2009年05月14日

水色のネクタイ

訳あって白いワイシャツが必要になったので、新しくできたコナカへ行ってきた。へーコナカできたんだーと思ってたら、その半径50m以内に青山とアオキも近い内に開店するようだ。お前らずいぶん仲が良いな。ところでハルヤマはどうしたハルヤマは。

出入り口近くにあったワゴンを見ると、ちょうど白いワイシャツが2,000円で売られていた。ナイスである。それを一着取って店内に入ると、ネクタイ売り場があった。ポップを見ると、2本で3,000円とか書いてある。安いじゃないか。

だいぶ暖かくなってきたし青とか水色とかそんな明るい系でネクタイをしてもいいんじゃね?そんな季節を感じつつファッションを考えるオレってイケてね?と一人ほくそ笑む。

そんなわけで青と水色のネクタイを1本ずつ選んでレジへ持って行く。ワイシャツと合わせても5,000円。ゲームを1本買った気になればチャラである。昔は床屋に行った気になってゲームを1本買っていたものだが、それに比べると自分の成長を感じずにはいられないのである。

そしてレジの店員さんから提示された金額は8,000円。はい、えーと1万円でいいですかね。ってちょっと待て。

5,000円でいいって言うから店入ったのに出るときにはなぜか8,000円払ってるみたいなここってなんてキャバクラ?ねえねえレジのお姉さん、あなた飲み物頼んでないよね?まさかオレがトイレに行ってる隙にフル盛りいっちゃった系?野菜スティック人参抜き頼んじゃった系?

レシートを見せてもらうと、ネクタイがまずかったらしい。夢中になって選んでいるうちに、どうやら安売りゾーンを飛び出していたらしい。そういや安売りポップの裏側のネクタイを選んだような気がする。完全にオフサイドポジションだったようだ。

だからといってネクタイを棚に戻すようなことはしない。選んだのはオレ。責任は全てオレにある。もちろん払うさ。

例えるなら、キャバクラの請求書を見て代金内訳を要求するような野暮な真似はしない。だってオレのクレジットカードは、そんなときのためにあるのだから。


posted by ヌルカン at 21:22 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。