、しかも読むときは満員電車の中であり、オレも含めて周りはみんな顔色の悪いサラリーマンという、そんな精神状態でこんな話を読むのはホントきつい。

でもさすが奥田英朗っていうか、どんどん読者にページをめくらせて、読者にクヨクヨさせない。読後感も、全然悪くない。さすがに三人とも無傷ってわけにはいかないけど、最後になって初めて上向き感を感じさせるからだろうか。それでも最初の状態よりプラスかっていうとそんなことは全然ないんだけど。

たまにはこういう汗臭い小説もいい。これからたくさん小説を読むことになると思うし、メリハリがあったほうがいい。
posted by ヌルカン at 20:55 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月22日

夏の皮算用

昨日と今日は今頃横浜アリーナでももいろクローバーがコンサートをやっているはず。そう、オレは抽選に外れたからここでブログを書いているわけだ。

とりあえず下を向いてばかりもいられないので、次の機会を伺うことにする。一番直近では5月にライブがあるのだが、それは「子供祭り」と銘打った、お客は子供が主役のライブ。アイドルで子供を対象にするって実は結構珍しいのではないか。そのライブは子供と大人同伴が条件で、大人の数が子供の数を上回ったらダメという厳しいルール。自分の子供はもちろん、連れていけそうな子供が皆無なオレには、とんと出番がない。

そして次は夏に西武ドームで「サマーダイブ2012」なる公演をやるらしい。なんと3万人を動員というから、抽選に当たる確率も高いだろう。もう完全にAKBの次点まで来たんじゃないか。夏まで人気は続くだろうし。

だがオレ的に問題があって、公演日が8月5日(日)。日曜日にやるから月曜がキツいって問題もあるんだけど、それよりも問題なのは、その日はひたちなかでロックインジャパン2012があるっていうこと。そしてオレは3日券を既に購入しているってことだ。そりゃロッキン行くっちゅーねん。

ホントなんとも間が悪い。しかも8月5日の週には仕事でオレが担当するイベントがあるみたいで、ロッキンの初日である金曜日は行けるかどうか激しく微妙だという状況。

まあそれでも土日ロッキンに行けることは決まっているんだから、オレはまだ幸せと言えると思う。アイドルも好きだが、ロックも好きなのが吉と出たね。
posted by ヌルカン at 20:30 | 茨城 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月21日

ガリレオの苦悩

先週読んだ小説は1冊。

東野圭吾「ガリレオの苦悩」

東野圭吾はたくさん小説があるから、とりあえずガリレオシリーズを片付けようという算段。

これもおなじみの短編集。普段冷静で人を食ったような言動が多い湯川教授が珍しく人間臭い気持ちの揺れを示すっていう話が小説のタイトルになっている。

それにしてもアレだね、ガリレオシリーズって犯罪のトリックはすごく科学的でロジカルな感じなんだけど、謎解きを済ませた後はグッと義理と人情がおりまざった浪花節になることが多いね。たいてい犯人よりも被害者のほうが悪いヤツだったりして。

だいたい2週間に一冊読み終える。電車通勤は2年は続くだろうから、えーと何冊読める計算になるのか・・・あいにく手元に電卓がない。うむ、オレは湯川教授にはなれそうもない。
posted by ヌルカン at 19:56 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月15日

真夜中のマーチ

先週読んだ小説は2冊。

奥田秀朗「真夜中のマーチ」

お見合いパーティーなどを主催するイベント会社社長のヨコケンは、会場で一流商社に務めるミタゾウと出会う。2人は美術商の黒川から大金を奪い取ろうと計画するが、黒川の娘・クロチェに見つかってしまう。その後、クロチェと再会した2人は、黒川から10億円を奪う企てに乗らないかと誘われるが…。

これこれ、こういうのでいいんだよ。

非常に軽い設定と展開と読み口。10億円をめぐって主人公達とヤクザとヤクザとヤクザっぽい人達がダマしダマされって話。登場人物に善人は一人も出てこないけど、みんな自分の欲求に忠実で、実に憎めない。

ラストは奥田さんらしくカラッと良い感じに締めてくれる。

東野圭吾「探偵ガリレオ」

知らないヒトはいないんじゃないかっていう、草薙刑事と湯川助教授の科学ミステリー。ドラマにもなったしね。

短編だからこちらも軽く読めた。でも「容疑者Xの献身」で震えるほど感動したオレとしては、こういうのもあるのかって感じ。草薙と湯川の掛け合いをもっと楽しみたいんで、次は長編を買ってみようと思う。

