2012年05月27日

吸血鬼ハンターD

先週読んだ小説は1冊。

菊地秀行 「吸血鬼ハンター D-冬の虎王」

奥田英朗、垣根涼介と現代小説ばかり読んでいたので、ちょっと毛色の違うモノが読みたくなってファンタジー小説を購入。社会人になったばかりのときに菊地秀行の小説はよく読んでいた。

遥か未来、人類は「貴族」と称する吸血鬼達によって支配され、彼らの「食料源=家畜」として隷属させられていた。

その不死性と超能力、強大な科学力ゆえ永遠に続くかに思えた吸血鬼の繁栄だったが、いつしか種族的衰退と精神的退廃に陥った彼らは、絶対的な支配者の座から降りようとしていた。しかし、反旗を翻した人類から追われる立場になってなお、吸血鬼が持つ数々の超絶的な力は健在であり、人々を脅かす。「吸血鬼ハンター」とは、巨額の報酬と引き換えに超人的な能力を用いて吸血鬼を狩る者たちである。

旅人帽(トラベラーズハット)を被り、背中には長い刀を背負い、胸元に青いペンダントをさげた黒衣の美青年"D"。彼は、左手に妖力を持つ人面疽を宿した凄腕の吸血鬼ハンターであり、「貴族」と人間との間に生まれた「ダンピール」でもあった。「貴族」と人間の業を負った"D"の、孤独な激闘の旅は続く。


うーむ、紹介文を読むだけでワクワクしてくるだろう。大小の差はあれど、どの男の心にも必ず巣くう中学2年生マインドがビシビシ刺激されるんではないだろうか。

貴族と呼ばれる敵はもうムチャクチャ強くて、地上の支配者どころか宇宙人までシメて部下にしてたりするんだが、主人公もそれに輪を掛けて無敵。そして人間は呆れるほど無力でしばしば卑屈。この関係性がとにかく痛快なのだ。

そっち系ではけっこう有名だから、古本屋にあふれてるだろうと思ったらそうでもなくて、結局最新刊を新品で買ってしまった。期待を裏切らない面白さだったので、この際全部揃えてみようか思案中。つくば中の古本屋を探してとりあえず5冊ほど買ったが、全部で36冊も出ていたりする。本腰を入れるなら、ネットの力を借りるしかなさそうだ。

急に吸血鬼ハンターDの映画版を見たくなって、これまたつくば中のレンタルビデオ屋を探したがこれが見つからない。同じ原作・監督で妖獣都市や魔界都市新宿はあるのに。結局最後に立ち寄ったワンダーグーで中古品が売ってたのでそれを買ってしまった。こちらも大満足。やはり菊地秀行と川尻善昭はよくあう。
posted by ヌルカン at 20:35 | 茨城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月26日

速報

やってるね。今。AKBの総選挙が。

そしてオレは総選挙支持者。だって楽しいじゃん。

これを機にスマホにAKBまとめサイトを入れて、仕事の帰りの電車の中で動向をチェックするのが最近の楽しみ。

それにしても選挙と言いながら、票を金でいくらでも買うことができるっていうのは素直にスゴイとシステムだと思う。公職選挙法なんてクソ食らえが姿勢がいさぎよい。空気を読まないアラブの石油王が出てこないことを祈るばかりなのである。

ファンは推しメンを少しでも上に引き上げるという、ひどくボンヤリした目標に向かって金と手間をかける。

そんなファンの気持ち、オレもちょっと分かる気がする。バッグとか靴とか、金をかけるなら後に残るようなモノじゃないとってヒトばかりじゃないんだよな。例えばオレもそう。

例えばキャバクラ。オレはここと決めたら飽きもせず通い倒す。最低でも2年は通う。思いがけず成果を上げることもあるが、それだってかけた金に比べたら微々たるものだと思うし、物質としてはほぼ何も残らない。でもオレがそれを後悔することはない。まあ反省はするけど。そういや最近行ってないな。

それにしても何十万票も費やして、ファンが得られるものは心地よい満足感のみってところが凄まじい。ほぼ完全な無償の愛じゃないか。オレもそこまでキャバに対してストイックには振る舞えない。

選挙の結果というのは人気の順番なんかじゃなくて、ファンの推しメンへの忠誠心。信者を獲得するために神として振る舞ってきたメンバーは、だからその結果に涙するのだろう。

