2012年08月25日

ここ以外でやってくれ

金曜日は割と好きな日だ。言うまでもなく次の日が休みだからだ。

いつものように長い時間をかけて職場から自宅の最寄りの駅まで辿り着くと、何やら大きな爆発音。そして外を見ると、大きな花火。どうやら今週末はつくば市であるお祭りで花火を上げているようだ。

花火は割と好きだ。多分おそろしく単価が高いものなんだろうけど、楽しめるのはほんの数秒。感動以外になにも残らない潔さがいい。オレが大枚をはたいてキャバクラに行くことと似ている。60分間を楽しんで、後には何も残らない。まあ延長ができることが花火とはちょっと違うんだけど。30分間先延ばしにしたからった楽しみの総量はたいして変わらないっていうのに、なんで延長しちゃうのか分からない。その辺が花火ほど美しくない。

駅の近くの月極で借りてる駐車場まで、遠くで上がっている花火を眺めながら歩く。そのはかなさと美しさに思わず泣きそうになったよ。

そして駐車場まで来てビックリ。ヒトでギッシリ。いつもは夜の時間帯、オレと同じような死んだ目をしたサラリーマンしか見かけないんだけど、今日は目をキラキラさせたヒトたちであふれている。間違いなく祭りを見にきたヒト達か、見終わって帰るヒト達だ。

そこまではよかった。別にその人達がキラキラな顔で、オレが煮たコイみたいな顔だからって、ヒガんだりはしない。オレだって家に帰れば冷えた一番搾りが待っている。全然負けてない。

しかし駐車場を出られなくてまいった。いつもは10秒で通りまで出られる駐車場が、この日は30分とか。駐車場出口のカオスぶりに、初期のロックインジャパンを思い出したね。整理のヒトはいるようなんだけど、光る棒を下に下げたまま何もせず機能しているとは言い難い。

そして歩道には浴衣とか着ちゃってる楽しげなヒト、ヒト、ギャル。対するオレはくたびれたワイシャツにスラックス、そしてここ数ヶ月喉の調子が悪くて口にマスク。

いったいどうなっているんだ。オレはただ仕事から帰ってきて、いつものように家に帰りたいだけなのに。昨日までは5分で着く家がはるか遠く感じる。毎日同じように繰り返してきた日常が劇的に変わると、人間はヒドく混乱する。ヒトが狂うきっかけって、些細な事なのかもしれないよ。

結局5分のところを1時間かけて帰ってきたよってだけの話。それでもビールは、いつもと同じようにメチャクチャ美味いから泣ける。
posted by ヌルカン at 20:54 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。