2006年06月29日

目出し帽

というわけで、目出し帽を買うために東急ハンズにやってきた。
広島が何がいいって東急ハンズがあるところがいい。

サラッと見渡してみたがどうも見つからない。

仕方ない、店員に聞くことにする。

近くにいた店員に目出し帽は無いかと聞くと、店員の目の色が変わる。
どう見ても登山とかしなさそうなオマエがいったい目出し帽を何に使うんだ?と目が訴えている。
おもにブログで使うかもしれないとは、ちょっと言えない。

店員の目というよりはポリスメンの目になっていたのが印象的だった。

どうやら元々防寒具である目出し帽は、今の時期は置いてないようだ。

そりゃそうだよなと思いつつ家に帰ると、
ありました。目出し帽。

そういえば大昔にバイクに乗るときにかぶっていたんだった。

とりあえず東急ハンズで目出し帽が店頭に並ぶまでは、
これで間に合わせようと思う。


どう見ても犯人


この画像はSkype用に買ったWebカメラで撮影したもの。
2千円の割にはよく写っているのではないだろうか。
写ってる素材のよしあしは別にして。


posted by ヌルカン at 21:43 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
ふすまの映り具合がナイス。

ただ、この蒸し暑い季節なのに
「目出し帽はありますか?」はマズイね。
近所で強盗があったら重要参考人確定。

Posted by フレディ at 2006年06月30日 09:53
あせもが出来ないことを祈っておくです。
Posted by みょん at 2006年06月30日 15:23
なかなか興味深い写真だと思います

目出し帽という非日常と ふすまという生活感の塊
それら2つが同居することによって オーディナリーのアンチテーゼがセリヌンティウスしていると
お見受けしました 完全に深読みです
Posted by 我流 at 2006年06月30日 23:07
>フレディさん
今時ふすまが新鮮でいいです。
店員に聞くとき一瞬躊躇しました。
「目出し帽」って言葉なかなか使わないですよねえ。

>みょんさん
上の画像録るときは正直汗だくでした。
風呂に入る前にやらないと大変です。

>我流さん
実はこの画像を通じて、みんなにヒトを信じることの
大切さを伝えたかったのです。
完全に後付けです。セリヌンティウスはぐぐってようやく意味がわかりました。
Posted by ヌルカン at 2006年07月01日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

skype
Excerpt: ヌル氏や、レバ嬢のところで話題になってい...
Weblog: これでも東京ですから
Tracked: 2006-07-04 11:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。