2012年07月22日

ベルセルク黄金時代篇II ドルドレイ攻略

映画「ベルセルク黄金時代篇II ドルドレイ攻略」を観た。

映画館で観たんだけど、超面白かったよ。

part1は観てなかったんだけど、原作は全部読んでいるのであまり問題にはならなかった。主題歌の平沢進が映画の雰囲気にめちゃくちゃマッチしてるし超盛り上がる。

そして雰囲気も割りと原作に忠実だと思う。3Dを2Dに見せるトゥーンレンダリングによって登場人物はやたらヌルヌル動く。ちょっと引いた場面だとCGなのが目に付くけど、何万人規模の騎馬戦などを表現するには不可欠な技術なのだろう。

それにしてもこの映画、確認してみるとPG12だという。つまり12歳未満は保護者の同伴が適当っていう、まあ見る気になれば全年齢が見れちゃう段階。しかし映画に出てくる性描写はすごく生々しくて、R15、別にR18でも仕方ないっねていうレベルだった。危なく身体の一部分で蝕が始まりそうだったもんよ。強靱な精神力と加齢の力でそれを押さえつけたわけだけど。映画館の中で体育座りしていいのは女の子と子供だけだ。

映画の最後はすごくいいところで終わっていて、否が応でも続きが見たい感じ。続きは今年の冬らしい。すごく先だね。

あまりにも余韻が強く残ってしまったので、漫画喫茶で蝕までイッキ読み。もしかしたらベルセルクはこの辺が一番面白いところかもしれないね。本当は古本屋で大人買いしようとも思ったんだけど、かさばるってことと、まだ完結してないってところで踏みとどまった。この漫画もワンピースと同じで、未完もしくはオレが先に死ぬリスクがある漫画だから。

久しぶりに映画館でいいものを観たって感じである。
posted by ヌルカン at 19:31 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年07月15日

Fate/stay night

アニメ「Fate/Zero」が面白かったんで、同じFateシリーズのアニメ、「Fate/Stay night」をこの連休を利用して全部観たよ。

もともとFate/Stay nightのほうが先に出ていて、Fate/Zeroはその10年前を描いたスピンオフ作品らしい。アカギに対するワシズみたいなものか。

F/Zがかなりガチなシリアス路線だったから、F/Sもそんな感じかと思ったらこれが全然違った。一言でいうとノリが完全にギャルゲ。萌えな要素もふんだんにちりばめられている。

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。魔術を習うもその才能を見いだせず、半人前の魔術師として生きていた主人公・衛宮士郎。彼は偶然にもサーヴァントの一人・セイバーと契約したことから、「聖杯戦争」に巻き込まれてゆく……。


あらすじは相変わらず悲劇的なんだけど、見てる分にはそんな感じは全然ない。深夜じゃなくて夕方に放送しても安心な感じ。

F/Sはギャルゲなノリだけあって女の子がたくさん出てくるから男性向けで、F/Zは女の子は幼女か人妻ばかりで代わりにかっこいい男がたくさん出てくるから女性向けって感じなんだろうか。今どきのアニメは女性にも受けいれられないと話しにならないってところあるだろうし。

そんな感じでアニメはオレ的にイマイチだったんだけど、その後にウィキペディア見たら何だかアニメには出てこなかった面白そうな設定がたくさんあってビックリ。これは多分オリジナルであるゲームを買えば全部分かるんだろう。

ほんでもってゲームは18禁だって。どうりでアニメがギャルゲ臭いと思ったぜ。もちろんオレはいいオッサンなわけだから、30禁だって35禁だって余裕で買えるわけなんだけど、エロゲを買うのはちょっと抵抗があるのも事実。

Fateシリーズは他にもたくさん派生作品があるみたいだから、それらをチェックしてみるということで、エロゲ購入問題はひとまず保留としたいと思う。
posted by ヌルカン at 20:57 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年07月14日

FATE/ZERO

友達からしつこく勧められた、というよりは友達がとても面白そうに見ていたんでオレも何だか気になってきちゃったアニメ、FATE/ZERO(フェイト・ゼロ)を全部見たよ。

どんな願いでも叶えると謳われる聖杯を巡る七組の魔術師(マスター)と使い魔(サーヴァント)の殺し合い「聖杯戦争」。1990年代中頃の初秋、冬木の地で四度目の聖杯戦争が開催される。


この使い魔ってのがミソで、それが歴史上の過去の英雄だったりする。それ同士が戦うっていう夢の競演が何とも心憎い。いわゆるAKDの対戦格闘ゲーム、ワールドヒーローズ的なもの。例えのほうがマイナーなのはどうか許してほしい。どんな対戦格闘でも、出ればみんなやってた遙か昔の時代だ。

