2012年06月30日

マンガ売却

思い切ってマンガを売った。

最近小説を買いまくって、本棚に収まりきれなくなってきたのだ。そんなわけで無印良品とかニトリで本棚を物色してたわけだが、もっといい解決方法があることに気がついてしまったのだ。そう、読んでないマンガを処分してしまえばいいじゃないと。

ついカッとなって大人買いしたワンピース60巻を買ったところに売却。そして、フラッと衝動買いした、全巻そろってるわけではないバガボンドとかリアルとかも合わせて売却。

結局買った当時の4割くらいで売れた。天下のワンピだけに、もうちょっとイロを付けてくれるかなと思ったが、まあ本棚のスペース確保と、思わぬ小遣いGETという当座の目標はクリアーしたわけだから文句は言わない。ワンピースは何回も読み返して、イヤと言うほど泣いたわけだから元は取ったと言えるだろう。クルマに比べれば本の目減りは大したことじゃない。

残したマンガは、松本大洋の「竹光侍」、花沢健吾の「ルサンチマン」、浦沢直樹の「マスターキートン」、そして石黒正数の全部。この辺はオレ的に一生手元に置いておくべき名作。

そうそう、完結してないやつでは永野護の「ファイブスターストーリー」も取ってある。これはオレが死ぬまでに次巻が出れば御の字のレベル。あと「聖おにいさん」も作者が落ち着けば続きが出るだろうってことで取ってある。この辺は繰り返して読んでも面白い。

とりあえずワンピースを売っただけでもすごく本棚に余裕が出来た。ここに吸血鬼ハンターDの文庫本が入れてもまだ余裕。こころおきなく本を買えるわけである。

個人的にはベルゼルクを揃えたいところだが、アレって正直完結してくれるのかどうか疑わしい。それさえハッキリしてくれれば喜んで大人買いするんだけど。
DSC_0048.JPG
posted by ヌルカン at 23:28 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月24日

指笛

2chのまとめサイトに面白いものがあった。

◆【指笛】 口に指くわえてピューーイッって鳴らすのってどうやんの?

これ、オレもできない。

普通の口笛はできるんだけど、親指と人指し指で輪っかを作ってそれを利用して音を鳴らすってことができない。

サッカーの監督だって選手に指示を出すときには普通の口笛じゃなくて指笛だし、そっちのほうが音量が大きくて効率的なんだろう。大きな試合だとテレビカメラも入ってるだろうから、そこでマヌケなキス顔をさらすわけにはいかないだろうし。

オレも、このサイトを見て何十年かぶりに指笛の練習をしてみたが、ついに出来なかった。指はツバだらけになるし、異物をくわえすぎてオエッてなるし良いことない。

そんなわけで指笛のできないオレにはサッカー日本代表の監督になる資格がないようだ。代表を世界で勝たせるイメージはハッキリと持っているんだが、いかんせん指笛ができないことには話にならない。

オレも指笛で長谷部にもっと上がれって指示したかったぜ。
posted by ヌルカン at 20:40 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月17日

Dコンプ

いやー指原さん、HKT48に移籍ですってね。どんだけドラマを仕立てれば済むんだってくらいスゴイ処遇だと思う。いろいろ書きたいことはあるけど、後日ちょっと落ち着いたころに後出しで書こうと思う。オレにはこの展開は予想できたよ、みたいに。

吸血鬼ハンターDシリーズ、ようやくコンプリート。多分。毎日朝夕読み続けても、秋くらいまでは持つだろう。

そんなわけで今は記念すべき1巻目を読んでいる。1刷目は83年だって。30年前。オレが10歳のとき。それが今も続いてるというんだからスゴイ。

確かに、本を開いてみると文字のフォントが今どきの文庫本とあきらかに違ってて時代を感じさせる。文字の輪郭が安定してなくて、ザ・写植って感じ。

そして物語の主人公であるDの性格が、最近の作品と違って表情豊か。8歳の少年に、「姉さんを守ってやれ」みたいなセリフを平気で言っちゃう。最近の作品でも基本的にイイヤツではあるんだけど、修羅場をくくりすぎたせいか、口数がホント激減してて感情の起伏もほとんどない。この辺のコントラストが面白い。

こういう長期シリーズって、次に何を買っていいか迷わなくて良い。次は何を買うか。量でいくならグイン・サーガとか興味があるが、未完なのがイカン。手塚治虫のネオ・ファウストをワクワクしながら読んでて、いきなり未完で締められてたショックが未だに忘れられない。
posted by ヌルカン at 22:16 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月16日

自分インフラ

最近買い物ばかりしているような気がする。

基本的にはあまりモノを持たない主義で、もっぱらお金は飲食代など後に残らないものに使っていたものだが、最近はモノばかり買っている。ちなみにモノを持たない主義というのは、「孤独のグルメ」の主人公、井之頭ゴローさんに影響を受けている。「守るものが増えると人生が重たくなる」さすがゴローさん、良いこと言うわー。