いやー選挙の結果が楽しみなのである。
posted by ヌルカン at 23:43 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月20日

地味派手2冊

先週読んだ小説は2冊。

垣根涼介「借金取りの王子」

この前紹介した「君たちに明日はない」の続編。こいつが面白かったので、続編をすぐ買って読んでみたというわけだ。

1話完結モノで、今回も様々な人間をリストラするために面接している。前作に比べてリストラされる人間の魅力が増している感じがして、あっというまに読み終えてしまった。

なかでもタイトルになっている第3話「借金取りの王子」が良かった。サラ金に就職したイケメンと、元ヤンの女上司の話。朝の電車で読んでいたにも関わらず、目に涙が貯まったね。あまりによかったから、最後まで読み終えた後にこの話だけはまた読み直してしまったくらい。そしてまた泣けた。


垣根涼介「張り込み姫」

「君たちに明日はない」シリーズの第3弾。出たばっかりなのか、古本屋になかったので新品を買ってしまった。こいつでこのシリーズはとりあえず読破してしまったみたい。短編集みたいなもので気軽に読めるからかすぐ読み終えてしまうのがちょっと寂しい。なんだか巻を重ねるたびに主人公の人間味が増している感じがする。面接の相手にどんどん感情移入してしまうところとか。普通は言わない個人的な感情を相手に言ってしまうところとか。

このシリーズでは第3話「みんなの力」が好み。効率無視で完璧に仕上げる自動車整備士の話。「君たちに明日はない」をこの前のエントリーで紹介したときに、楠みちはるの「湾岸ミッドナイト」にノリが似ていると書いたが、この話は中身までまんま湾岸ミッドナイト。その中でも平本編にノリが似てる。だいたいアレだな、マンガや小説の中に出てくる自動車整備士って悪く書かれることがほとんど無いよね。多少偏屈なところがあっても、自動車に対する知識と愛情が半端じゃない。

それにしてもこのシリーズを立て続けに読むと、作者が好きなタイプがどんどんわかる感じ。ワイシャツは淡い色つきで、ネクタイはちょっと派手目が作者の好みのようだ。そんな恰好をしている登場人物は、だいたい物語で幸せな結末になっている。挙げ句の果てには、「みんなの力」の中には本人そのままと思われる登場人物が出てきている。その登場人物を見るに、たぶん垣根さんはクルマが大好きなんだろう。それもアンフィニ時代のマツダ好き。

この小説を読んで、なんだか洗車がしたくなってきた。来週雨じゃなかったら洗車をしよう。
posted by ヌルカン at 20:37 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月19日

極限の化粧士

東京での新しい職場に異動して1ヶ月と半分。
だいぶ慣れたと言いたいところだが、目下の悩みがとりあえず一つ。

それは仕事の内容とかじゃなくて、毎日の電車に乗るときにある。

とりあえず朝と夜、どの電車もけっこうな密度で満員なわけで、そんな電車に乗ると、つり革のないゾーンに立たされることがある。つまり電車のドアが開いて、まっすぐ進み中間地点に落ち着いたとき。上を見上げると、そこには何もない。手を伸ばしても、この手に掴めるものは何もないのだ。

そのときオレは膝を軽く曲げ、革靴の中から足の指を立ててしっかりと地面を噛み、腹筋に力を入れて倒れないようにする。スキーと一緒で近くを見てると体が安定しないので、なるべく遠くを見るようにする。地下鉄の窓の外は間違いなく漆黒の闇なんだけど。

そんな必死こいてるオレの隣で、同じようにつり革に捕まらず立っている若い女の子がおもむろにコンパクトを取り出し、なんと目にアイラインをひきはじめた。びっくりして女の子を見ると、ホットパンツを履いたその足はまさかのクロス。X字を描いている。確かに足をクロスさせるとすっきり見えるのはオレも認めるところだが、ここは満員電車なわけで。世の中にはすごいヒトがいるもんだ。おそらく体幹の強さが並みじゃないのだろう。

オレが電車の揺れに耐えきれず、その女の子にぶつかって目にアイラインのエンピツが刺さったら、多分オレは逮捕されちゃうんだろう。あるいは女の子がグラついてオレのほうにもたれかかってきて、そのはずみでエンピツが女の子目に刺さったとしても、やっぱりオレは逮捕されるような気がする。運よく目に刺さらなくても、顔にエンピツでクイーンエメラルダスばりの線が引かれちゃったら逮捕はされずともビンタはされそうな気がする。

