2012年03月17日

ももクロDVD2

今日は床屋に行ってきた。目にちょっとかかるくらいの長さで、普段ならもう1ヶ月か2ヶ月は余裕で放置させるところなんだが、今回は4月に転勤を控えている。そして来週か再来週に先方にアイサツに行く。知ってるヒトがほとんどいない職場だから、なるべく印象を良くするために今回床屋に行ったというわけだ。保身のためにできることはなるだけやっておきたい。あと歯医者で歯を白くしてもらおうかと思ったんだけど、こちらはちょっと時間が無さそうだから諦めた。

ももいろクローバーZ、4月10日中野サンプラザのDVDを観た。元メンバーの早見あかりさんがこのライブを持って脱退するという、ももクロファンにとってはかなり大事なライブである。

まあ当然のように干からびるくらい号泣したオレなわけだが、このDVDを観て思ったことは、ももクロに関わっている人達は本当にプロフェッショナルだなと。

運営は早見あかりさんが脱退するという、これ以上ない盛り上がる要素を容赦なくライブの演出に盛り込んでくる。そしてももクロのメンバーはそれに嫌悪感を示すことなく最大限に応える。彼女達の涙には100%ウソや演技は感じなかった。だからオレは号泣したわけだが、これって普通にスゴイことだよな。

例えばオレが自分の恋人と今日で別れるって日に、それを100人の観客に見られながらってことになったら、オレは間違いなく自分を作る。ストライクを置きに行く。安いトレンディードラマみたいな気の利いたセリフを吐いて、もしかしたら笑ってバイバイするかもしれない。あー安い安い。

そこいくとももクロのメンバーは3000人が見ている前で臆面もなくボロ泣きしている。高城れにさんとか見ていて辛いくらいだ。そしてそれは、彼女達の偽りのない姿であり、同時に運営が狙っていることでもある。運営のそこまでさせるのかって姿勢に、正直背筋に寒いものを感じたね。

メンバーに変な恰好や変な顔をさせたり、みんな超が付くほどダンスが上手いのにわざと合わせないでバラバラだったり、アイドルの王道からは外れてると思うんだけど、中毒性が半端じゃない。王道からは外れているけど、ブレイクまでの最短距離はこれしかないとも思えるし、運営はかなりヤリ手だなと思うよ。

それにしても、ももクロのライブDVDは見ると必ず泣いてしまうから気軽に見ることができない。なんかPVを集めたような軽いヤツも1本発売してほしいものである。


posted by ヌルカン at 23:58 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。