ベストセラー作家にハズレなし。当たり前といえば当たり前なんだけど、これを言うのってけっこう勇気がいるような気がしないでもない。

あと、小説は最初から文庫本サイズで出してほしい。高くてもいいから。ほんで何年か経ったら、プラチナコレクションとかそんな名前にして安くすればいい。ハードカバーって重いしかさばるし古本屋じゃ文庫本より安くなってるし、あまり良いことないような気がするがどうだろう。強いて良い点を挙げるとしたら、あのシオリの代わりに使うヒモがかっこいいことくらいじゃないだろうか。

posted by ヌルカン at 20:12 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月14日

ももいろクリスマス2011

最近買い物ばかりしている。

4月からの新生活に合わせて必要なものばかりだ。

まず小説。

3年前は座れたつくばエクスプレスも、今は乗客が増えて座れることはほぼない。つまり寝ていくことができないわけで、小説でも読んで時間をつぶそうというわけだ。

そしてもう一つが、休日を豊かに過ごすためのアイテム。平日はホントに帰って飯食って寝るだけという生活なので、土日のありがたみがハンパじゃない。そんな今日という休日を気持ちよくすごすために買ったのがこれだ。

ももいろクローバーZのさいたまスーパーアリーナコンサート「ももいろクリスマス2011」である。今回はまさかのブルーレイだ。

うちの環境ではBDを見ることができるのはパソコンだけだ。液晶画面で見るBDはホントにキレイなんだけど、こういうものはやっぱりテレビで見たい。プレステ3の購入を、ももクロという存在によっていよいよ本気で考えている。そして液晶大画面テレビもである。PCに付いてる22インチモニターだと、ゲームやるには充分だけど、ももクロ見るにはちょっと小さい。

それにしても今回のライブ動画も素晴らしい。ももクロのライブDVDは全部買ったが、何度でも見たい動画ナンバー1はコイツで決まりだ。

それは他の動画が劣っているという意味じゃなくて、他の動画は歌と踊りだけじゃない、ドラマ性が強いものが多くて、オレのメンタルではとてもじゃないが気軽に見ることができない。極楽門くらいかなあ気軽なのは。ちなみに一番キツいのは中野じゃなくて女祭り。有安さん好きとしてはホント見るのが辛すぎる。

そして、ハリウッド映画は金をかけたやつのほうが面白いって持論が、このライブにもあてはまると思った。でかい客席は色とりどりのサイリウムの海。凝った仕掛けに豪華なゲスト。「ダイハード」と「北の国から」、どっちが上かってのはヒトによると思うし、オレなどはどっちも同じくらい面白いと思うけど、何度でも見たいのはダイハードのほうだ。気軽にテンションを上げるにはちょうどいい。まあ毎度のことながらオープニングで早くもオレの眼からはけっこうな水が流れたわけだけど。

でも気軽と書いたけど、特典映像は結構重め。メンバーがスタッフからひたすらダメ出しを受けている。まぁ和気あいあいであそこまですごいステージはできないだろうし当然なんだろうけど、見てるオレまで背筋が伸びる感じ。これは1回見ればいいや。

そうそう、北の国からといえば2ちゃんねるで、時間を合わせてDVDを観ながら実況しようというスレが建ってて、それなんて純とれい?って思ったけど、実際やったらめちゃくちゃ楽しいと思うよ。ライブのそのときどきの感動をすぐ誰かと共有できるってことは、すごく楽しいことだから。

だからライブを2人以上で行くときって、ライブ中はもちろんのこと、その後場所を変えての反省会がライブと同じくらい楽しいんだよね。

それにしてもももクロにマジでハマってるオレ。歌が好きとか踊りがすごいとかもあるんだけど、単純に「泣ける」んだよな。歌聞いて泣いたのはロッキンでYUKIの歌聞いたときとN夙川BOYSの歌聞いたときくらい。アイドルで泣けるってのがすごい。

posted by ヌルカン at 23:27 | 茨城 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月08日

見事落選

4月もとりあえず1週間が過ぎましたね。ここ数年で一番疲れた1週間なのは間違いないところ。

朝何時の電車に乗れば良い感じかはだいたい分かった。北千住で千代田線に乗り換えるんだけど、朝の千代田線てオレの今までのイメージは一言で言うと「地獄」。総武線とか池尻大橋とかと並ぶ激混み、この世の地獄だって聞いてたんだ。だからネットで綾瀬発の時刻表をメモしてみたり。その電車は一駅前発だから空いている電車。でもそれはあまり意味がないことが分かった。なぜってダイヤは普通に乱れるから。それに時間帯がちょっと外れているせいか、思ったよりは混んでない感じ。

