2012年02月26日

ももいろクローバーZ

POPっていうかPUNK。

ももいろクローバーZを知っているだろうか。それのライブに行ってきた。

ももいろクローバーZ - Wikipedia
ももいろクローバーZ(ももいろクローバーゼット、Momoiro Clover Z)は、女性アイドルグループ。スターダストプロモーションの選抜メンバーで結成。専らライブアイドルとして活動していた「ももいろクローバー」時代を経て改名し[1]、型破りかつ全力なステージパフォーマンスが特徴[2][3]。愛称は「ももクロ」「ももクロちゃん」。


アイドル好きの友達から、チケットが余ったからということで誘われて、当然二つ返事で快諾してやってきたのは新木場スタジオコースト。

もう武蔵野線に乗っているときから、あきらかに異質な女の子2人組が乗車。全身ピンクのひらひらで白い編み上げのブーツ。白い編み上げブーツを見たのは新日本プロレスの長州力以来か。そしてその日はすごく寒い日だったんだけど、そんなのお構いなしの生足。そんなももクロファンであろう女の子2人組が乗っていた。こういうイベントのときの女の子の気合いはやはり違うね。

当然新木場駅前はビビッドな色の服を着た男女でごった返し。改めてももクロ人気を再認識。やっとかっと中に入ったら中はすごい密度。朝の千代田線よりはマシだが、都営新宿線よりは確実にギュウギュウ。しかもファンの叫びがものスゴイ。

オレの周りでも「かなこー?(なぜか語尾が疑問系のように音程が上がる)」や、「アーリン!アーリン!アーリッ!!」と全然サイドがセンタリングを上げてくれないゴール前フリーのFWのように連呼している者やら様々。ファンの熱がとにかくスゴイ。

これだけの人気ならば、ももクロが公言している目標の「紅白出場」と「武道館ライブ」のうち、武道館は近いうちに実現しそうな感じである。聞くところによるとアリーナを満杯にしているようだし、あとはタイミングだけなんだろう。

紅白についてはどうなんだろう。正直歌がパンクすぎて大晦日の夜にはちょっと馴染まない気が。アイドルソングをアイドルが歌うというよりは、まずキャラクターありきで踊りと歌はそれを引き立てるための手段みたいな感じ。でも出たらスゴイよ。むしろ人気がある今出るしかない気もするし。

あと感動したのが、(多分)全部生歌なところ。歌に勢いが付きすぎて外しても裏返ってもお構いなし。これが実にカッコイイ。これはもうアイドルが歌うパンクだと思ったよ。

それにしてもいいものを見せてもらった。今度DVDでも借りて見てみようと思う。



posted by ヌルカン at 15:41 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。