でも最近財布を握って行ってる店は電器屋とか服屋とか。昔は金の使い道といえば夜のネオン街だったものだが、最近は全然行ってない。家で黒ラベル飲むだけで割りと満足できちゃう。あとは男数人で月に1回くらい飲みに行けば言うことナシといった感じ。

最近買ったものといえば例えばテレビ。42インチはかなり大きい。すごくはかどるんだけど、こいつを買ったおかげでだいぶ人生が重たくなったかもしれない。引っ越しのときとか超気を遣いそう。

あとはGパンのベルト。どうせTシャツで隠れるから、Gパンにベルトってしたことないんだけど、最近の通勤のおかげでだいぶウェストがシェイプされて、ただ履いただけだと腰履きレベルまで来ちゃっている。腰骨だけで支えるのもキツいし、だいたい40にもなって腰履きもないだろうということで、ベルトを買ったのだ。服を買うときにはだいたいトミーってことで今回もトミー。ストライプのイカしたやつだ。

それにしてもアレだね。何か大きい買い物をするたびに、これでしばらくは買い物をすることはないなと思うんだが、これがそうはいかない。テレビを買ったらそれを繋ぐコードをコンポジットからHDMIに変えたくなるし、テレビ台だって欲しくなる。ベルトを買ったらそれを通すズボンが欲しくなる。どれも生きていくのに絶対に必要なわけではないんだけど、それでも買わずにはいられない。実際お金を使うってことは、とても気持ちがいいことだからね。

自分インフラを整備しおわるのは、もうちょっと先になりそうだ。とりあえず今欲しいのは新しいスニーカー。プーマのGV。
posted by ヌルカン at 23:57 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月10日

TOSHIBA 42Z3

地デジ化から約1年、うちにもついに液晶テレビが来ましたよ。

DSC_0033.JPG
デカすぎ。そしてオレはいつだって床にじか置き。

家電量販店で見ると全然そんな感じしないんだけどね。壁面には驚きの60インチとか置いてあるし。オレが買った42インチは棚にいくつも並んだその内の一つだし。

本当はあんまり買うつもりでも無かったんだけど、いつも行ってる近所のギリギリチョップ的な名前の電器屋でちょっと聞いてみたら、在庫切れで再入荷は多分1ヶ月後とか店員。

そんなこと言われたらもう完全にブチ切れですよ。なんだか東芝は国内生産やめるとかそんな話を聞くし、下手すりゃ今のモデルはもう買えないんじゃないかと。モデルが新しくなったらまた値段が上がってしまうし値落ちするまでまた一から出直しになってしまう。

そんな不安に駆られて、市内にあるドカベン的な名前の家電量販店に行ってみる。そしたら普通に目当てのものはあった。ギリギリチョップが提示した、値下げした値段よりも安い値札で。そしてちょっと交渉したら8万円を切ったんで、もう買ってしまおうかと。

とりあえず画面がデカくなったことは素晴らしいんだけど、それよりもうれしいのはHDMIをはじめ入力端子がたくさんあること。XBOX360がHDMI端子で繋げられること。そして薄型のお陰でテレビの裏側に回るのが容易になったこと。なんだかテレビ周りのコード類もすっきりした感じ。

あとはパソコンとテレビをHDMIコードで繋げば、ブルーレイも大画面で楽しめるはず。うちでBDを再生する環境はPCのみなのだ。PS3を買わずともテレビでBDが見られるのは大きい。ももクロのライブもBDで出るようになったことだし。

ただ、一つ難点を挙げるとすれば、テレビが薄すぎてWiiのセンサーバーとキネクトがテレビの上に乗らないことくらい。任天堂とMSをもってしても、そこまでの技術の進歩は読み切れなかったということか。それともテレビを床に直で置くオレみたいなヤツを想定してないということか。
posted by ヌルカン at 21:30 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 買い物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月09日

古本買い漁り

菊地秀行の吸血鬼ハンターDシリーズが面白くて、現在ネットを利用して全巻集め中。

ヤフオクで1巻から9巻までまとめて出展してたヒトがいたので入札。入札件数はオレの1件のみでつつがなくゲット。

ここまでは順調だったんだが、10巻から22巻までがなかなかに難しかった。そういや秋葉原にデカいブックオフがあったことを思い出し、仕事の帰りにちょっと寄ってみた。確かにあることはあったが飛び飛びで全部そろえることは叶わず。それでも8冊売ってたのでまずまずの釣果と言えるか。

そして残りはインターネットのチカラを借りて、ネットオフとブックオフオンラインのIDを作成。この2つのサイトで残るはあと17巻の上下2冊。アマゾンで確認したら新品で売ってたので、入手困難というわけでもなさそうだ。新品で買うのもなんか悔しいので、他のを全部読み終わった頃に改めて古本を探すことにしよう。

