2012年08月19日

DCT-R1

久しぶりに満たした物欲はクルマ関係。

我が愛車、ルポは最高に気に入ってるのだが、純正のオーディオデッキがMD専用なのが少しいただけない。さすが10年前のクルマである。ていうか今の若いヒトでMDを知らないヒトはたくさんいるんじゃないだろうか。CDの後に出てきて、CD-RやCD-RWが普及したらあっつーまにいなくなったイメージ。当時のミニコンポには必ずMDプレイヤーが付いていたものだが。

そんなわけでクルマにMDプレイヤーがあってもどうにもならない。ならば外部入力端子でiPodに繋いでやろうかと思ったら端子自体がない。ならばということで、なるべく純正主義のオレだが、オーディオの買い換えに踏み切ったわけだ。

どうせ買い換えるなら格好いいのが良い。最近のUSBが付いているようなヤツならiPodを繋ぐのも簡単なのだろうが、ピカピカでキラキラな感じがちょっと趣味に合わない。

そこで選んだのがコレ。

DSC_0059-3.jpg

今はカーオーディオからは撤退してしまった、DENONのDCT-R1というもの。今はデンオンじゃなくてデノンて呼ぶらしいですよ。これをわざわざ中古で取り寄せた。

どうだろう、アルミ削りだしのボディとノブ、全部同じ形のスイッチ、文字画面は当然黒1色。イルミネーションは緑1色。これぞ、ザ・オーディオといったおもむきではないだろうか。

こいつの外部入力端子に、初代iPodを繋いで聴いている。懐古主義まるだしの車内。あとシガーソケットをUSB充電器に替えたから、バッテリー切れの心配もない。どうせクルマじゃタバコは吸わないしね。

正直なところ、ラジオの音とか以前のデッキとの音の違いはオレの耳じゃほとんどわからないんだけど、さすがにFMトランスミッターで聴くiPodよりは直で繋いでいる今のほうがクリアに聞こえる。そして低音と高音のレベルを調節できるので、低音を効かしてやるとベースの音がよく聞こえて「ほほう」という感じになる。やはり低音て男のロマンだと思うのだ。信号待ちでドン!ツクドン!ツクてやってる若者の気持ちも分からなくはない。

でも本当はこのオーディオ、ルポのせまい2DINの下側にはスペース的に入らないらしい。入らないんだけど、行き付けのSHOPでムリヤリ入れてもらった。SHOPの主人、タイヤ交換のときより汗だくになってました。

というわけで音はともかく見た目的には大満足。少なくとも壊れるまでは末永く使おうと思う。
posted by ヌルカン at 19:55 | 茨城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
0ウォーターオススメです。
ボディーがトゥルトゥルになります。
Posted by さばかん at 2012年08月19日 20:08
お、噂のシュアラスターのアレですな。

そんなにトゥルトゥルですか。いいですね。今は普通の固形ワックス使ってるんですけど、この季節作業が大変なので、ちょっと導入を検討してみますよ。
Posted by ヌルカン at 2012年08月25日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。