最初は途中の数話をちょっと見ただけで、正直何が面白いのか全然わからなかった。なんだか暗いしグロいし。主人公チームは影が薄いし。暗いし。

でも最初から通して見ると、設定とかちゃんと造り込んであって、なかなかに面白かった。初めは主人公が影薄いなと思ってたけど、通して見れば主人公はコイツしかいないって感じだったし。ちゃんとかっこいい。

あと登場人物の口上がね。すごいんだ。歴史上の人物だったりするからいちいち時代がかってる。それが見る人間の中2病を刺激してくれる。「手ずから」なんて意味は分かるけどなかなか使わないよ今どき。

それにしてもこのアニメ、今メチャクチャ流行っているみたいね。これに関するイベントもバンバンやってるみたいだし。お金がかかってるのか作画もキレイだし、見て損はないと思いますよ。
posted by ヌルカン at 20:18 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月04日

君に届け

さーて、来週のサザエさんは〜?

今年度も終盤に差し掛かったってのにまだ発注?入札資料どんだけ〜!?


そんな日曜日の夜ってのは誰だってアンニュイだと思うのだが、キッズステーションで今やっている、「君に届け」というアニメが面白い。

北幌高校に入学した黒沼爽子は、陰気で見た目が暗く、周りからは「貞子」と呼ばれ、クラスに馴染めないでいた。しかし、クラスメイトの風早翔太や吉田千鶴、矢野あやねなどの協力を得て、周囲の誤解を解き、友情・恋愛などを通して成長していく。


普通この手の話って、主人公がネガティブで(少なくとも最初のうちは)話が陰湿に進みがちなんだけど、このマンガについては主人公は実は超ポジティブ。見た目が暗いだけで(つっても普通に美少女だが)、実は周りに幸せを届けて回っているという。ちょうどエンジェル伝説の少女漫画版といったところか。

原作も全然知らなくて、たまたまアニメを見たんだけど、今のところ全話で泣いている。ちなみに主人公じゃなくてこのオレが。30歳をとうに超えてオレが涙もろくなってるってのもあるんだけど、このマンガがまたイイ話なんだよ。

主人公はもとより、2人の友達が最高。

「しってる? 友達ってね 気付いたらもうなってんの!」

2人の友達のことを友達を言ったら迷惑じゃないか悩む主人公に、投げかける言葉。こんな優しいセリフがこの世の中にあったのかって感じ。これを照れず言える女子高校生ってスゲエよ!最高だよ!

このアニメでがっつり涙を流して、スッキリして月曜に備えるのがオレ流。感動して泣くのは気持ちが良いものですな。怒られて泣くのは死にたくなるけど。

なんだか最近映画にもなったようなので、見てみようか思案中。爽子さん役の田部未華子さんが吉と出るか凶と出るか。田部さん好きなだけに見るのがちょっと恐い。
posted by ヌルカン at 23:12 | 茨城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年10月18日

青春おでん

キッズステーションというチャンネルで現在放送している、イナズマイレブンていうサッカーアニメがすごい。オレもよくは知らないが、選手全員が必殺技持ちで強さのインフレもお構いなしで宇宙人ともサッカーをしているような番組のようだ。

それよりもオレが気になったのが、エンディングテーマ。「青春おでん」というタイトルの、おでんをテーマにしたラブソングだ。

イナズマイレブンに登場する女性キャラクターが、歌に合わせて踊っている。歌詞が意味不明すぎてて軽く狂気を感じる。まさかEDテーマ用に書き下ろした曲なのか?

だとしたらすごい。プロデューサー的なヒトが作曲家的なヒトに「EDテーマは、んーそうだな、おでんとラブソングを合体させた感じで頼むわ」とか言ったのだろうか。天才性が強すぎやしないか。オレがもし作曲家だったら間違いなく途方に暮れる。突飛すぎて漫才コンビだってネタにしないよ普通。

それとも制作委員会的な会議で、EDテーマを決める際に喧々囂々の議論の果てに「おでん」と「ラブソング」になったのだろうか。いったい何と何の折衷案だ。飲み会の1次会と2次会じゃねーんだぞ。

そんな感じでとても気になっていろいろ調べたら、「青春おでん」は、「静岡おでんの会」応援ご当地ソングのカヴァーらしい。なるほどそれなら納得がいく。ってそんなわけない。

いずれにしてもこの曲を作った人間は、相当ブッとンでるに違いないぜ。

posted by ヌルカン at 22:54 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月10日

Peeping Life

昨日テレビを付けっぱなしにしてたまたまやってたアニメが超面白くて。CS放送のキッズステーション。

アニメの名前は「ピーピングライフ」。1話5分くらいのCGアニメで、これが面白い。

キッズステーションて昔から5分くらいの短いアニメをよくやってて、ポピーザパフォーマーとかネットミラクルショッピングは気に入ってDVDを買っちゃったくち。

PeepingLifeも2年前くらいからやってたようなのだが、全然知らなかった。知らなかったのが悔しい。

役者のアドリブが面白さのキモという部分ではゴールデンエッグスと同じなんだけど、こっちのほうがよりユルい。何が面白いのかというと、これが説明しづらい。ゴールデンエッグスの方は最早プロの話芸だが、こっちはより普通さを追求しているというか。実際こういうやりとりが、日本のどこかでありそうだなってところに笑いを感じるのだと思う。