それにしても吸血鬼ハンターDシリーズは面白い。SFファンタジーというジャンルが、朝夕の通勤のお供にズッポシとはまるのだ。なぜならオレの生活に全然影響を与えないから。完全に娯楽のみとして成立できる。

垣根涼介とか奥田英朗もすごく面白いんだけど、現代小説ってやつは自分の生き方を考えされたりするのよね。特に垣根さんのは、リストラを宣言された登場人物が不思議と気持ちよくて、オレまで「転職もいいかな」とか良からぬことを考えてしまう。何にも持たないオレが今の仕事を辞めたら、将来には暗闇しかないのは分かりきってることなのに。

その点Dはもう、スーパーマンすぎて影響されようがない。クールな立ち振る舞いをマネするくらいは、中2病の名残ということでオレの人生に大きな実害はないだろう。

これでしばらくは持つ。全巻そろえればもし売ることになったときも有利だしね。

DSC_0032.JPG
posted by ヌルカン at 23:35 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月03日

GVラヴ

今日はつくば市内のショッピングモール、ララガーデンへ。

オレの愛用しているスニーカー、プーマのGVがいよいよのっぴきならなくなってきたので、新しいスニーカーを買おうかなと。種類はもちろん決めている。プーマのGVだ。ちなみに今履いているヤツの前もGVだったりする。もう15年くらいGVを履いていることになる。もちろん平行していろんなスニーカーも履いているけどね。とりあえずGVが無いと落ち着かないのだ。あのつま先のデザインがマジたまらない。マジかっけぇ。

gv.jpgこんなやつ

でもねー、最近のGVって何か先っぽが皮でわきっちょが布っぽいデザインなんだよね。オレは全部同じ皮で作ってあるやつがいいんだけど。もしかしたら今のやつがオリジナルでオレが履いているヤツが亜流なのかもしれないけど、オレはやっぱり全部同じ素材で作ってあるやつが良い。

そして、そんなデザインが出るのを待っててもう2年くらい。全然以前に戻る気配なし。まったくもー、スタンダードなモデルなんだから普通に出してくれりゃいいのに、何でそうヒネってくるのか。

デザインと履き心地的に近いナイキのエースでも良いかなと思ったんだけど、何か今アレって女性用しか置いてないんだよな。昔は確かにメンズもあったのに。

仕方がないので、もうちょっと待つことにするよ。あと1年くらいは持ちそうだし。

あと、いつのまにかララガーデンにタワーレコードが出来てました。これは嬉しい。市内の他の店に比べて、やっぱり圧倒的に品揃えが良い。今CDショップは相当キビシイみたいな話をよく聞くけど、頑張って長続きしてほしいね。
posted by ヌルカン at 21:20 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月02日

どこまで洗う

ももいろクローバーのNHKホール抽選、見事ハズレ。ダメだ、当たらない。なんかもう諦めの境地。ももクロのライブは、オレの存在する次元とは別次元で行われていると思うことにするよ。デカい液晶テレビを買って、ブルーレイで見たっていいじゃない。それでもオレは顔に塩が浮くほど号泣できるわけだし。

ところでちょっと素朴な疑問。

久しぶりに自炊をしようと思って、ネギとピーマンを買ってきたわけなんだけど、とりあえず包丁を当てる前に洗うじゃないですか。さすがに洗剤で洗うことはないと思うんだけど、水道の流水で外側を普通洗うよね。ここまでは良い。ここまでは普通。

そのあと。

例えばネギだったら、オレは緑の部分と根っこの部分を落として、あと一番外側の皮をむいて捨ててる。問題はそのあと、また洗うかどうかってこと。

単純に考えて、茎の上下を切って、なおかつ外側の皮もはがせば、残ったものは外側には触れてない部分だよね。だからオレは洗わなくても良いと思うんだ。ピーマンも一緒。外側は洗うけど、2つに割って、中の種を取り出して、その内側を洗うかと言ったらオレは洗わない。なぜなら外の世界と触れてないはずだから。なんか栄養的に大事なやつを流してしまうってこともあるかもしれないし。

でも今日そんなネギを輪切り?にしているときに、先端のほうにちょっと砂が混じってたような感じだったのよね。むむむ、これはいったいどういうことだ。

考えられるのは、緑の部分の切り口から砂が入ったという可能性。そして、ネギ自身が成長する過程で、そのからだに砂を取り込んだ可能性。ネギの中に砂。それだけのことなのに、なかなか考えさせる。

まあ結局は、切ったネギを洗うこともなく、砂ごと美味しく頂いたわけなんだけど。まあ少しの砂くらい食べたって大丈夫でしょう。なんとなく鉄分も補給できそうだし。欧州には土だけ食って生きている女性もいるらしいし。

つまり何が言いたいのかっていうと、人はどこまで野菜を洗ってるのかなって疑問が、麻婆豆腐を作っている最中にちょっとわいたって話。オレは外側しか洗いません。
posted by ヌルカン at 23:44 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。