2006年08月07日

ROCK IN JAPAN 総括

レイクステージ

今回フェス部のテントに集まったのは10人ぐらいか。

みんな音楽の嗜好が微妙に違ったりするので、全員そろっているのは朝の乾杯のときだけだったりする。
そんなわけで気が付いたらテントには筆者ひとり。
もうすでにフェスが始まっていることに気づく。

朝の一発目はグループ魂。
今ノリにノってる大人計画のメンバーを中心にしたバンドだ。
こう言っちゃなんだが、歌よりもMCを楽しみにしていた。

港カオル、すごいキャラが立ってるのだが、
ドラマなどで見たことがない。いったいどんな演技をするのか。
ちょっとピンプの社長とカブる。すいません。

阿部サダヲ、予想通りかなり面白いMCだった。

コールアンドレスポンスが、
「鹿せんべいを食べたら乳輪が鹿せんべいの大きさになったから鹿にモテちゃって大変(記憶曖昧。こんなんだっけ?)」
観客もちゃんとリピートしている。もう無茶苦茶である。

次は木村カエラ。カワイイです。言うことないです。
好きな曲「You」も歌ってくれた。テントに自分だけなのをいいことにビールを飲みながら一人踊りまくる。
木村カエラのTシャツまで買っちゃう。しかもピンク。

ルールはラブ、ピース、そしてフリー。

ヌルカンがピンクのTシャツを着ても、それはフリー。

次にレイクステージでポリシックスを見るために移動する。

余談だが、ヌルブロを訪ねてくる検索ワードで一番多いのが、
「ストロングマシン2号」である。「ヌルカン」よりも多い。

これはポリシックスの「I MY ME MINE」のPVに出演している女の子である。

そんなわけで、ヌルブロのアクセス数を増やしてくれるポリシックスを聞かないわけにはいかないのだ。

想像以上によかった。ライブバンドの神髄を見たような気がする。メーターが振り切れっぱなしな感じ。今日1番のヒット。
一緒に見に行った会社の後輩が汗でずぶ濡れになってたのも頷ける。
ベースの女性がかっこいい。グラサンで顔見えないが多分かなりマブいはずだ。

その後はテントでまったりしつつ気志団聞いたりビークルのシモネタ聞いたり。
ビークルの素顔、初めて見た。
やるやるとは聞いていたが、お○ん○のコール&レスはすごい壮観。
ちゃんとやってる女の子達に惚れそうになる。ラブ&ピース、そしてフリー。

そんなビークルを横目に、今度はWING TENTに移動。
言わずと知れたチャットモンチーを聞くためだ。
後ろのほうで聞こうと思っていたのだが前が空いていたのでするすると移動したらそこはいわゆるモッシュゾーン。
若者のエナジーを脇腹に貰って軽く泣きそうになる。

ドラムのヒトは精神的支柱な感じ。MCもどっしりしてる。
ベースは一番音楽をやってるヒトっぽい感じ。かっこいい。
そしてヴォーカル。すごい小さい。普通に少女。MC全然喋らない。
だがいざ歌い出すと、その小さいバディからビリビリすごいのが飛んでくる。
モッシュゾーンでヘロヘロになりながらもかなり感動したステージであった。

グラスに帰る途中で、レイクでグレープバインを聞く。
初めて聞くが、予想どおりセクシー。曲を聞いていると、まっ黒い液体の中に潜っているような感じになる。
聞けてよかった。

ところで話は戻るが、朝から言いしれぬ違和感があった。
駐車場に停まっていた、派手なデコトラ。そこかしこに立っているデカい旗。

お洒落若者に混じって、個体数は少ないのだが明らかに異質な雰囲気をまとったヒト達。
全身特攻服。裸に白スーツ。年齢層高め。正直スゴイ怖い。
そう、泣く子も黙るYAZAWAを見に来たヒトたちである。

グラスステージに着いたときには、もうYAZAWAのステージは始まっていた。
尋常じゃない盛り上がり。

テントから見たのだが、スタンドゾーンがタオルで波打っている。
ジャンプするときはタオルを放り投げる。何万人もの観客がタオルを投げる様は今まで見たことのない風景。
あの特攻服も、あの裸白スーツも、タオルを投げていると思うと、ちょっと幸せな気分になる。

やはり歌い手が別格なら、オーディエンスも別格。
フェスの雰囲気をも変えてしまう、その存在感に脱帽である。

実際YAZAWAファンはモテモテで、あちこちで記念撮影をお願いされていた。
いやな顔一つせず、むしろノリノリでそれに応じる。
音楽を愛する者に境界線などないということを再認識。

こんな感じで、今年のフェスは終了した。
満たされた気分とともに、また来年も来たいなという気になる。
やはり3日みっちり参加したい。

次の日にラーメン屋に一人で入ったのだが、
有線でかかってた曲に、つい激しく縦ノリ。ヘッドスウィンギング。
非日常から抜けていないと、こういう恥をかくことになる。


だが、それもまたヨシじゃないか。ねえそうでしょう?

夢の終わり



posted by ヌルカン at 00:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
すっごい楽しそうだ!!!いいねえ。
音楽詳しいわけじゃないけど、こういうの好きだわー。
会社の矢沢ファンは先月ベイビーが生まれたから断念したっぽいな。
ヌーさん、次はピンクのTシャツに覆面だね。
Posted by きょうk at 2006年08月16日 17:14
年に一度のお楽しみです。
矢沢ファンすごかったです。ダフ屋より気合いが入ってた。

ピンクTに覆面は木村カエラもガッカリでしょう。でもカワイくて気に入ってます。キモくてすいません。
まだまだ残暑が厳しいので、ハンズで涼しい覆面を探してきます。
ていうか覆面じゃなくて目出し帽と呼んでください。覆面じゃ変態感が強すぎです。
Posted by ヌルカン at 2006年08月16日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。