エンドテーマも普通にクオリティ高い。今度東京行くときにタワレコで買おうと思う。

というわけでDVDをアマゾンでポチっちゃいました。youtube探せばほとんど見られるんだけど、オレの金が次回作の資金になればこその、これはもはや使命。1本1500円だしね。

http://www.cwfilms.jp/peeping/index.html



posted by ヌルカン at 23:11 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年11月22日

ヤンス!ガンス!

MUSIC ON!TVっていう音楽番組でやってる、「ヤンス!ガンス!(MEAT OR DIE)」ってアニメが面白い。調べてみたらウサビッチ作ったヒトみたい。

むかしむかし遠いミライ……人類脱出後のニューヨーク。地球最後の肉食恐竜ヤンス! とガンス! の迷コンビが、草食ゲットに奮闘するドタバカ短編アニメーション。キャラクターデザイン:吉井宏、脚本/演出:秋元きつね、音楽:細江慎治、プロデュース&総監督:村山太。最強のチーム、いよいよ始動!

つまりトムとジェリーをまんまイマ風にした感じ。

ところでオレは子供の頃トムとジェリーってアニメが大嫌いだったんだよね。あのジェリーってネズミ野郎の、トムに対する仕打ちが憎くて憎くて。トムが可哀想すぎる。トムとジェリーの実力差がありすぎて、湘北と山王戦の前半を見てるような絶望的な気分になる。そのくせ2匹には奇妙な友情が・・・とかアホかと。だったらもっとトムに優しくしろと。ジェリーさっさと食われればいいのに、っていつも思いながら見てたよ。

でも今回オススメするMEAT OR DIEはそんな気分にならない。それは多分、捕食の対象となる草食獣が全部マブいメスってことが理由だろう。このアニメはトム&ジェリーのフォーマットを借りたラブコメであると。捕食という名の求愛であると。女にフラれてもフラれても挫けずに立ち向かっていく姿にオレは心を揺さぶられるのだ。

がんばれヤンス! がんばれガンス!!

◆公式 MEAT OR DIE | ヤンス!ガンス!
posted by ヌルカン at 22:26 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年11月14日

COBRA THE ANIMATION

オレが一番好きな声優、それが先日亡くなった声優、野沢那智氏。スターウォーズのC3POの声が有名なところだが、オレは特にコブラの声が大好きである。

そんなわけで、コブラのOVA、「ザ・サイコガン(全4巻)」と「タイム・ドライブ(全2巻)」を借りてきた。このDVD、1巻に1話しか入ってなく、1話も1時間ないくらい。このコストパフォーマンスの悪さにずっと借りるのを渋っていたのだ。でももうあのスカしか声を聞くにはこれを借りるしかないと思えばね。ツタヤで5本1000円セールが始まったのも大きいんだけど。

やっぱりコブラは面白い。そしてコブラの声は野沢那智しかあり得ない。最初1話を観たとき若干演技がクドい気もしたがすぐに慣れる。やはりコブラはいつだって余裕をかまして軽口を叩いていなくてはいけない。そして出てくる女性は全員Tバックでなくてはいけない。

オレが初めてコブラを読んだのは多分中学生の頃だが、オレも実は記憶を封印した海賊なんじゃないかと思ったものだよ。自分の冴えない顔を鏡で見ながら、整形前を想像してみたりして。今の地獄のミサワ状態。

6本借りても2日もあれば余裕で余裕で見終わってしまうボリュームの無さに目をつぶればオススメですね。タイム・ドライブではレディがアーマロイドになる前の話もあってコブラとの絆の深さに泣ける。

うーん、野沢那智成分が足りない。テレビ版も借りてこようかしら。映画版はまさかの松崎しげるコブラなんだよなあ。


posted by ヌルカン at 21:45 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年06月28日

軽4!