東京って普通に危険が転がってて恐い。恐くてスゴイ。コワスゴい。
posted by ヌルカン at 01:03 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月13日

君たちに明日はない他1冊

先週読んだ小説は2冊。

 垣根涼介「君たちに明日はない」

コメント欄で教えていただいた小説。近所のブックオフにちゃんと置いてあって、無事読破。

リストラ請負会社『日本ヒューマンリアクト』に勤める会社員・村上真介の仕事は、リストラ専門の面接官。たとえ、相手に何を言われようとも、真介はこの仕事に、やり甲斐を感じている。その一方で、建材会社に勤める・芹沢陽子の面接を担当した際、彼女の気の強さに好意を抱き……。


主人公がリストラ面接官という、どうしたってネガティブな話題なんだけど、読後感は割りとスッキリしている不思議な小説。小説の中で主人公に面接される人間は何人かいるんだけど、面接をされたことで自分を見直すというか、乗り越えていくというか、そういうところが読んでて気持ちがいいところなんだと思う。

とりあえずこの小説、登場人物の描写がすごく細かい。そして登場人物は、その細かいところを面接などでお互いを認識していく。その「一流は一流を知る」みたいな感じが、なんだか楠みちはるの「湾岸ミッドナイト」みたいだなと思ったね。

7千回転の小さな谷 よく気づいたナ
別にかくしてたワケじゃない 
走行性能にかかわるほどのレベルじゃなかっただけだ 
だけどお前が気になるなら きちんと直してやる 完璧にだ
わかるヤツにはわかる オレはもうわかるヤツの車しか手を入れたくない 
商売なんかなりっこねェヨ
誰も中毒になることなんか望んでいない 
だけど
そこまでいかなければ見えない世界があり 
そこまでいってこそ わかる世界がある


上のは湾岸ミッドナイトの名言で適当に探してきたやつなんだけど、この小説では登場人物がお互いのヒトとなりを探りながら、結局は認め合っていくという感じ。リストラを題材にしている小説だけど、実はみんな有能で、会社の都合で理不尽にリストラの対象に上がっているって感じなんだよね。

出勤時にリストラ小説を読むのはキツいかなと思ったけど、思ったよりポジティブで面白く読めた。続編もすでに買ってあるよ。

 奥田英朗「家日和」

奥田英朗はだいたい読破しただろうと思ってたら、全然そうでもなかった。というわけで、夫婦や家族をを題材にした短編集、「家日和」を購入。

初めてのインターネットオークションで落札者から「非常に良い」の評価を受けた喜びから、家にある不用品を次々出品し始め、ついには夫の私物を許可なく出品し始めてしまう主婦を描く「サニーデイ」、会社が倒産しどうしようかと迷う間もなく妻が前の職場に復帰し、専業主夫となった夫の奮闘振りを描く「ここが青山」、妻との別居が決まり、がらんどうと化した部屋を心おきなく自分の趣味に合わせて模様替えする「家においでよ」、内職斡旋会社の担当者が、冴えない中年男から柑橘系の香水を付けた今時の若者に代わり、淫夢を見るようになった主婦を描く「グレープフルーツ・モンスター」、夫が勝手に転職を決める度に、将来への危機感からか仕事の質が格段に上がるイラストレーターを描く「夫とカーテン」、ロハスにハマった妻やその仲間を揶揄するユーモア小説を書いてしまったことを後悔する作家を描く「妻と玄米御飯」など家庭内の出来事を描く家族小説。


ネットオークションにハマってしまう主婦。落札者からの評価欲しさにダンナの大事にしてたギターを売ってしまう。ホントに読んでてハラハラするんだけど、結局は暖かい夫婦愛に収束して、非常に良い感じで話しは終わる。ここでこの同じ作者の「最悪」とか「邪魔」だったら、主婦はその秘密を消すために、ダンナをギターの弦で絞殺するか、自宅に火を放つことだろう。

かるーく読めて、ユーモアも豊富でしかも超ハートウォーミング。私生活で弱っているヒトにも安心して勧められる小説ですよ。
posted by ヌルカン at 21:00 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月06日

