2011年05月14日

ロッキン出演第一弾

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011の出演アーティストが第一弾として発表された。

正直こいつが発表されるまでは、マジでホントに今年やるのかよ?みたいな気持ちだった。ちょっと前に振り込み確認のハガキが来たんだけど、それでも安心できなかった。

一応何だかんだ言っても結局やるだろうなという読みはあった。今年は地震や原発のこともあったし、そこに程近い、むしろ被災地である場所でロックフェスをやるということは、復興に向けての象徴的なことでもある。だから主催者であるロッキン・オンだけじゃなく、国や自治体などの支援もいつも以上に得られるだろうし、フェスをやろうという機運はいつも以上に高かったはずだ。

でもそうは言っても、ロックフェスだからアーティストが来なければフェスは成り立たない。いくらみんながフェスの開催を望んでも、事務所やアーティストとのいろいろ楽じゃない手続きがあるだろう。やっぱり放射能は誰でも怖いわけだし。

所謂ロックンロールバンドは来ると思っていた。彼らの持つデカい力に対する反骨心は地震や放射能に対しても十分に発揮されるだろうし、音楽好きに悪いヤツはいないっていうかみんな良いヒト達に違いないから、復興の力になると考えれば喜んで出演を快諾してくれるだろうと。事務所の制限もあまり無さそうだし。単純にロッキンのステージに立つのは若手バンドにはすごいステータスだろうしね。

ヤバいのは超メジャーの、普通のトップテンでも1位を取ってしまうようなヒト達。具体的に言うと最近連続で出ていたPerfume。そしてファンなオレは当然毎年見に行っていた。残念だけど彼女達は今回は来ないような気がする。何より事務所がウンと言わないような気がするんだよな。でもカプセルが来るというのでちょっと希望がわいてきたり。でもあんま関係ないか。ちなみに今Perfumeで気になるのは、かしゆかさんがパッツンやめてちょい分けになっていい感じになってることと、あーちゃんのワンピースの丈がどんどん短くなってるのはいいんだけど昔のもっちりな脚も捨てがたいよねってこと。

まあそんな下衆の勘繰りは置いておいて、第一弾アーティストが発表されて、俄然テンションが高まる。とりあえず全部眺めてみて、星野源は見ておきたいと思った。あとはステージが決まってからゆっくり決めればいい。オッサンになってもロッキンを楽しむことは、とにかくムリをしないこと。1日みっちり見るのを決めて回ってたら、とてもじゃないが3日持たない。

まあ3日全部行こうとしている時点で、オッサンとして如何なものかという感じだけどな。責任ある社会人的な意味で。

http://rijfes.jp/11/artist/


posted by ヌルカン at 23:47 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。