やっと、「けいおん!」を見ることができた。レンタルビデオ屋を2軒はしごして全巻を揃えたよ。

こいつは予想以上だった。あまりにもハッピー。悪い人が1人もいないどころか、ネガティブな感情さえもほとんど出てこない。

すごく面白かったけど、このアニメは少し危険な気がする。多幸感が強すぎて、見ているうちにトランス状態。こいつはドラッグよりも気持ちがいいぜ。戻ってくるのは難しい。現実世界はキツイことばかりだから。

まあそんなことは置いてといて、オレは紬(つむぎ)さんかな。アニメ見るまで袖(そで)って読んでたけど。
posted by ヌルカン at 22:23 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年06月27日

今さらながらエヴァンゲリオンの「破」を観た。

同僚がBD持ってたから借りたのだ。持っててよかったバリュースター。持ってても見れないXBOX360。

いやー面白かった。なんかテレビ版と全然違くね?みんな熱くて、これぞロボットアニメって感じだ。

ビルが上がったり下がったり、道路が繋がったり離れたり、そういうギミックもよく造り込まれてて最高ですな。

とりあえずシンジ君のマネしてみるんだけど、しゃべりながら鼻と口から息を抜くといい感じ。一言ごとに肺の中の空気ゼロ。声優さんてすごいネ!!

それにしても綾波さんは最高だ。萌えってものが完全に理解できたような気がする。でもいくら炊事をしたことがないからって、あそこまで指が大変なことにはならないはず。

はっ、これがドジっこ属性ってやつか・・・!!
posted by ヌルカン at 19:42 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年06月14日

実を言うと、オレってエヴァンゲリヲンてやつが全然好きじゃないんだよね。

なんか暗いし重いし。将来に希望が持てない感じがハッピーエンド至上主義のオレにはちょっとって。

でも劇場版の「序」は見ておきたいなーとずっと思っていたのだ。アレはスゴイって話をよく聞くし、近所のツタヤにある10本はいつ行っても貸し出し中だし。

んで、やっと週末借りることができました。

観たらやっぱり暗くてなんだかなーと思ったけど、最後はすごくよかった。チャンスは1度だけ、みたいなシチュエーションが燃える。ロボットアニメはやっぱりこうじゃなくっちゃって感じで。聞いてはいたけどギミックはやりすぎなぐらい凝ってたし。

もうすぐ第2弾が出るみたいだけど、予告見るかぎりまた重そうで何だかなあ。まあそれがエヴァの真骨頂なんだろうけど。こいつを最後まで見届けるのはアニメ好きの義務のような気もする。
posted by ヌルカン at 22:11 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年06月07日

Time waits for no one.

FF14が発表された影響かいい感じにFF11のモチベーションが落ち着いてきた。もう1週間ぐらいログインしていない。

だが調子に乗ってわざわざ東京まで行って飲んだおかげでリアルマネーが激しく減少。ギルは200万以上あるんだけどね。財布の中の円がちょっとね。ネトゲっていいことホントないけど現実世界で出費しなくなるから金が貯まるって利点あるよね。その分犠牲も多いわけで本当に利点て呼べるのか微妙だけど。

そんなわけで休日は、自分の中にアニメ成分と青春成分が足りないと感じたのでDVDを借りてきた。今更ながら「時をかける少女」。昔の原田知世じゃなくて最近のアニメのほう。うん、面白かったよ。非常に青い春だったし。難を言えばちょっと主人公が自己中心的というか欲望に正直というかリアルな性格過ぎてあんまカワイク感じなかったところか。

この映画を見てわかったね。時間というものは大切なんだと。例え時間を操れたとしても、本当に取り返しのつくことなんて無いんだと。ネトゲもほどほどにしとけよと。

あとネトゲしないからってその代わりにメイドキャバ行くのは時間の使い方としてはどうなんだと。

ん、もう時間?入店時間にタイムリープ!うーん、やっぱいらない能力だな。やり直しが利くんじゃトークに甘えが出ちまうぜ。バカは過去に戻っても治りません。
posted by ヌルカン at 23:55 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年10月01日

つか聞けよ

The World of GOLDEN EGGS “SEASON 1” DVD-BOX <セブンアンドワイ限定カラー携帯ストラップ付>

ヤバい買ってしまった。買ってしまったというかクリックしてしまった。ネットショッピングはお手軽すぎてヤバい。

ちょっと前にMTVでやってたのは見てたんだけど、なんかまた最近流行ってるじゃないですか。んで見たくなってツタヤで借りようと思ったらこれが置いてない。違うレンタルビデオ屋行っても全然置いてない。いや違った、置いてない系。もしかしてレンタルないのかこれ。これレンタルない系?

こうなるともうダメ。正直MTVで見てたときはそんな面白くも感じなかったのに見たくて見たくてたまらない。今見たいすぐ見たい。気が付いたらクリックしちゃったんだよ。セブンアンドワイで。定価より安かったし。なんか限定ストラップ付いてるっていうし。携帯にストラップ付ける習慣ないけど。現物見たら微妙だったんで、もっと安いアマゾンのほうがいいかもしれない。

声優2人のセンスもいいんだけど、ヘンテコなアニメがなんとも味わい深い。つまんない回もあるけどな。

ちょっと後悔してるけど、シーズン2も買っちゃうんだろうなあ。買っちゃうんだろうな系。
posted by ヌルカン at 22:47 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。