2009年05月31日

ハートチップル

いつものようにネットを見ていると、ハートチップルという単語が出てきて、ひどく懐かしくなった。

ハートチップルはその名のとおりハート型のスナック菓子で、薄くあげた餅のようなものに濃いめのニンニクで味付けした、それはそれは美味しくそれでいて食べるシチュエーションを選ぶ銘菓なのだ。最近見かけないがどうしてしまったのだろう。

それにしてもすごいお菓子である。

かわいいハートの形なのに強烈なニンニク臭。そこにすごいエロスを感じるのはオレだけだろうか。まるで愛はセックス無しでは成立しないということをこのスナック菓子はオレ達に伝えているような気がする。

また違う解釈をするなら、ニンニクとは力を意味する。そう、力無き者に愛を手にすることはできない。力の無いオレにはこのメッセージは厳しすぎる。

いろいろ調べてみると、このお菓子を作っているリスカという株式会社、ハートチップルの他にもうまい棒を作っているという。

うまい棒。美味い棒。棒・・・。

なんということだ、全てを理解してしまった。このうまい棒というお菓子、これは男性を表しているのではないか。そう考えるとハートチップルは女性を表していると考えることができる。エロスである。完全にエロスである。種の根源的なものをスナックという媒体を通してあらわしている。

いったいこのリスカという会社、お菓子を通じて何を我々に伝えようとしているのか。オレが思っている以上に大きな役割を背負っているような気がする。そしてオレ達には、知らないほうが幸せなことが多すぎる。


posted by ヌルカン at 20:22 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。