2006年08月05日

ROCK IN JAPAN前夜

今日は土曜日。
日曜日のROCK IN JAPANに参加するために、
広島から茨城に向かわなくてはならない。

すでに金曜日や土曜日に参加しているフェス部の面々から楽しげな報告が届いており、
筆者の血圧も自然と上がってくる。

茨城に向かうまでの服装としては、去年のオフィシャルTシャツをチョイス。
これを着ることによって、ロッキンに行くということを広島から既に猛アピール。

なぜそんなTシャツを着るのかって?

「あれ〜もしかして明日ロッキンに行くんですかぁ〜?」
筆者に話しかけてくる女の子3人組。

つまりそういうことだ。

結果としては広島はおろか、東京に着いてもノーリアクション。そうそうウマい話があるはずもない。

しかし常磐線で財布を拾う。明らかに女性モノのヴィトンの財布だ。
オーケー、まだ風は吹いてる。ラブ&ピースの心地よい風だ。
しかし10分くらい床に放置してあったようだが誰も拾わない。世知辛い世の中だ。

筆者がラッキーだと思った理由は、別に財布の中の現金が目当てだったからではない。
この財布を駅員に届けることによって、オレっていいことをしたなと充足感を得ることができるからだ。わずかなお金で十字架を背負うことはない。
駅に届けて一緒に天国へ行こうぜ。

持ち主の情報が何か無いかと財布を開いてみる。
診察券が出てくる。やはり女性の名前だ。誕生日、63年生まれ。オーケー。風、超吹いてる。

だが診察券に書いてある病院の名前が産婦人科。しかも違う名前の産婦人科で2枚出てくる。
ちょっと風が強くなってきた気がする。ま、前が見えない。

2枚の産婦人科の診察券が意味するところは残念ながら筆者には解らない。

だが何となく感じることは、この財布の女性、かなりラブ&ピースの世界に生きているということだ。それを筆者が拾ったのは多分偶然じゃないだろう。それは運命、そう、ディステニー。

だが七夏ちゃん(名前見た)は若干ラブのほうに針が振れすぎているような気もする。ちょっと怖いです。2枚て。

七夏ちゃんにハッピーな風が吹いていることを祈ろう。
まずは財布を電車に落とすドジっ娘ぶりを直したほうがいいですな。

でも駅員に渡したんだけど筆者の名前や住所は聞かれなかった。落とし主から1割貰えるとかもっと展開があるかと思ったがここでこのネタは終了らしい。自分からアピールするのもセコいかなと思って何も言わなかった。

何より明日はロッキン。財布に過度に構っていられない。筆者の心もROCK INしなければ。

そんなこんなで雨男さんの家に到着。お世話になります!

次の日に続く。



posted by ヌルカン at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
広島からの浮かれ気分が伝わってきます。
例によって雨さんちでもひと悶着あるんだろうなぁ。
Posted by フレディ at 2006年08月10日 09:50
いやぁ、いたって平和でしたよ。
私の知らないところで悶着してたかもしれませんが。
今更ながらすごい不安になってきました。
Posted by ヌルカン at 2006年08月16日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。