コーヒー

平成24年のゴールデンウィークも、終わ(自主規制)ましたね。

最近ハマっているのが、家でコーヒーを飲むことだ。

平日が帰って寝るだけの生活になったので、家にいる時間を少しでも豊かにしようと思い、コーヒーを飲もうと考えたのだ。といってもコーヒーに関係するものといったらコーヒーカップくらいしかないので、コーヒーカップに引っかけて飲む、一杯飲みきりのレギュラーコーヒーを買ってみた。10杯入りで200円。なかなかのコストパフォーマンスじゃないか。

うむ、お湯を注いでいるときの、他に何もできない時間帯が意外と心地よい。コーヒーのいい香りを嗅ぎながら、ちょっとずつお湯を注いでいると、何だか心に余裕ができてくるようだ。世の中には急いでやらなくちゃいけないことって、あまりないような気がしてくる。

何だか調子が出てきて、ドリッパーとフィルターペーパーを買ってみた。二つ合わせても数百円、もしコーヒーを飲まなくなったとしてもダメージは少ない。うむ、これだとカップに引っかけて注ぐやつよりカップの上のほうまで注げていい感じだ。わざわざ粉を移し替えるってのがムダと言えばムダなんだけど。

そうなってくるとヤカンが気になってくる。ウチにあるヤカンは笛吹ケトルである。直径が500円玉くらいの大きさの注ぎ口で、コーヒーに注ぐのに非常に狙いを付けにくい。ネットで調べてみると、どうやら鶴首のヤカンがいいらしい。

そんなわけでホームセンターのコーヒー関係のコーナーに来てみると、自分の想像よりも鶴首が鶴首してて、軽くひるむ。
こいうやつこういうやつ

なんかこうコーヒーに特化してるオシャレ感がオレの腰を引かせる。こう、先のとがった革靴を履くような感覚。コーヒーを飲むときはすごく便利そうだが、カップラーメンにお湯を注ぐときにこれを使ったらヤカンに失礼な気がする。結局緑茶を飲むキュウスのようなヤカンを買った。これだって笛吹に比べれば段違いに注ぎやすい。

安心の形状安心の形状

ツタヤで借りてきたCDを聴きながらリッツをおやつにコーヒーを飲む。そして明日からの仕(自主規制)に備えたいと思う。
posted by ヌルカン at 19:43 | 茨城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月05日

邪魔

今週読んだ小説は1冊。

奥田英朗「邪魔」

始まりは、小さな放火事件にすぎなかった。似たような人々が肩を寄せ合って暮らす都下の町。手に入れたささやかな幸福を守るためなら、どんなことだってやる―現実逃避の執念が暴走するクライム・ノベルの傑作、ここに誕生。


この小説の前に読んだ「最悪」と同じ系統の、平凡な主婦が堕ちに堕ちまくるという胸くその悪い話。

とりあえず登場人物の諦めの悪さといったら無い。ウソにウソを塗り固めて、どうにか責任から逃れようと、そして現実から目を背けようとして、物語は最悪の方向に転がっていくという、だからオレはハッピーエンドが好きなのに何でこんな小説を読んでるんだっていう話。

「最悪」のほうは、登場人物が転落するサマがありえないくらいにひどくてむしろ喜劇的な感じだけど、「邪魔」のほうは割とガチで気の毒になる感じ。でもほぼ自業自得だし仕方ないよねって突き放せる部分で、読んでてキツいランキングは2小説とも同じくらいか。

奥田英朗の小説って、人間というものはホント悲しいくらいに正解を選べなくて、むしろ進んで不正解の道を選んでしまうって話が多いよね。そしてその部分には全面的に同意できる。

途中で伏線はだいたい回収されるんだけど、むしろそこからが真骨頂。登場人物が転げ落ちる速度はどんどん増していき、完全に自由落下レベル。そしてみんな正気を失う。この辺は特に面白くて、とにかくページをめくらせる。そしてほろ苦く、タバコでも1本吸いたくなるようなエンディングへ。

ホント、ゴールデンウィークの狭間で読み終わったから良かったものの、連休明けとかに読んでたら小説に凹んで日常生活に影響を与えるところだったよ。

何はともあれ、普通の人間がいかにして犯罪を犯したかって話が好きなら、「最悪」と並んでオススメです。
posted by ヌルカン at 21:15 | 茨城 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。