とりあえず20時には帰らせてもらってるけど、それでも帰ったら22時。とてもブログを書く気分じゃございません。それよりも久しぶりの電車通勤で足が痛い。だから帰ったら柔軟体操をするようにしている。オレって開脚がすごく固くて90度くらいしか開かない。毎日柔軟してれば水平近くまで開くようになるだろうか。

木曜日は、仕事が終わった後に職場の人達と千鳥ヶ淵にサクラを見に行った。ビルとお堀に挟まれた公園でサクラを見ながらビールを飲んでいると、東京に来たってことを強く実感する。その後は居酒屋に入って飲み直し。オレもすっかり緊張の糸が切れちゃって、気がついたら秋葉原の漫画喫茶。昔よく行ってたオレの定宿だ。朝起きたら気分は最悪、だからと行って休むわけには絶対にいかない。なぜなら昨日飲んだくれていたのは職場のみんなにバレてるわけだから。まさか4月の第一週から満喫泊をやってしまうとは想定外。自分がちょっぴりイヤになったよ。

電車通勤になったということで、通勤時間に本を読もうと本屋へ。最近は奥田秀朗ばかり読んでいたが、だいたい制覇したので伊坂幸太カの文庫本を物色。モダンタイムスを購入。翌日文庫本の裏表紙に書いてあるあらすじを見てイヤな予感。棚を見たら同じタイトルのハードカバーが置いてあった。昔読んだことをすっかり忘れていたようだ。伊坂作品はタイトルから内容が連想しずらくていけない。

ももいろクローバーZの横浜アリーナ公演の抽選に、見事落選。一般発売も開始1分で終了した模様。横アリ2daysを一瞬で埋めるレベルとか、AKBとかPerfumeと遜色ない地点まで来ているんではなかろうか。今回は潔く諦めて、次のチャンスを待つことにしよう。今度DVDも出るしそれでしばらくはガマンだ。

先週はとりあえずこんな感じ。仕事に慣れるまでは週末ヒロイン、もとい週末更新で行こうと思う。
posted by ヌルカン at 20:07 | 茨城 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月07日

うさぎドロップ2

おいおい、そんなマンガだとは思わなかったよ。

マンガ、うさぎドロップを読み終えた。

ちょっと前に映画になって話題になってたから、オッサンと少女の話ってのは知ってたんだけども、ちょっとビックリしたね。

巻を重ねるごとにリンがどんどん大きくなってるんだもの。恋愛とかに普通に悩んでる。

オレはてっきりリンの幼少時代でずっと話が進んで、残り数話でエピローグ的に二人のその後が描いてあるのかと勝手に思いこんでた。

そしたら1巻毎に3歳くらいガンガン歳を取ってるんだもの。そりゃ恋愛とか避けられないわ。うわーやめてリンちゃん。オレそんなつもりじゃないんだよ。

なんだかドラえもんを見てたら急にベッドシーンが出てきたような気分。そんなシーンないけど。

でもスゲー面白かった。ラストのダイキチの歳とオレはほぼ同じ。なかなか来るものがあったね。
posted by ヌルカン at 20:37 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月01日

新年度スタート

いつのまにか新年度が始まってた。

平成24年は祝日が土曜日に当たることが多くて、土日休みのオレもその不幸にさめざめとしているわけだが、4月2日が月曜日っていうこともなかなかにキツいぞ平成24年。

明日は朝にもとの職場で辞令をもらって、アイサツ回りもそこそこに東京に行って新しい職場で辞令交付。もちろんそこでもアイサツ回りは大事だ。

土日はほとんど言葉を発しないことが多いオレにとっては、これはなかなかに大変だよ。カラオケにしばらく行かないとウマいこと歌えないのと一緒で、2日喋らないと翌日は上手く声が出せない。

それで何が辛いって月曜日にソレをやるってことは、火曜日から毎日2時間かけて東京に通うってことであり、それを金曜日まで続けないと次の休みが来ないってこと。時間の流れというものは早いのか遅いのかどちらなんだってことを最近わりと考えている。結論は、休んでいるときは早い、仕事してるときは遅い、キャバクラにいるときは超早いという超当たり前の結果に落ち着いた。

まぁでも、慣れてしまえば東京ライフ。いろいろ楽しい要素もあるだろう。なるべくその境地まで早く到達するっていうのがオレの当座の目標だ。そういえば3年前も東京に通っていたんだっけ。

だから今年度もちゃんとデキるはず。頑張りましょうヌルカンさん。
posted by ヌルカン at 20:49 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。